fc2ブログ

足立美術館 Ⅱ寿立庵 【茶室】

足立美術館にはふたつの茶室があります
ひとつは、先日お話しした白砂青松庵で館内にありますが、訪れたのは石畳で隔たれた、まさに庵(いおり)と言えるところです

DSC_7799_010.jpg
雨のモミジ
まもなく紅葉を迎えるであろうモミジを見ながら石畳を歩きます
真っ赤なモミジが白い砂の上に風情を描くのももうすぐですね

DSC_7783_001.jpg
茶室
ここで、この茶室の説明を受けますが実際に頂くのは隣の部屋です
いろいろ説明して頂くのですが、記憶は3分程度でウルトラマン級に忘れてしまいます (^_^)

DSC_7784_002.jpg
掛け軸
有名な方の書いた物だそうで、花押(かおう)から察するに・・・
だれ?
説明を受けたのだけど、なにせウルトラマン級の記憶しか持たないもので・・・ ヽ(^O^)ゝ

DSC_7786_003.jpg
飛び石
雨が降って、風情がありますね
決して、ケンケンパをしてはいけません!

DSC_7789_004.jpg
こちらの部屋でお茶を頂きます

DSC_7790_005.jpg
花生け
台がなく、壁に直接設置されています
ポルターガイストではありません!

DSC_7791_006.jpg
お茶菓子
先にお茶菓子が運ばれてきました
お茶が出る前に食べて良いそうです
上品な甘さでした

DSC_7793_007.jpg
半分程度食べたところで、お茶が来ました
ひとりずつ、別のお茶碗で頂きました
個別に茶碗の説明をされていましたが、ここもウルトラマンで・・・

DSC_7796_008.jpg
花器
一足先に、秋の風情を醸し出していました

DSC_7798_009.jpg
茶室の待合所
入った時には気が付かなかったのですが、帰り際に発見
この風情というか、わびさびの表現
来た甲斐がありました

DSC_7803_011.jpg
障子窓の庭
二階の展示場から降りてきたところです
まるで昔のテレビを見ているようで、左右の障子がスピーカーに見えるのは私だけ?

ゆっくり見て回ると帰りが遅くなるので、新館は適当に見て退館しました
入館料は高かったけれど、それだけの価値はあったと思います
季節を替えて、また来たいと思っています

2年間パスが¥6,000との事
2年の内に3回来れば元が取れるけど、ちょっと遠いしね・・・


スポンサーサイト



足立美術館 Ⅰ

足立美術館に到着しましたが、駐車場が広くて美術館の雰囲気がないので、最初は場所を間違えてしまったのかと思ったくらいでした
早速入場ですが、入館料が¥2,300ととても高い (普通の美術館は高くても千円台)

DSC_7751_001.jpg
苔庭
入り口から入ってすぐに見えるのがこの風景
美術館に来ても天気は雨のまま

DSC_7750_001.jpg
枯山水の庭の一部です
なんかワクワクします

DSC_7753_003.jpg
創設者 足立全康立像
館内の年表を見てわかったのですが、いろいろな会社を立ち上げて成功されたようです

DSC_7752_002.jpg
『将軍の孫』と言う作品です
全康氏の幼少時かと思えば、そうではなく北村西望氏の作品との事

DSC_7754_004.jpg
ロビー
枯山水の庭を展望できます
多くの方が、ここで足を止めて庭を撮影されます

DSC_7758_005.jpg
枯山水の庭
私もチョコッと写真撮影

旅行中雨が多かったので嘆いていましたが、この時ばかりは雨が降ってラッキーと思いました
なんで?
っと、みなさまは思われるでしょうが、枯山水は石と砂が主役なのです
その石が、雨に打たれたら黒く光るのです  乾いた石は白っぽくなり、きれいではないのです
石畳など、黒く光ってとてもきれいです

DSC_7764_006.jpg
喫茶室 翆(みどり)
コーヒークープを頂きました
アイスクリームにホットコーヒーを掛けて食べます 【飲みます】
細い黒いのはストローで溶けたのを飲むそうです

ここからの眺めは最高です
ちょっとお高いので客が少ないから、のんびり雰囲気を味わえます 
名の通ったホテルのラウンジのような雰囲気でした

DSC_7768_007.jpg
生の額絵
窓枠が額縁のように作られ一枚の絵のようです
女性が一人庭を眺めていたので、これも絵の一部として撮影

DSC_7769_008.jpg
枯山水の庭
女性が眺めていた風景です
いくら見てても飽きない風景ですね

DSC_7773_009.jpg
池庭
建物の反対側に当ります
雨が水面に波紋を描いています

DSC_7775_010.jpg
生の衝立
なぜか、ピンぼけでした  あはは!
『敗軍の将は兵を語らず』と言う事で・・・

DSC_7776_011.jpg
白砂青松庭
まさに字の如く、白い砂に青々とした松
やはり、雨で濡れた石は黒く光ってきれいですね
生の衝立の向こう側 (絵側) になります
この左手に 寿楽庵 があります
さっき食べたので・・・  ではなく、気づきませんでした m(_ _)m

DSC_7777_012.jpg
中庭
二階の展示室 横山大観展 等を見て一階に戻ってきました

後半は、茶室でお茶を味わいたいと思います

稲佐の浜・宍道湖・松江城

出雲大社を出て、ブラブラ町歩きで海岸を目指します

DSC_7703_006.jpg
大社前の横町
吊下げられた傘が印象的でパチリ (^_-)-☆

DSC_7692_014.jpg
稲佐の浜
空がとっても青く、爽やかな天気です
この海岸は夕陽がきれいで有名な海岸です
今夜の夕日は宍道湖を予定しているので、撮影出来ません!

DSC_7690_015.jpg
恋人かな?
完全にふたりの世界に入り込んでいそう・・・

DSC_7695_013.jpg
テトラポット
意味なくパチリ (^_-)-☆
腹が減ったので食事にします

DSC_7699_010.jpg
出雲そば
平和そば本店での昼食
注文は名物 割子そば

DSC_7696_012.jpg
割子そば
食べ方があるようです・・・

DSC_7697_011.jpg
食べ方
ちょっと変わった食べ方でした

私は通じゃないので解らないのですが、蕎麦って地域によって味がそんなに変わる気がしないのですが・・・
だから、食べ方に少し変化をもたらしているような気がします

DSC_7700_009.jpg
案内板
お腹もいっぱいになったところで、町をウロウロと言うより、迷子になって現在地がわかりません!
案内板で確認

DSC_7701_008.jpg
街角
何かイベントがあるのか?
普段から観光客のために飾ってあるのか、何件も花を生けてあるのを見ました

DSC_7702_007.jpg
巻き簀をバックに花を生ける
粋ですね~ 

次の目的地、宍道湖の夕日を撮影に行きます



っと言う訳で宍道湖の来ましたが、あいにくと曇り
湖畔には撮影スポットが用意されていて、季節によりどの場所が良いのか書かれていました

DSC_7719_005.jpg
宍道湖
日没時刻の前後30分が撮影時間なのですが、これだけ曇っていればムリ

ちなみに、夕日が沈んで直ぐさま撮影を終わる方がおられますが、これからがいわゆるトワイライトゾーンなのですね
昼でもなく夜でもない空間
空が茜色⇒漆黒の闇へと変わるこの瞬間が良いのですね・・・
でも、今日は望めません!

諦めて、旅館に直行
のんびり温泉に入って、待望の夕食です \(^o^)/

20160927_190316.jpg
夕食
しまね和牛のしゃぶしゃぶと近郊で取れたであろう魚料理です
この旅館は部屋食が出来るので地酒をなのしみながらの食事です
誰かお酌を・・・



9月28日
今日も朝から雨模様でした

DSC_7731_001.jpg
嫁ヶ島
この島は楕円形の形をしていて人工島のように見えますが、松江城の古い地図でも書かれているので自然の島なのですね
護岸工事をしているので、完全に繭玉の楕円形をしています

20160928_072943.jpg
朝食です
シジミの味噌汁でお目覚めです
食後 一息ついてから、松江城に向かいます



松江城に到着
やはり雨です  日頃の行いかなぁ~ (´д`)

DSC_7734_004.jpg
天守閣が残っているお城です

DSC_7748_001.jpg
天守閣が見えます

DSC_7747_002.jpg
到着です
早速登ってみる事に・・・

DSC_7738_003.jpg
五階建てで、登るのも一苦労ですね
この眺望・・・
おぉ~~!  ん~~曇ってる~

DSC_7740_001.jpg
ミニチュア撮影
ミニチュアに見えるかなぁ~?

城内の展示物を適当に見ながら城を後にしました
午後から、足立美術館に行きます

出雲大社

徐々に秋の気配が感じられ、爽やかな季節になってきました
この頃は台風が来て雨が多いですがね^^

9月の後半に出雲大社方面に行ってきました
何十年ぶりに宍道湖の夕焼けも撮りたいです

DSC_7659_014.jpg
蒜山高原SAからの大山

夜中に中国自動車道を走って米子自動車道に入り蒜山高原SAで朝食です
山が白い雪の様に見えますが、白い岩肌でした

DSC_7660_013.jpg
別角度から見た大山です

米子自動車道 溝口IC手前で停車しての撮影でした
平日の米子道は空いていました

DSC_7708_001.jpg
一の鳥居
宇迦橋の大鳥居と呼ばれているようです
ここから、左右にお店が並んでいます 車も通れます
何で空が曇っているかというと、帰りに撮影したからです

DSC_7662_012.jpg
二の鳥居

勢溜の鳥居と呼ばれています
ここからは車は入れません

DSC_7665_010.jpg
参道

石畳の参道を少し汗ばみながら歩いています
天気が良いので暑いくらいです

DSC_7667_009.jpg
前に見える鳥居が四の鳥居
銅の鳥居だそうです

何で三の鳥居がないのかというと、撮り忘れただけです m(_ _)m
参道の左右にも道があり、松の保護のために、そちらを歩いて下さいとの看板があってのでツイツイ撮り忘れてしまいました
ちなみに、三の鳥居は鉄の鳥居と呼ばれています

DSC_7669_008.jpg
四の鳥居と拝殿が見えます
本殿はこの奥になります

DSC_7670_007.jpg
拝殿のしめ縄
なんか、想像してたより意外と小さい気がするんですが・・・
長さ6.5m 重さ1㌧ だそうです

ちなみに
出雲大社だけ、参拝方法が異なるのですね
一般神社 : 二礼 二拍手 一礼
出雲大社 : 二礼 四柏手 一礼


柏手(かしわで)は大きな音が出るように手を打ちます
女性がかわいく音を立てないで柏手を叩く癖があるようですが、偲び手と言って神事の葬儀の際に用いるので、参拝などではやってはいけない作法です

手を打つ時も、右手をずらして指などの節が合わないように手を打ちましょう
節合わせ (不幸せ)にならないように・・・


DSC_7673_006.jpg
しめ縄 (拝殿)
友人によると、しめ縄の垂れ下がった房にお金を投げ入れて刺さると願いが叶うとか・・・

DSC_7675_001.jpg
西十九社
東にも同じ建屋があります

旧暦の10月に全国の神々が集まるので、その旅館みたいなものだそうで神様が駐在される一週間はこの社の扉が全て開かれるそうです

DSC_7687_002_201610081012495b3.jpg
神楽殿

こちらのしめ縄の方が一回り以上大きいです

DSC_7677_005.jpg
神楽殿のしめ縄
長さ13m 重さ4.5㌧ で日本最大だそうです
外国にしめ縄はないと思うので、世界一と言って良いのでは?

DSC_7684_004.jpg
神楽殿横の池
横に池があり、鯉などが泳いでいましたが、なぜかカエルが・・・
無事カエルの縁起担ぎなのでしょうか?

DSC_7686_003.jpg
国旗
神社って、意外と国旗を掲げているところがあるのですね
橿原神宮にもあった気がします

この後は
ブラブラ街を歩いて、昼食にします

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 出雲・宍道湖

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント