fc2ブログ

京都嵐山 【写遊会】

11月18日(日)
会社のOB会による撮影会で、京都の嵐山に行きました
京都は何時も混んでいますが、この時期は特に大混雑です

fuji_3507.jpg

阪急嵐山の駅に到着しました
流石に京都だけあってホームのライトも雰囲気のある提灯型でした
今回は 宝厳院 と モンキーパーク に行きます

800_8092_00001.jpg

渡月橋 麓の 嵐山公園 で桜の葉を撮影しました
木枯らしが吹いて寒さを感じる写真になりました

fuji_3510.jpg

嵐山公園から渡月橋を撮影しました
天候が良くなくて雨が降らないだけましの状態で、嵐山の紅葉はイマイチでした

fuji_3511.jpg

渡月橋です
左側通行 なのですが、漢字で書かれているので外国人には解らず橋は大混雑です

800_8095_00002.jpg

渡月橋からの撮影です
保津川下り の舟の終点で、ここから舟を車に乗せて亀岡にある出発地点に運びます



天龍寺
天龍寺には何回か行っているので私は入りませんでしたが、他の会員の人は庭を見学したようです
私は隣の 宝厳院 の庭を見に行きました

fuji_3516.jpg

天龍寺の山門を通って本堂に向かいます
隣の 永明院 との壁に掛かる紅葉です

fuji_3518.jpg

天龍寺でも無料で見れるところがあります
中に入る事は出来ないですが外から見る事が出来ます
真っ赤なのは ドウダンツツジ でしょうか?

fuji_3520.jpg

天龍寺から横道に入ると 嵐山羅漢 がありました
これはその横の石仏でしょうが何なのかは解りません

fuji_3521.jpg

人力車
一度も乗った事はないのですが、いつかは乗ってみたいものです



宝厳院 (ほうごういん)
他の人が天龍寺での撮影を終わるのをここで待つ予定です

fuji_3523.jpg

入場料と抹茶のセットで券を購入しました
入口はまだ紅葉は少ないようですが、中は見頃のようです

fuji_3525.jpg

苔の上に散ったモミジです
最近は夏が暑すぎるのか、綺麗な色で落ち葉にならず木の上でチリチリになってから落ちてくるのが多いようです

fuji_3526.jpg

庭には 青嶂軒 【せいしょうけん】 と言う茶席があり、ここで お抹茶 を頂きました

fuji_3529.jpg

お抹茶 と モミジの形の落雁(らくがん) です

fuji_3533.jpg

茶席からの風景です
新緑の春も綺麗でしょうね

fuji_3540.jpg

お茶席で一服してから改めて庭を散策します
苔の緑が綺麗でした

fuji_3544.jpg

庭の古井戸なのでしょうか?

800_8123_00004.jpg

背の低い笹が一面に植わっていました
緑の笹に赤いモミジが綺麗なのですが・・・
ちょっとモミジが茶色に近かったです

800_8110_00003.jpg

本堂横の竹林です。

800_8136_00005.jpg

竹垣に掛かるモミジです

800_8147_00006.jpg

同じ場所での撮影
バックの竹垣を単純化してモミジを引き立つように撮影しました



モンキーパーク
何回か 嵐山 に来ていますが、モンキーパークは初めて来ました

fuji_3553.jpg

モンキーパーク は山のほぼ頂上近くにあります
登る途中での風景です
紅葉が進んで来ています

fuji_3556.jpg

モンキーパークは殆どが外国人ばかりで、8~9割が海外の人ではないかと思われます
海外では、動物に直接触れ合う機会が少ないのでしょうか?
奈良公園の鹿も海外では珍しいのでしょうか大人気です

800_8157_00007.jpg

行った時はちょうどエサ蒔の時間で沢山のサルが集まってきていました

800_8163_00008.jpg

ノミ取りをしているのでしょうか?
顔をムニュムニュしていました

800_8170_00009.jpg

ちょうだい!
って言っているのでしょうか?
人間なら、まず子供に与えるのでしょうが野生の猿はそうでは無いようですね
下等な動物は 優しくない と思われますか?

自然界では、自分が強くなければ子供を守れないのです
子供を守るためにも自分の体力を養う
親の愛情は形は違えど 万物共通 なのではないでしょうか?

800_8174_00010.jpg

子供は欲しがっているようですね
人間で言えば乳離れして自分でエサを取る時期なのかも知れません
自分でエサを取る事を覚えないと生きて行けないのですから、一見して冷たい態度かも知れませんが真の優しさとは、こう言う物なのでしょうね
過保護ではなく、子供が1人で生きて行けるように教えるのが本当の優しさなのでしょう

800_8182_00011.jpg

将来のボス?
広場に木の台が設置されていて本来ボスザルの位置なのでしょう
子供なので争いにはならないでしょうが、雄ザルが座れば凄い喧嘩になりそうです

fuji_3561.jpg

モンキーパークからの京都市内の景色です
右は 京都タワー から左は 広沢池 まで見る事が出来ます
夜景は綺麗でしょうが、閉館しているのでダメでしょうね



平野屋
モンキーパークを降りて解散となり、メンバーの1人と別の箇所を撮影に行きました
写真雑誌では有名な 平野屋 と言う鮎屋に行きました

fuji_3582.jpg

普段は下の道から撮影するのですが、そのまた上の車道脇の林の中からの撮影です
すっかり日が落ちて真っ暗でした
昼間ならモミジが紅葉して屋根に掛かっているのでしょうが残念です

fuji_3583.jpg

嵯峨野鳥居本辺りのバス停から、阪急嵐山まで市バスで戻りました
夜の嵐山のホームも昼とは別の趣でした

今回、嵐山から嵯峨の辺りを歩いて廻りましたが車では見られないものも見る事が出来ました
私自身は車での移動派ですが、電車と徒歩もたまには良いかも知れません

人が少なければ 京都は最高なのですが・・・・

スポンサーサイト



観音寺・泉涌寺(せんにゅううじ)・毘沙門堂

11月19日(日)
会社のOBによる写真クラブ 写遊会 で東山界隈と山科に撮影に行きました
若干曇り勝ちですが、日曜でもあり最寄りの 東福寺駅 は大変な混雑でした



観音寺 (今熊野観音寺)
東福寺駅より歩いて15分程度で到着です

800_5912.jpg

鳥居橋
人の波が途切れるのを待っていても、何時になるか判らないので適当なところでパチリ
この辺りの紅葉はまだのようです

800_5917.jpg

大師堂
本堂の欄干から大師堂を眺めています
今回はお寺の紅葉撮影と言う事なので 朱印 もGETしました

800_5922.jpg

大師堂の裏
屋根の黒、イチョウの黄色、壁の白、紅葉の赤を狙っての撮影
暗いし、風で紅葉の揺れが静まるのを待っての撮影ですが、若干絞りが甘く屋根まではピントが来ていませんでした

800_5922-2.jpg

上記の写真をトリミング 【余分な部分をカット】 しました
本来なら、もう少し時間を掛けてズームアップなど 後数枚の撮影をしたかったのですが、集合時間ギリギリなので断念しました



泉涌寺 (せんにゅうじ)
先ほどの観音寺は無料で入山できたのですが、ここ泉涌寺は 参拝料 ¥500 が必要でした
庭がきれいなのがメインですが、庭を見るのは更に 『特別拝観料』 ¥300 が必要でした

800_5924.jpg

ちょっと曇り勝ちで鮮やかさが今ひとつです
庭を眺める廊下は大混雑で、当然三脚は禁止でした

800_5927.jpg

写真を見ると静かな景色のように見えますが、廊下は海外の方も含めて沢山の人出です
優雅に庭を眺めるなんて想像の世界です

800_5930.jpg

コォ~ン と 鹿威し (ししおどし) の音が響いて来そうな風景です

鹿威しとは・・・
竹筒に水を引き入れ、溜まった水の重みで筒が反転 して水が流れ、元に戻るときに石を打って音を出すようにした装置。 
※ 語源由来辞典より

800_5940.jpg

廊下からの景色
人が行き交う廊下での撮影です
紅葉とガラスに映り込んだ廊下の照明です
平凡な山の木々にワンポイントとして撮影しました



毘沙門堂
昼食を取り、電車で山科まで移動
JR山科駅より徒歩で20分程度 毘沙門堂に到着

800_5949.jpg

門前辺りは まだ少し紅葉には早いが中は見頃の初期状態でした

800_5951.jpg

高台弁財天
本堂からの眺めです
ドウダンツツジが真っ赤に紅葉していました

800_5959.jpg

殆どの人が本堂欄干に立ち止まり、高台弁財天を撮影するので 人が途切れた一瞬を狙っての撮影です ( ^o^)

800_5953.jpg

本堂より
黒の塀の屋根をメインに真っ赤なドウダンツツジを入れてみました
どうしても手ぶれがするので、それを防ぐため柱にカメラを押さえつけての撮影です
 
【手ぶれ防止の撮影方法】
以前にも記載させて頂きましたが、手ぶれ防止策を説明します

① 当然三脚を使用するのが良いのですが、必ずレリーズを使用
  三脚を使ってもシャッターを指で押すと揺れが生じます
  出来ればストーンバック (おもりで三脚を固定) の使用 
  ちなみに、1000mmの望遠の画角は1~2°程度です
② 三脚が無い場合
  建物の柱や木など固定物にカメラを押しつけて揺れを防ぐ
  くれぐれも、対象物にキズなど付けないよう注意が必要
③ セルフタイマーの使用
  意外と知らない方が多いのですが、手ぶれの一番の原因はシャッターを押す瞬間に揺れるのです
  そこで有効なのがセルフタイマーです
  集合写真でしか使用しないという方が多いようですが、2~3秒設定のタイマーがあるのをご存じないでしょうか?
  正直 2~3秒では集合撮影は無理です  【手ぶれ防止用のタイマーです】
  タイマーをセットして、シャッターを押して切れるまでしっかりカメラを構えていて下さい
いずれにしても ③は①や②にも適応可能ですから、セルフタイマーを大いに利用してみては・・・

 800_5979.jpg
 
勅使門 (ちょくしもん)
この石段が有名で、今はまだ落ち葉が無いですが、紅葉が落ち葉として石段を赤い絨毯に変えてくれます
2週間以上先になるかもしれませんが、出来ればその頃に来たいものです

800_5981.jpg

サッと通り雨がありましたが、日差しが射込んできました
時間の成ったので、集合場所に行ってみたらメンバーが若い女性をナンパしていました ( ^o^)

5人グループの着物を着た女性をからかっているようですが、逆に上手くあしらわれているようにも見えました
若さをもてあそぶ女性陣と、暇を持て余しているオッサンの会話は女性陣が一枚上手でした

女性陣の集合写真は撮影したのですが、残念ながら先方の了解を得ていませんので掲載できません!

近江八幡の水郷・彦根城ライトアップ

4月13日 午後
彦根城での撮影を終わって近江八幡の水郷を撮影に来ました

近江八幡の水郷
DFS_1925.jpg
水郷
こちらも桜が満開でした
水郷沿いを歩いて撮影しました

800_5042.jpg
水面
満開の桜と桜吹雪が混じり合ってとても綺麗でした
水面を流れているのは桜の花びらです

DFS_1929-1.jpg
水郷
船が春の柔らかな日差しを浴びています

DFS_1955.jpg
花筏
流れてくる花びらのカットを十数枚撮影しました
花びらの位置関係(バランス)がベストなのを探って何枚も撮影

DFS_1941.jpg
水郷
水郷に架かる橋をぼかしながら桜を明るく撮影
春の柔らかな日差しを感じていただければ幸いです

DFS_1979-1.jpg
女学生
生活道路の橋を三脚を構えて待つこと十数分
オッサンとかおばちゃんが通る中、待ちに待った女学生が・・・
高速連写にて撮影



彦根城ライトアップ
近江八幡から改めて彦根城に戻ってきました
16時頃、外堀のいろは松に来ましたが、撮影の人たちで大混雑
三脚どころか歩くこともままならないので、夢京橋キャッスルロードのお店で蕎麦を食べて日没を待ちました

800_5051.jpg
そろそろ日没
いろは松の所は、諦めて西側の京橋から城内へ

DFS_2000.jpg
旧西郷屋敷長屋門
城内に入って左側、会社員とか学生が花見の宴会をしてるところがあり、そこの小高な所より撮影
天守閣のライトアップが望めます

DFS_2013.jpg
満開の花に囲まれる天守閣
風が強いので撮影に苦労しました

まだまだ撮影していたいのですが、帰宅の時間もあり帰宅準備
駅に戻る途中で いろは松 の所を覗いてみました

800_5059.jpg
外堀ライトアップ
メインの場所はまだまだ空く兆しがなく、ちょっと脇にズレて撮影
みんなと同じ場所で同じ写真を撮っても、おもしろくもないし・・・
若干負け惜しみが・・・

彦根城

会社のOBによる写真クラブ『写遊会』の撮影会が13日に彦根城でありました
私の都合がどうしても合わないので、無理を言って13日にしていただきました
桜も満開、天気も快晴で最高の撮影日和となり安堵しました  私の日頃の行い・・・ ヘ(∧∧;ゞ

800_4984.jpg
彦根城外堀 (いろは松)
真っ青な空で、桜も満開状態
ここからの夜桜が綺麗なので、夕方に撮影に戻る予定です

800_4989.jpg
外堀
遠くに天守閣が見えます ちっこいけど・・・

800_4995.jpg
外堀
水面に映る桜です

DFS_1896.jpg
外堀
いろは松の松並木から撮影

800_4996.jpg
城内へ
表門橋を渡って、入場券を購入します

800_5000.jpg
直虎
大河ドラマの 『おんな城主 直虎』 の柴咲コウさんかと思いきや、別人でした
それでも綺麗な方でした ♡

800_5003.jpg
本丸の石垣
天秤櫓をくぐって本丸に近づきます

800_5008.jpg
タンポポ
トイレの向こう側の景色ですが、女子トイレを過ぎないとならなかった
カメラを持っているから盗撮と思われてしまいそう

800_5010.jpg
やちにゃん
彦根藩主・井伊直弼の次女・弥千代姫をモデルにしているそうで、ひこにゃんと共に彦根城のキャラクターです

800_5014.jpg
本丸間近
太鼓門櫓の手前、天守閣と桜をバックに和傘を入れてみました

800_5019.jpg
天守閣
大きく見えますが、実際は思った以上に小さいです

800_5024.jpg
天守閣
この下は石垣なので大阪城や姫路城などに比べればチッチャ
大きく見えるのは破風と呼ばれる三角の屋根
一般的に三重の城なら破風の数は6個なのですが、彦根城は3倍の18個付けられています
だから大きく立派に見えるのですね

DFS_1909.jpg
天守閣の石垣
石垣がもう少し黒い方が桜が栄えたのですが・・・

800_5028.jpg
西の丸
こちらも桜が満開でした
ここで、途中で買ったおにぎりで昼食です

みんな撮影でバラバラでの食事です もしかしたら俺だけ?
午後から、電車で近江八幡へ移動して、水郷辺りを撮影して、夕方に改めて彦根城のライトアップの撮影予定です
家に帰る時間もあるので、あまり遅くまでは撮影出来ないが出来るだけ頑張る予定です

次回は、近江八幡の水郷彦根城のライトアップです

長谷寺・談山神社

11月21日 月曜日
以前に働いていた会社のOBで結成された写真クラブです
今回は私の地元の桜井での撮影会でした

【長谷寺】
談山神社も含めて毎年数回訪問しているお寺ですので、さてさて新たな撮影ポイントを発見できるか難題です
みんなは順方向での参拝ルートで撮影に向かいましたが、私は逆廻りで新発見を探します

800_4458-1-ss.jpg
本坊より素盞雄(すさのお)神社の銀杏
この神社の銀杏の木は奈良県内最大の銀杏の木だそうです

800_4462-1-ss.jpg
本坊廊下
磨き上げられた廊下に向こうの紅葉が映し出されています
この辺は誰もが撮影するポイントでしょうね

800_4472-1-ss.jpg
石垣の落ち葉
あまり人通りが少ない奥の院に向かう道沿いの石垣です
真っ赤なモミジが緑の苔に映えています

800_4473-ss.jpg
草紅葉
場所的には同じ場所ですが、斜面の草に落ちた紅葉を撮影しました
草の緑と紅葉の赤のコントラストが綺麗です

800_4475-1-ss.jpg
石段
同じ場所での撮影です
石段に積もった落ち葉が緑の苔と黒い石に映えています
出来ればもう少し高めの目線で撮影したいのですが、何せ背が低いもので・・・

800_4479-ss.jpg
濡れ落ち葉
男が定年退職してやる事がないので奥さんについて回るのを 濡れ落ち葉 と言うらしいけど・・・
ジジイは、こんなに綺麗じゃないよね^^

800_4480-ss.jpg
屋根瓦
先ほどの石段を少し上がったところから、白新寮の屋根を望むと大量の落ち葉が・・・
少し茶色いけど仕方ないか!

800_4485-ss.jpg
竹笹と紅葉
竹笹の緑と紅葉の赤を組み合わせてみました
奥には舞台のある本堂が望めます

800_4509-ss.jpg
苔の上の落ち葉
納骨堂の横にある墓石脇です
思った色が表現できていませんが、落ち葉はもう少し鮮やかでした

800_4493.jpg
五重塔
三重塔跡にある紅葉越しに五重塔を望みます

800_4495.jpg
三重塔跡の紅葉
日射しを待っていたが、本日は今にも雨が降り出しそうです
昼ご飯も食べてないし、次の 談山神社 にも行かないとダメなので本堂の撮影は諦めました



【談山神社】
私は談山神社の 談の会 に入会 《年間¥3,000》 しているので入山は無料でした
同伴者の2名まで無料で拝観できます
入山無料なので長谷寺以上に訪問しています
長谷寺より狭く、撮影するところ無いかも?

800_4528-ss.jpg
銀杏
紅葉もほぼ終わり加減で題材が少なかったです
たまたま、子供が銀杏の絨毯の中で遊んでいる瞬間を撮影
子供が少し動体ブレをしていますが、女の子が両手を広げている瞬間を捉える事が出来ました

800_4539-ss.jpg
十三重塔
400mmで塔をアップで撮影
塔の全体を撮影では普通ですから・・・

800_4545-ss.jpg
見上げて・・・
十三重塔の横にある 権殿 の屋根と隣にある銀杏をバックに大杉を入れての撮影
あまり見上げて見ない景色です

少し雨が落ちてきたのと時間も遅くなったので、この辺で撮影を終わって解散です
夜間のライトアップもあるのですが今回はパス!

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 写遊会

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント