fc2ブログ

近くのラーメン屋

11月28日(土)
西大寺から大阪に通勤している妻が気になるお店があるから食べに行きたいとのことで、コロナ過ではありますが食べに出かけました

20201128_194651.jpg

奈良から難波行きの近鉄奈良線で、西大寺を出た直後に車窓から見えるそうです
西大寺の西側にある通称開かずの踏切の近くにあります
ケーキ屋さんか美容院もしくはおしゃれなイタリア料理店の雰囲気があるお店です
実際は ラーメン店 です

20201128_194755.jpg

麺屋 モクモク と読むのでしょうね
中に入ると食券での注文となっています
店舗的はさほど広くはありませんが、美人のお姉さんがラーメンを作ってくれます
社交辞令でなく本当に綺麗な女性でした

20201128_193538 (2)

妻はスタミナ系のラーメンを注文しましたが、私はあっさり系の ゆず塩ラーメン を注文しました
ゆずの香りがしてとても美味しかったです

コロナ感染が拡大しつつある状況なのでなかなか飲食は出来にくくなっていますが、感染対策をして静かに食べるのには問題ない気がします
外出もままならない世の中になってしまいましたね

スポンサーサイト



滝の草刈り

先日24日の日曜日に滝の道の草刈りに参加しました

20160724_094604.jpg
山道
家からトボトボと20~30分も歩けば大自然
ただのど田舎だけどね
森林浴をしたいのなら十分満喫できます

20160724_083931.jpg
杉の根元の小さな自然
眺めるだけで、少し癒やされます

20160724_095042.jpg
倒木
自然の小さな営みを感じ取れます

20160724_082731.jpg
道しるべ
ちょっと傾いていたので修正しました
無くても、村の人は困らないのですが、最近は街の人たちが隠れた穴場スポットと言うのでしょうか?
時々、滝を訪れる方がおられるようで、必要な訳です

20160724_083013.jpg
シダ類
最近はホームセンターでシダ類などの植物が売られていますが、一歩山に入れば豊富に見る事が出来ます
決して採らないで下さい!  自然は自然のままが一番美しいのですから!

20160724_083052.jpg
山登り
滝への道は決して簡単な道ではありません
最低 運動靴を履いてきて下さい (汚れるのは覚悟して下さい)
出来れば長靴が良いですね (水の流れているところも通りますから)

20160724_083401.jpg

橋と言えるかどうかですが、少し朽ちていますので渡るには慎重に・・・ 
(ひとりづつ渡って下さい)

DSC_7460.jpg
シダ
スローシャッターが手持ちでぎりぎりでした^^

20160724_092618.jpg
滝に到着
祠があって、左が雄滝、右が女滝 
(勝手に私が命名したので正式名はないと思います)

20160724_084444.jpg
女滝
流れが柔らかで姿も美しいです
後で飲むペットボトルを冷やしています
当然持ち帰ります

取って良いのは写真だけ
残して良いのは足跡だけ
持って帰ろうゴミと思い出


これが、山を歩くというか自然を愛する人たちの鉄則ですから

ちなみに!
プラスティックは100年経っても自然では分解しません
ゴミを捨てるのは、100年以上自分の恥を世間にさらす事になるのですね

DSC_7451.jpg
雄滝
昔はここで修行されている方がおられました
私も滝に打たれて、世間の汚れを落とした方が良いのかも・・・


DSC_7446.jpg
白竜大神
この滝って 竜神 を祀っているんだ?

DSC_7452.jpg
手洗い
多分、昔は祠にお参りする前の手洗いだったような気がします

DSC_7462.jpg
ウラジロの群生
杉の木立に覆われ柔らかな光を受けて育ちます
シダ類は、真っ暗でも明るすぎてもダメな微妙な環境で育ちます
少しでも環境が変化すると生きて行けないのですね

20160724_095929.jpg
新緑
滝から村はずれまで戻ってきました
夏の厳しい日射しでも木々たちが暑さをしのいでくれます

20160724_100553.jpg
神社への道から
風があり、天気も良いのでちょっと寄り道
遠くに奈良盆地
正面は王寺、郡山、斑鳩方面に当ります
左隅に二上山が見られます

冬の寒い朝に下界が霧で覆われる日は、天空の世界を味わえます

とんど 2016

1月10日
村の中のゴミ処理最終処分場で恒例の とんど が行われました

DSC_6751.jpg
会場
少し風はありましたが快晴です

DSC_6738.jpg
搬送訓練
負傷者が出たとの想定での訓練です

DSC_6733.jpg
とんど
しめ縄など正月飾りが燃やされます
私が作った門松もこの中に・・・

いよいよ点火です
[広告] VPS

とんど
20分の撮影でしたが、9分に編集しました

DSC_6747.jpg
ぜんざい用のお持ち
夢中でぜんざいを食べていたから、ぜんざいその物を写すの忘れていました  アハハ!

DSC_6745.jpg
とんどの後
この後消火訓練に入ります

DSC_6739.jpg
消火器
実際の消火器を使っての訓練をします

[広告] VPS

見事に消火できました
実際に訓練をしておかないと、いざという時にパニックとなり使えない事が多いですから・・・

DSC_6746.jpg
バケツリレー用のバケツ

DSC_6761.jpg
バケツリレー

あくまでも初期消火ですので、まずは消防署に連絡する事です
1番は、火を出さない事です!

全員参加での消火作業
え! わたし?
私は・・・ 広報というか、撮影のため不参加でした ヽ(^O^)ゝ

役員の方々、村民のみなさま お疲れままでした

秘境の滝

本日 26日朝から滝の道の整備に村の人たちと出かけました
秘境と言っても我が家から歩いて1時間もかからない距離ですけどね

DSC_6149_001.jpg
我が家
8時に集合なのですが、途中の道すがら撮影
中央に見えるのが我が家です

DSC_6209_024.jpg
米の花
田んぼの苗もスススクと育ち花が咲き始めています
お米って花が咲くの? って方もおられるでしょうが 当然、実がなる以上花も咲きます
ちなみに、この時期の米の消毒は花が閉じた夕方に行います

DSC_6150_002.jpg
青空
さわやかな夏の青空です
今日も暑くなりそうです

DSC_6151_003.jpg
栗の実
集合場所にあった栗の実
イガイガもまだ柔らかく痛くないです

DSC_6207_022.jpg
山道
所どころ、草などを刈りながら滝の入り口を目指します
谷を渡る風は涼しく、聞こえるのは鳥のさえずりと川のせせらぎの音
時折 ウグイスも鳴いています
今時ウグイスが鳴くの? っと思われるでしょうが、当然鳥ですから鳴いています
春を過ぎたら、ウグイスは死んじゃうと思っておられる方はいないでしょうが、夏は山の中に住んでいます

以前にもお話しましたが 梅にウグイス はあり得ません
明るいところに咲く梅に 暗いところを好むウグイス この組み合わせはないのです
梅の花の蜜を吸っているのはメジロです

DSC_6156_004.jpg
道しるべ
滝の入り口を示すものですが、サッパリ読めません
これからが、本格的な作業となります

DSC_6202_020.jpg
シダ類
滝から流れる川沿いの急な細い道を登っていくのです

DSC_6159_005.jpg
山道
まさに秘境と言うに等しい難所です
はっきり言って、道と言えるのかどうか・・・
人が歩けば道になる と誰かが言ったように、歩いて道を作るようなもんです

DSC_6164_007.jpg
流れた石の橋
チョコバーのような石が川の中に2本見えると思うのですが、台風の大雨でこの石の橋が流されてしまいました
水の力というか、自然の力はすごいものがあります

DSC_6163_006.jpg
難工事?
流れた石の橋の代わりに、倒木(間伐材)などで、新たな木の橋を作ります
山の男はすごいね

DSC_6166_008.jpg
ほぼ完成
上から区長が指示を出します
あ! 私?
私は広報担当で撮影・・・
と言うわけにも行かずチョコッとお手伝いをしました

DSC_6167_009.jpg
橋が完成
手前の流れた石の橋は人力ではどうすることも出来ず、このままでしょうね

DSC_6168_010.jpg
渡ってみました
倒木なので木その物が半分腐りかけているので十分とは行かないでしょうが、滅多に人が来ない場所なのでこれで十分です
秋の台風にはまた流されるでしょうけどね^^

DSC_6169_011.jpg
もう一つの橋
ここには2本に橋が架かっていて、この木の橋は流されていませんでした

DSC_6171_012.jpg
名も無い花
実際には名前があるのでしょうが分かりません
石の間に咲いていました

DSC_6172_013.jpg
同じ花?
先ほどのはまだ蕾でしたが、この花は咲いています
可憐ですねぇ~

DSC_6173_014.jpg
滝に到着
お堂が奉られています
私が子供のころは、この滝で修行されている方がおられました
私も修行した方が良いかもね

DSC_6195_016.jpg
不動の滝
多分 こう呼ばれていたと思います
台風の大雨で水かさが増えています
ここにはもう一つ、右側に滝があります 今回撮影していません
源は同じなのですが、上で2つに分かれているそうです
実際に登ったことがないのですが・・・

DSC_6199_019.jpg
記念撮影
みんなでお堂にお参りして記念撮影です
さて、私はどこにいるのでしょうか?

DSC_6196_017.jpg
奉納?
昔々にどなたかが奉納されたのでしょうね

DSC_6197_018.jpg
不動明王
滝の中腹に彫られています

流れた橋の修復も終え、お参りも済ませたので今回の作業はこれで終わりました
現地解散です^^

DSC_6204_021.jpg
ウラジロ
来た道をトボトボと帰ります
森林浴を楽しみながらの帰りです
ま! 家その物が田舎なものですから、毎日森林浴をしているようなものですけどね

DSC_6208_023.jpg
大和平野
左隅に 二上山 が見えます
我が家は、この右側でフレームアウトしています

高齢化と過疎化が進むこの村ですが、やはり生まれ育ったところは良いですね

とんど 2015

小生の村で今年も恒例のトンドが 1月11日に実施されました
風が強くて、少し雨も降り天候はあまり良いとは言えませんでした

DSC_5292.jpg
点火前
朝から役員の方が組み立てられました


[広告 ] VPS


風が強いので点火する場所(火口)を風下にしたためテッペンまで燃え上がらないまま途中で倒れてしまいました
倒れる前後の風景を動画で見られます

DSC_5297.jpg
倒れた トンド に当りながら ぜんざいを食べています

DSC_5301.jpg
正月飾りなどを持ち寄り燃やしました
(当然ですが小生が作った門松もこの中で燃えてしまいました)
小生が子供の頃は近所の田んぼで夕方日が沈んでから燃やしたものですが
昨今では火災の心配もあるので休日(成人の日)の昼間に燃やします

DSC_5341.jpg
後ろに見えているのが 三輪山です

この日でお餅を焼いたり、書き初めを燃やしたりしたものです
小生は書き初めを燃やした記憶がないので、字が下手なのはそれが原因かもしれません

DSC_5382.jpg
お餅を焼いて、ぜんざいが振る舞われます
美味しいお餅ですが、ぜんざいが甘過ぎました
(来年は、お湯が必要かも・・・)

DSC_5378.jpg
役員の方も ぜんざいを・・・

みんなが一斉に 『マスク~』
早く食べたい気持ちはわかるのですが、マスクをしては食べられないよ^^

DSC_5381-1.jpg
やっと食べられるね

準備などご苦労様です

DSC_5384.jpg
トンドの後の消火訓練
いざって時にあわてないように一度は経験しておいた方が良いですね

DSC_5387.jpg
消火器は10秒程度しか噴射しないので初期消火のみです
炎が大きくなれば、何はともあれ逃げましょう

実際に使う事がないように願っています

※ 錆びた消火器は危険です
消火器にも使用期限があります
特に底などが錆びてしまった消火器はレバーを握った瞬間に容器に高い圧力がかかり錆びた底が抜けてしまう事があります

DSC_5399.jpg
バケツリレー
昔からの消火方法です
みんなが協力し合って火を消すのですが、我が村も少子高齢化で平日の昼間はお年寄りだけになる事が多いです
まずは 【火の用心】 火を出さない事が大切です

DSC_5400.jpg
無事鎮火

煙のように見えますが、水蒸気です

最後に
役員の方、並びに協力していただいた方々に感謝です

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 近所の出来事

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント