fc2ブログ

自作 二酸化炭素発生装置

現在、60cm水槽には熱帯魚が泳いでいますが エンゼルフィッシュ を追加したら、意外とこいつが獰猛で、どんどん他の魚を攻撃して今ではエンゼルフィッシュだけになってしまいました。
新しく他の魚や水草を植えても、このエンゼルフィッシュが攻撃して水槽を独り占めにしてしまいます。
そこで、新しく30cmの水槽を追加しました。

今回は水草をメインとして、シュリンプ(海老)を飼う事にしました。
以前にもネオンテトラなど熱帯魚を飼っていたので器具などはそろっていました。
水草 となると 二酸化炭素 が必要で、そのレギュレーターもあったのですが壊れてしまっていました。
そこで二酸化炭素発生装置を自作する事にしました。

20210923_202436.jpg

炭酸水 まさに二酸化炭素が溶け込んだ水です。
このまま使う事も出来ますが、短期間で終わってしまいます。
必要なのはこの ペットボトル容器 です。
今回の Co2発生装置 にはある程度耐圧がいるので、炭酸系容器が必要です。

20210923_203618.jpg

他必要なのは 砂糖・イースト菌 ですね。
イースト菌は糖分を分解させて アルコール と 二酸化炭素 を作ってくれます。
しかも、ゆっくりな発酵なので長期間 Co2 を供給できます。
他は作成のための接着剤等です。

20210923_202550.jpg

ペットボトルの中身を別の容器に移し、キャップに穴を開けます。
開けた穴に水槽用ホースを接続します。

20210923_205746.jpg

接続には二液性のエポキシ樹脂を使用しました。
ホース接続の固定と炭酸ガスの漏れを防止するためです。

20210923_210215.jpg

接着強度を増すために一晩おいておきます。

20210923_213859.jpg

空になった容器に 砂糖・イースト菌 を入れます。
砂糖:9 に対して イースト菌:1 の割合ですね。

20210923_214556.jpg

そこへ水を追加します。
今回は 1リットル容器 ・ 砂糖:200グラム ・ イースト菌:20グラム ・ 別容器に入れた炭酸水:700cc を使いました。
※ 当然炭酸水の代わりに水で十分です

20210929_205740.jpg

こんな感じになります。
これは 700ml のジンジャエール容器で作りました。

20210928_115640.jpg

水槽の裏に設置しました。
水中にはチューブを通じてエアーストーンで二酸化炭素を供給します。

メリットは、とにかく安く出来るのと、長期間 (多分1ヶ月以上) 使用できる事ですね。
デメリットは、Co2の供給量が調整できない (気温が上がれば発生量も増え、下がれば減る) 

ある程度水質とかが安定したら シュリンプ を入れて見る事にします。

スポンサーサイト



スプラウトを育てる

7月10日(金)
我が家の 水槽 (アクアリューム)  が以前と少し変わってきました
水槽その物は変わりないのですが、中に飼育している魚が変わりました
以前は グッピー ・ カージナルテトラ など水草などを入れて入れて、なんとか自然環境を水槽なで試みましたが、やはり無理でした

toho200710_100458.jpg

現在は エンゼルフィッシュ ・ コメット【黄色】 ・ タマサバ【赤色】 ・ カージナルテトラ などです
以前はグッピーなどがどんどん増えていき水草を食べるし、水の汚れや藻の派生が酷くなってしまいました
そこで、グッピーを自然界に捨てるわけにも行かず、ましてや殺すのもかわいそうなので エンゼルフィッシュ を追加しました

toho200710_170517.jpg

エンゼルフィッシュ は以外と獰猛で縄張り意識が強いので、口に入る者は食べてしまうようです
稚魚がどんどん淘汰されて、そして誰も居なくなったしまいました
水草も食べてみました!

toho200710_170837.jpg

そこで エンゼルフィッシュ に食べられない大きさの 金魚 を飼うことにしました
最初はけんかもしていましたが、慣れてきたのか最近はけんかの回数も減ってきました

toho200711_071331.jpg

以前から居るのが オトシンクス です
エンゼルフィッシュ に攻撃を受けることもなく地味に苔を食べています

toho200710_171853.jpg

以前から居てる カージナルテトラ です
エンゼルフィッシュ は自分より上で泳ぐ魚を攻撃するので底の方を泳ぐ カージナルテトラ は対象外のようですが、やはり怖かったのでしょうか、隠れ家が出来たら隠ってしまっています
この隠れ家は 上部式フィルター のポンプを隠すことが出来ました

toho200710_171541.jpg

分かりにくいですが 石巻貝 です
オトシンクス と同じで地味に苔を食べてくれて助かっています

toho200710_100308.jpg

本物の水草は魚が食べてしまうので プラスチック製 の水草にしました
前回の水温調整は意外と手間が掛かるので ファン で冷やすことにしました
部屋の温度や湿度が高いので冷えませんが、殆ど気休めで回しています

上部式フィルター に交換したのは 管理がしやすいことと、ランニングコストが安い、場所を取らないこと、エアレーション が不要なことです

今回 別の利用法 を考えてみました

toho200710_100113.jpg

以前に何かの機会で貰った ブロッコリースプライト です

toho200710_100145.jpg

本来は 付属の容器 で育てるのですが、上部式フィルターの一部を利用することにしました

toho200710_101041.jpg

上部式フィルター の右端に予備タンクのような部分があり、この部分にマットを敷いて  を蒔きます

toho200710_124244.jpg

すでに少し芽が出ているようです



7月11日

toho200711_113704.jpg

1日で凄く発芽し出しました
生命の不思議 ですね
発芽の条件は 水分 ・ 温度 ・ 酸素 が三大条件だそうですが  がそれをどう感じて 発芽 のスイッチが入るのでしょうか?
小っちゃな種ですが、自然って凄いですね
さて、このまま成長して スプライト が食べられる事が出来るでしょうか

冷却装置の作成

今回は、久々の アクアリューム の話題です

梅雨明けも間近で、そろそろ夏本番という季節になりました
そこで困るのが、水槽の 温度管理 です
温める方法はヒーターを入れれば簡単なのですが、冷やすというのが難問です

冷やす方法は?
① 水を新鮮な水に入れ替える (水道水なので期待できない)
② 部屋を冷房で冷やす (ランニングコストが掛かる)
③ ファンで冷やす (簡易だけど見た目が悪いし、以外と冷えない)
④ 専用冷却器を付ける (高いのでコスパが悪い)

そこで 作ってみました!

DSC_3550.jpg

我が家の水槽
水槽は45cmのスリムタイプ
グッピー、カージナルテトラ、モーリー、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなどが同居しています

DSC_3553.jpg

現在の水温
31℃・・・
ちょっと限界に近いです

DSC_3555.jpg

そこで目を付けたのが、この外掛けフィルター
本来は、水槽の水をポンプで循環させゴミなどを濾過する装置です
この水を冷やせば、当然水槽の水が冷える訳です

DSC_3556.jpg

購入したのが、簡易の保冷ボックス
100円均一ショップで ¥300 (税別)で購入
直接出費はこれだけです

DSC_3557.jpg

当然、外掛けフィルターの寸法を測って、入るのを購入しました
後で入れる凍らせた保冷剤と水を入れるスペースも考慮しての購入です

DSC_3558.jpg

加工しないで入れてみると、浄化フィルターが高くなり水槽との高さが合わないのでカットする事にしました

DSC_3559.jpg

カットして、収めたのですが・・・

DSC_3562.jpg

フィルターと発泡ボックスの高さに隙間が出来てしまった
こうなると、水に浸かる体積が少なくなり十分に冷えない事もあり、下に物を敷いて高さを調整しました

DSC_3566.jpg

最大で4個の凍った保冷剤を入れる事が出来ました

DSC_3564.jpg

3~4時間で、4℃下がって来ました
水というのは 暖まりにくく 冷めにくい という性質があります
これを 比熱 と学校で習いましたよね
1kgの物を1℃変化させる熱エネルギーJ(ジュール)を 比熱 kJ と言います
水はおよそ 4.2 に対して 空気は 1.0 コンクリートは 0.9 鉄は 0.4 だそうです
数字が大きい方が冷めにくいし暖まりにくいのです

水と空気の4.2倍の差を魚と人間とで考えて見たら、どうなるかと言えば・・・
水温が1℃上昇すれば、気温が4.2℃上昇する事を意味し、水温が5℃変化すれば気温が21℃変化するのと同じ意味になります
お魚さんも暑さに耐えているのですね ( ^o^)

ちなみに、日本が温暖なのは周囲が海水で囲まれているので気温変化が少ないのです
大陸は昼と夜の温度差が大きいのも、これで納得出来ますね (^_-)-☆

DSC_3567.jpg

蓋をカットして、出来るだけ水が温まらないようにしました
発泡剤なので保温性に優れ、結露も防ぐ事が出来ました

DSC_3572.jpg

蓋を付けた事で、上に物をのせる事も出来ます

DSC_3571.jpg

正面から見ても、違和感なくスッキリしています

DSC_3570.jpg

寝る前に温度計を見ると25℃を下回っています
下がりすぎるので、取りあえずヒーターをONにしました

現在は、ヒーターを切って保冷剤の個数を減らして適温に保つ保冷剤の適正個数を調査中です
この装置の最大の問題点は、温度コントロールが出来ないのと毎日保冷剤を入れ替えないとならない事です
※ サーモスタットで循環ポンプを止めるという方法はあるのですが、本来の浄化作用が失われるので・・・

アクアリューム (動画)

我が家には熱帯魚用の水槽が2個あります
(正確に言うと3個になります)

一個は、玄関先に もう一つが小生の部屋にあります
毎朝 一回エサを与えるだけで、元気に生きています

今回は、小生の部屋の水槽を動画で撮影しました

[広告] VPS

やはり泳いでいる魚を見ていると癒やされますねぇ~

DSC_5508.jpg
45cm スリムタイプの水槽

この水槽は実に手間がかかった水槽なのです
中央の水面にチューブと水草のようなのが見えると思うのですが、これはオーバーフローの出口です
ガラスに穴を開けるのは大変でした
(魚が吸い込まれないように少し細工をしました)

この水槽の裏には、60cmの水管理用の水槽が設置されています
そのために水量は3倍以上になりました

初心者が金魚や熱帯魚を飼う時は、最初は小さい水槽から始めるのが普通ですが、これが間違いなのです
すぐに魚が死んでしまったり、水替えとか日頃の手入れに嫌気がさすのですね

小さい水槽は当然水量も少ないのです
そのために、環境の変化を受けやすいのです


つまり、お風呂の中でオシッコをするのと、プールの中でするのと、海でするのとでは、水の汚れ具合が違うでしょう^^
水量が多いと それだけ環境の変化に影響が少ないのです

熱帯魚などを飼う時は 大きな水槽で、少ない魚を飼う事をお勧めします

ブラッドオレンジライヤーテール・モーリー

まだまだ残暑厳しく暑い日々が続いていますので、少し涼しげな話題を・・・

我が家には 現在3個の水槽があるのですが、今一番力を入れているのが小生の部屋にある水槽です
他の水槽は玄関前に設置しています

DSC_4726_01.jpg
第3水槽

小生の趣味として一番は写真ですが、2番目としてアクアリュームになります^^
趣味と言うのは時間と費用がかかるもので、この水槽も手間とお金がかかっています

この水槽、実はこの裏にもう一個水槽があって水の管理(ろ過、温度調節、エアー)をしています
そのために、水槽に穴を開けてポンプで水を循環させています


水量的には倍とは言いませんが、それに近い水量となります
アクアリューム(熱帯魚や水草)は全て水の管理で良し悪しが決まるのです
水量が多いほど、水質の変化が少ないので管理しやすいのです

初心者が小型の水槽ですぐに魚が死んだり、水の入れ替えや清掃を頻繁にしなくてはいけないのは、水量が少ないので水質の変化が激しいからです

コップの水に1杯のコーヒー入れるのと黒くなりますが、バケツだとほとんど分かりませんよね それと同じです

DSC_4728.jpg
ブラッドオレンジライヤーテール・モーリー

今回仲間入りした 【ブラッドオレンジライヤーテール・モーリー】
ちょっと長い名前ですが オレンジ色できれいな魚です^^

グッピーと同じ胎生魚なので卵を産まずに稚魚を直接生みます
メス2尾 オス3尾いますので増えるのが楽しみです

この水槽で困っているのが糸状の藻が発生していることです
試行錯誤で試していますがなかなか改善できません

大自然を小さな水槽で再現しようとしているのですから本来無理なのかもしれませんがね
全てが簡単に出来たのなら、多分すぐに飽きてしまったでしょうね
簡単そうに思えて始めてみたら実は奥が深い・・・ それが趣味の醍醐味なんでしょうね

 

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ アクアリューム

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント