fc2ブログ

人道の港 敦賀ムゼウム

赤レンガ館(ジオラマ) を見学後 敦賀ムゼウム館 に行きます

21_05_13-11_42_40.jpg
妻の撮影
赤レンガ館の前にあるバス停横に設置されています
ユダヤ難民が敦賀港に上陸したときに少年がリンゴを難民に配ったそうです
困ったときに親切にされると、普通以上にありがたく記憶に残りますね

21_05_13-11_46_03.jpg

赤レンガ倉庫前の公園です
赤い屋根は 旧ムゼウム館 だそうで、新しく道沿いに建てられています
ムゼウム とは、ポーランド語で 資料館 を意味するそうです

21_05_13-11_51_33.jpg

第二次大戦中にリトアニアの外交官となった 杉原千畝 が日本政府の了解を得ずに ポーランド人 や ユダヤ人 など、ドイツの迫害から逃げる難民に日本経由のパスポートを発行して多くの人々を救った事で有名ですね
その人達がこの 敦賀港 に降り立ち第三国に逃げる事が出来ました

2021-05-13 12-08-00 furin

公園の道を挟んで向かい側に 敦賀ムゼウム館 があります

2021-05-13 12-09-26 furin

舞鶴をはじめ敦賀など 戦前・戦中・戦後の歴史 が残されているのは良い事で、受け継ぐ必要があるでしょうね
入場料は ¥500 大人 です
一通り見学しました
岐阜県に 杉原千畝記念館 があるようなので、機会があれば行ってみたいと思います

2021-05-13 12-25-20 furin

敦賀ムゼウム館 の裏にぺんぺん草が生えている場所があります
JRの貨車置き場だと思われます
妻がスマホで色々調べていると 旧北陸本線 の廃線トンネルが車で通れるとの情報を得て、行ってみる事にしました
どうやら最近は古い物に興味があり、人生の先が見えだすとノスタルジックを求めるものかも知れませんね

スポンサーサイト



敦賀赤レンガ館 (ジオラマ館)

5月13日(木)
昼食後 ジオラマ館・敦賀ムゼウム館 を見学しました

ジオラマ館

21_05_13-11_32_36.jpg
妻の撮影
敦賀の町も歴史のある町です
車を駐めて自転車で街中を廻ってみたいものです

2021-05-13 11-43-04 furin

ジオラマ館の利用料は 大人ー400円 でした
全長 27.6m 奥行き 7.5m の日本最大級の鉄道と港のジオラマです
係員の説明でこの広いジオラマの中に カタツムリ がいるらしいのです
それを見つけたら些細な粗品が貰えます

2021-05-13 11-43-22 furin

バックの空にはショートムービーが上映され、連動してジオラマが動きます

2021-05-13 11-44-14 furin

細かなところまで再現されているようです
先程の カタツムリ ですが、景品が掛かるとだんぜん張り切る  が見つけました

2021-05-13 11-44-22 -00furin

貨物に乗っている カタツムリ を見つけました
粗品はコースターを頂きました
今は場所や粗品の品が変わっているかも知れません

2021-05-13 11-46-24 furin

このジオラマの最大の特徴は 近くで見る事が出来るジオラマ です
山の頂上などを切り抜き、そこから頭がだ出るように工夫されています

2021-05-13 11-47-22 furin

のぞける穴は2~3カ所ありました

2021-05-13 11-52-36 furin

再現されているのは明治後期から昭和初期の町並みを再現されているようです

2021-05-13 11-49-46 furin

階段を上がれば2階の部分から全体が見れます
舞鶴港は軍港でしたが、敦賀港は国際的商業港ですね
昔は 東京 ー パリ の航路でもあったようで 敦賀 ー ウラジオストック が航路でベリア鉄道を通ってヨーロッパにも行けたそうです
杉原千畝 がビザを発行してユダヤ難民を日本経由で第三国に渡ったのもこのルートだったようです

2021-05-13 11-54-12 furin

トイレ脇の自動販売機もレンガ柄です
近くにユダヤ難民などの関わりを記念して建てられた 人道の港 敦賀ムゼウム館 を見学に行きます

敦賀赤レンガ館 1

5月13日(木)
敦賀原子力館から 敦賀赤レンガ倉庫 に向かいます

2021-05-13 11-12-04 furin

敦賀赤レンガ の駐車場にやって来ました

2021-05-13 12-03-36 furin

駐車場には置き忘れたのでしょうか 赤い自転車 が置かれています

2021-05-13 12-02-48 furin

潮風にさらされているからでしょうか、よく見ると所々錆が発生しています
もしかしてこれはオブジェかも知れません
どうも故意に置かれている感じもあります

21_05_13-10_57_59.jpg
妻の撮影
周遊のバス停です
銀河鉄道999 ですね

21_05_13-10_58_22.jpg
妻の撮影
1日フリー券なら ¥500 で乗り放題ですね

2021-05-13 11-12-24 furin

赤レンガ館 の横に懐かしいディーゼル電車が飾られていました

2021-05-13 11-13-34 furin

この キハ28 と言うのは何を示しているのでしょうか
カタカナの最初は 車種 を示すようで
  気動車 (ディーゼル機関車) でその他の記号として
  運転台付き車両
  モーター付き車両
クモ 運転台+モーター付き車両
  運転台もモーターも付いてない車両

二文字目は 用途 だそうです
 旧一等車両 (今は九州の ななつ星 ・ 西日本の 瑞風 等特別な車両だそうで、グリー車よりハイグレードだそうです)
 旧二等車 (グリーン車)
 旧三等車 (普通車) だそうです

後ろの数字は 系列 を示すようで
キハ28 はディーゼル機関車の普通車両の28系となります

最後の番号は 製造番号 となるようです
                               * 東洋経済HP 参照

2021-05-13 11-14-54 furin

列車の記号だけでも興味をそそるものがありますね
鉄道ファンには多数の種類があるそうで、何かと騒がれるのが 撮り鉄 ですね
他にも
(車両鉄) 今回のような 車両や形式、内装や編成などを調べて楽しむ
(撮り鉄) 電車の写真を撮影 写真目的のカメラマンとは一緒にしないで下さい
(音鉄)  走行音や発車のメロディ・車内放送や警笛音などの録音も含めます
(乗り鉄) 列車に乗ってどこかに行ったり、途中下車や駅弁を楽しむのも含まれるようです
(時刻表鉄) 時刻表を見て乗り継ぎなどやダイヤフラムを分析して楽しむ 空想の楽しみ方ですね
(収集鉄) 切符や駅スタンプ・鉄道の備品や部品収集
もちろん 鉄道模型 最近ではパソコンなどの 運転シミュレーション を楽しむのも含まれるようです
当然何種類かを楽しんで楽しんでおられる方も多いようです

大和西大寺駅 は 奈良線・京都線・橿原線 などの奈良県の主要駅ですので、線路が複雑に入り組んでいます
その 路線の複雑 さから、線路が多数に枝分かれしているので駅からその光景を見学に来ている人とも沢山います

2021-05-13 11-15-18 furin

舞鶴赤レンガ館 は軍港で軍の設備や倉庫でしたが 敦賀赤レンガ館 は貿易港としての倉庫として使用されていました

2021-05-13 11-16-20 furin

登録有形文化財 とされています
日本人は新しい物好きですが、これらの文化財も残していきたい物ですね

21_05_13-10_59_04.jpg
妻の撮影
ジオラマ館を見る前に食事を取るようにします

21_05_13-11_40_43.jpg
妻の撮影
施設内の歩くところに何カ所もメッセージ入りの 赤レンガ が敷設されていました
この施設を改装するときに寄付されたが何か募集があったのでしょうね
神社仏閣の改修時に寄付をすれば地域内に名前を書き出して残してくれますよね
自分の名前もどこかの場所に残したい物ですね
墓標には残るでしょうがね

20210513_131630.jpg

海鮮丼定食です
大阪でも美味しい店は沢山あるのですが、日本海側のお店だから特に美味しいと感じるのでしょうね

敦賀に行ってきました 

5月13日(木)
敦賀に日帰りで行ってきました

2021-05-13 08-08-14 furin

敦賀湾の 気比松原 (けひまつばら) です
まだ水も冷たいので誰も泳いでいません

2021-05-13 08-13-22 furin

松原に咲いた花です
花は花でも雑草だと思います
雑草にも正式名称はあるのでしょうね

21_05_13-07_51_52.jpg
妻の撮影
のんびりと ヒトデ がぷよぷよ
よく見ると死んでいました



敦賀原子力館
敦賀赤レンガ館に行く予定ですが、時間があるので先に 原子力館 に来ました

20210513_090725.jpg

平日のコロナ過なので、他の一般客は誰もいませんでした
敦賀には 原子力・火力・水力 の3種類の発電所があるようです
この3種類の発電で 水力 のみが、他からの電源供給が無くてもバルブを開けて水を流せば発電できます
原子力・火力 はポンプを動かし水を供給しないと蒸気発電や冷却が出来ません
福島原発は電源が無くなったので メルトダウン を起こしました
火力や原子力は他からの電力供給が無ければ動かないので 水力発電 は残しておかなければなりません

20210513_100001.jpg

敦賀発電所は 日本原子力発電株式会社 【日本原電】 が作った発電所です

20210513_090841.jpg

この チョウチンアンコウ は げん丸 というマスコットです

20210513_091647.jpg

中はこの発電所の歴史や発電の仕組みなどが見る事が出来ます

20210513_094257.jpg

ジオラマを使って発電の仕組みを知る事が出来ます

21_05_13-09_41_22.jpg

放射線量 を測るモニタリングポストです
この時点で 0.187マイクロシーベルト毎時  この数値がどれだけ何でしょうかね
胸部レントゲンが 50マイクロシーベル だそうです
10シーベルト の放射線量なら 即死 だそうです

21_05_13-09_40_44.jpg

これは スパークチェンバー と言う装置で 宇宙から地球に飛来する 宇宙線 を目視できる装置です
時々 パキュン と言う音共に箱の中で小さな稲妻のような 発光 が見る事が出来ます
宇宙線が飛来した瞬間です

そんなに大きな施設ではないので、ゆっくり施設を見て回りました
昼頃に 敦賀赤レンガ館 に行く予定です

2021-05-13 10-50-32 furin

原子力館 から赤レンガ館に向かう途中で撮影しました


城崎温泉旅行 Ⅰ

12月4日(水)
妻と義母が朝から旅館のお風呂に行ってきたそうです

DSC_7521_826_00001.jpg

朝ご飯です
朝からたくさんの料理です

DSC_7522_827_00002.jpg

ワンプレートで一口ずつ沢山の種類が食べられます



町歩き (城之崎ロープウェイ)
昨晩は外風呂に行くのに浴衣姿で下駄をカラコロ・・・
今朝はチェックアウト後に、荷物だけを預けての町歩きです

X=Pro_2019-12-04 (4)

城崎には何本もの橋が架かっていますが、何本かの橋や古い旅館などが 有形文化財 に指定されていて、年代歴史を感じます
次回に来るときは、文化財に指定された旅館に泊まりたいものです

X=Pro_2019-12-04 (3)

城崎と言えば、温泉・外湯・橋・浴衣・柳・・・ など、風情がそろっています

DSC_7546_851_00008.jpg
妻の撮影
昨晩に来た外湯です。
泊まった 料理旅館 翠山荘 では、外湯の7湯の混雑状況がタブレットで即座に見られるようになっています
多分、加盟している全ての旅館で確認できるのではないでしょうか?
外湯の混雑状況は、スマホでも見ることが出来ます   城崎温泉 外湯混雑状況 』 で調べれば見ることが出来ます
https://kinosaki-onsen.net/congestion/
IT化がここでも進んで便利になっています

DSC_7545_850_00007.jpg
妻の撮影
土蔵の倉です
古い家宝などが眠っているのでしょうかね

X=Pro_2019-12-04 (7)

御所の湯 です
私が行ったときは休館中でした



城崎温泉ロープウェイ

DSC_7538_843_00006.jpg
妻の撮影
以前来たときより階段が改修され、登りやすくなっています
以前は 自然石 で階段が作られて風情があったのですが、逆に全ての石大きさが違うので 滑ったりして転倒の恐れ がありましたが、安全を重視しての改修でしょうね
このゲートや案内の看板も新しくなっています

X=Pro_2019-12-04 (10)

階段から見た風景です
手前左下に元湯の源泉場所と中央部の小屋が温泉卵のお店です
奥の左側が 鴻の湯 で、右側の湯煙が上がっているのが源泉でしょうね
コウノトリが傷を癒やしたとされる城崎温泉 ですが、湯元の少ない温泉だけで全ての温泉宿や外湯に供給は無理でしょうね

X=Pro_2019-12-04 (11)

城崎温泉ロープウェイ の発券所です
マスコットキャラクターでしょうね

X=Pro_2019-12-04 (12)

駅舎横で干し柿が干されていました
昔は自宅でも干し柿をつるしてあったのを思い出します

X=Pro_2019-12-04 (14)

城崎温泉の展望台まで行きます
カニさん号です

X=Pro_2019-12-04 (15)

登ってきました、展望台です
眼下に城崎温泉街と円山川が見えます
時折、雨もパラパラ
日射しがときおり降り注ぐ微妙な天気

X=Pro_2019-12-04 (17)

後ろに昨日登った 来日岳 が霧に覆われています

X=Pro_2019-12-04 (22)

温泉街にも近くの山々から朝靄が立ち上ります
以前に城崎温泉で火災がありましたが、どの辺だったのでしょうかね

DSC_7523_828_00003.jpg
妻の撮影
展望台に設置された写真です
兵庫絶景150選だそうです
平成30年って、つい最近ですね

X=Pro_2019-12-04 (28)

カニ塚 です
昨夜のカニに感謝とまた来られることをお願いしました

X=Pro_2019-12-04 (31)

かわらけ投げ です
小っちゃな的の中央を通れば願いが成就するそうです
穴が小さいので、願いは叶いにくいのかも知れません
もう一廻りか二廻り的の穴を大きくした方が、チャレンジする気持ちが増えるかも知れません

X=Pro_2019-12-04 (34)

展望台にある みはらしカフェ茶屋 です
二年前に改装したそうで、随分と綺麗になっています

X=Pro_2019-12-04 (32)

暖炉もあり、昔のちょっと古い山小屋の雰囲気は全くありません

DSC_7532_837_00004.jpg
妻の撮影
梁や柱には以前の建屋の材木を使った痕跡があり、新しい中にも古びた感じが残っています

DSC_7533_838_00005.jpg
妻の撮影
クリスマスツリーなどが飾られると師走であることを否が応でも知らされますね
今年も数えるほどになってきました
ここでコーヒーを飲んで下山します

X=Pro_2019-12-04 (35)

下りの カニさん号 です
帰りはコウノトリのマークにして欲しかったなぁ・・・

X=Pro_2019-12-04 (36)

駅舎です
ロープウェイに使われているロープです
どこに使われているか文章で書かれていますが、絵にしていただいた方が解り安いのですが・・・



源泉 

X=Pro_2019-12-04 (38)

81℃ とかなり温度の高い源泉です
当然加水して温度を下げて使っているので 源泉掛け流し とは言えないのですね
日本源泉掛け流し温泉協会 によると温度を適温に下げるための加水はOKだけど、湯量を増やすための加水はだめだそうです

X=Pro_2019-12-04 (8)

源泉の噴出口です
時々お湯に触られる方も居られますが、火傷する位に暑いようです

X=Pro_2019-12-04 (41)

この湯で 温泉卵 が作れます

X=Pro_2019-12-04 (40)

3個 350円   5個 500円
スーパーでは 10個入り 1ケース 200円前後 だから・・・
妻からは 夢が無いはなし と叱られました

家から卵を持って来ても駄目かなぁ~
あんたしか思いつかない発想だと言われてしまった!



町歩き 裏道
賑やかな表通りも良いのですが、裏通りも風情がありますね

X=Pro_2019-12-04 (42)

まんだらの湯 です
何度か城崎には来ていますが、全ての七湯を巡ったことがないので、一度は巡ってみたいものです

X=Pro_2019-12-04 (44)

広い車の通りは 柳の木 が川沿いに植えられていますが、一の湯あたりから裏道に入ると 桜並木 が植えられています
少し寂れていますが、新しく改装されて旅館以外の店舗にされている店もあります

X=Pro_2019-12-04 (46)

桜の時期にも訪れたいものですが蟹はなさそうで、あっても冷凍かと思われます
時期がずれているので安いかもね

DSC_7547_852_00009.jpg
妻の撮影
お土産を買いに表通りに来ました
昼近くになったので売られている蟹は少なくなっています

X=Pro_2019-12-04 (50)

突然の大雨
しばし休憩、もう少し季節が進めば雪でしょうね
下駄に浴衣姿で番傘に降る雪・・・
風情が目に浮かびますが・・・
男は駄目だ!

DSC_7548_853_00010.jpg
妻の撮影
虫やしない に 但馬牛コロッケ と 但馬牛まん 他にも季節限定の 蟹まん を購入して食べました

※ 虫やしない とは・・・
小腹が空いたときに、おやつのように少しの食をすることを言います
京都の方言と言われていますが、奈良でも使っていた気がします

雨が本格的な雪にならない内に家路に着きます


現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 旅行

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント