fc2ブログ

元乃隅稲成神社~帰宅

3月7日(水)
ホテル西長門リゾートを9寺過ぎに出発しました
目指すは 元乃隅稲成神社 (もとのすいなりじんじゃ) です

気付かれました?
通常 稲荷神社 と書くのですが、ここの神社は 稲成神社 と書きます

fuji_0412-1.jpg

元乃隅稲成神社
観光客が増えたので、駐車場の拡大工事がされていました
元の駐車場は5~6台程度しか駐められなのです

fuji_0414-1.jpg

一躍有名になった千本鳥居です
神社などでは 御神体 などがあるのですが、何処なのでしょうか?

fuji_0417-1.jpg

朱印所
社務所などがない神社なので、プレハブでにわか仕立ての小屋にありました
印刷された朱印で、日付は自分で記入しなければなりません 代金は 心付け とのことでした

fuji_0419-1.jpg

鳥居の上部に 賽銭箱 が設置されていて、投げて入れば願い事が叶うとの事です
私としては、お金を投げ捨てる感覚でしたので、この賽銭箱には入れませんでした

fuji_0421-1.jpg

鳥居の横に小さな 賽銭箱 が備え付けられているので、そちらに入れさせて頂きました

fuji_0425-1.jpg

千本鳥居は岩場の先端に続いています
鳥居の寄贈された日付を確認したら 平成25~27年程度が多くまさに最近人気が出たのが見て取れます

fuji_0427-1.jpg

鳥居をくぐって、岩場に来ました

fuji_0431-1.jpg

岩場の最先端です
岩場にも祠が2カ所設置されています
海洋の航行の安全を願っての祠なのでしょう

fuji_0434-1.jpg

この岩場が 龍宮の潮吹き です

fuji_0439-1.jpg

激しい日本海の波が打ち寄せ、岩壁の穴に流入して高く吹き上がる現象が龍が天に昇る様子に似ているので名付けられたそうです

fuji_0448-1.jpg

車の駐める所が工事中で、近くの空き地の駐めました
そこは、断崖の際で一歩間違えれば海に真っ逆さまです
そこからの 龍宮の潮吹き 風景の方が良く見えました

fuji_0452-1.jpg

千畳敷 にやって来ました
千畳敷と言えば、和歌山県の白浜を思い浮かべるのですが・・・

fuji_0455-1.jpg

海が展望できる 広場 です
広い公園のような場所です

fuji_0457-1.jpg

ボール遊びをしたら、海までコロコロ・・・

fuji_0458-1.jpg

ドウダンツツジ や  などが植えられていて、広い広場を回遊出来るようになっています

fuji_0460-1.jpg

右側がドウダンツツジで春の花と秋の紅葉が楽しみですね

fuji_0462-1.jpg

センザキッチン
今年の4月に観光施設から 道の駅 にリニューアルオープンするらしいです

fuji_0464-1.jpg

こちらで昼ご飯にします

fuji_0465-1.jpg

海鮮丼です
今回の旅行では海の幸の食事が多いです

fuji_0466-1.jpg

橋を渡って 青海島 に来ました

fuji_0467-1.jpg

メモリアルロードとも呼ばれています

fuji_0474-1.jpg

最初は山道だったが、海岸が見えてきました

fuji_0475-1.jpg

十六羅漢 と呼ばれる岩の集まりです

fuji_0481-1.jpg

島を一周する 青海島クルージング があるそうですがフェリーの時間があるので、クルージングの時間がありません

fuji_0484-1.jpg

約1時間20分で島の周りを巡って貰えます
代金は ¥2,200 で割安と思います

fuji_0489-1.jpg

海からは洞窟のような岩なども見る事が出来ます
ダイビングスポットもあるようで、何時かはダイビングにチャレンジしてみたいです

DSC_2408.jpg

関門海峡大橋です 山口⇒九州
当然 隣の友人の撮影です

fuji_0494-1.jpg

新門司港に戻ってきました
南港行きのフェリーです

fuji_0495-1.jpg

雑魚寝は辛いので、帰りは 一等 で帰ります

fuji_0497-1.jpg

空港のダラーのようなのがあり、車無しで乗船のみの方が使います

fuji_0498-1.jpg

車が積み込まれます
帰りも低床車両とのことで、別に乗り込みました

fuji_0502-1.jpg

出港です
名門大洋フェリー の従業員達が見送りの手を振ってくれました
ちょっと感動!
帰りも 瀬戸内海に掛かる三大大橋を通過するのですが、時間が遅いので撮影は諦めました
翌日 8日5時に南港到着です

スポンサーサイト



ホテル西長門リゾート

3月6日(火)
角島の近くの ホテル西長門リゾート に宿泊予定です

fuji_0405-1.jpg

ホテルの駐車場でも 夕陽 が撮影出来るらしいのですが、太陽の角度をみたら島に沈む可能性もあるので、夕方にもう一度 角島 に撮影に行く予定です

fuji_0404-1.jpg

夕食は 19:00 の予定なので、チェックインをして、休憩してから出掛けたいと思います

fuji_0399-1.jpg

裏庭には キティーちゃん の葉牡丹が植えられていました

fuji_0382-1.jpg

海沿い側は総一面のガラス張りで、部屋の窓から 角島大橋 が展望できます

800_6626.jpg

改めて 角島の灯台付近に来ました
風が強い!

800_6635.jpg

三脚が倒れそうなので、通常より広く脚を広げて撮影しました

800_6644.jpg

隣で ガラケイ で撮影していた高齢のおばあちゃんが 『使い方が分からない』 と聞いてきました
説明している間に日が沈んでしまいました (^_^)

800_6652.jpg

本来なら、この後1時間程度ねばって マジックアワー(黄昏) を撮影するのですが、風が強いのと夕食の時間もあり、撤収しました

fuji_0383-1.jpg

ホテルの部屋に戻ってきました
ホテルに申し込んでおいたら、20時から灯台へのナイトツアーがあるそうですが、風が強くて寒いのでパスしました

fuji_0389-1.jpg

ホテル西長門リゾートでの夕食です
待望の てっさ も付いていました (^.^)

明日は早く出掛けて時間内にフェリー乗り場に行かないと乗り遅れてしまいます
お風呂に入り、早めに就寝します



3月7日(水)
朝食の時間です

fuji_0402-1.jpg

大橋の見えるロビーのラウンジです
食事はこの奥でバイキング方式で頂きます

fuji_0400-1.jpg

バイキングでの朝食です
しっかり食べて今日も頑張りましょう

準備をして出発です
元乃隅稲成神社 に向かいます

角島

3月6日(火)
福徳稲荷神社から国道191号線を北上
途中に道の駅があり立ち寄りました

fuji_0329-1.jpg

道の駅 北浦街道 豊北
えぇ~ 休みやん
昼飯を食べる予定でしたが、第1・3火曜日が定休日でした

fuji_0332-1.jpg

道の駅の横にある古墳です  
展望台も併設されています

fuji_0334-1.jpg

和久古墳
内容を読めば、地元では 鬼のカマド と呼ばれているそうです

fuji_0331-1.jpg

古墳の展望台からでも 角島大橋 が見えます
左側が 角島 で 真ん中が 鳩島 右が 本州側 になります
鳩島が橋桁のように見えますが、橋は一本物です

fuji_0339-1.jpg

角島大橋の横の 海士ヶ瀬公園 あまがせこうえん の駐車場に車を止めて、写真撮影です (^.^)

fuji_0338-1.jpg

角島大橋
雲はあるが晴れています
むっちゃ風が強いです

fuji_0342-1.jpg

思わず わぁ~ って叫びたい気分です
道の中央からの撮影です
※ 信号のない丁字交差点ですので、車に注意して下さい

ちなみに、三叉路を T字(アルファベット)ティー 交差点 と思っておられる方がいらっしゃいますが、正しくは 丁字(漢字)テイ 交差点 なのです

fuji_0357-1.jpg

交差点の左に高台があり、展望台になっています
この撮影は、交差点の後ろの高台です
道路があり近くに民家があるので、駐車時は迷惑になら無いようにして下さい

fuji_0356-1.jpg

有名な撮影スポットです
平日なので渡る車が少ないです
やはり、写真としては車がアクセントになりますね 
赤い車が走って欲しかった ( ^o^)
橋を渡って 角島 に行きます

DSC_2378.jpg

橋を渡っています
他に写真を撮って居られる方のサービスで オープンカー で走ります (^_^)
寒さにこらえて走ります
当然 横の友人が撮影しました

fuji_0359-1.jpg

島にある 物産店 しおかぜの里 角島 での食事です
イカ焼き定食 です
他に食事が出来るのは 夢﨑(改修中) 角島テラス(外での食事なので、風が強すぎて断念)

fuji_0363-1.jpg

角島灯台公園 に来ました
個人が経営の駐車場に車を止めました
管理のおじさんが 『通常は ¥300 だけど、今日は風が強いので ¥200 にします』 って・・・
ラッキーでしたが、¥100 払ってでも風を止めて欲しかったです (^_^)

fuji_0364-1.jpg

本来は拝観料を払えば灯台に登れるのですが、今日は風が強いので拝観は中止となりました

fuji_0362-1.jpg

灯台からの風景です
公園になっているので付近を散策してみます

fuji_0367-1.jpg

風がなければポカポカの温かい春の海なのでしょうが・・・
帽子が飛ばされそうです

fuji_0368-1.jpg

夕陽の撮影スポットですので、夕方に改めて来ようと思います

fuji_0377-1.jpg

強い風で海が荒れています

fuji_0372-1.jpg

鳥居がありました
大きな石は、投げた訳ではないだろうね 

DSC_2383.jpg

角島から見た大橋です
一旦ホテルに入り、チェックインを済ませます
※ 友人が撮影しました

福徳稲荷神社

3月6日(火)
角島に行く前に 福徳稲荷神社 に寄りました

fuji_0305-1.jpg

国道191号線沿いにあります
気を付けて走らなと見過ごしてしまいそうです

fuji_0306-1.jpg

海沿いで 響灘 が一望できます

fuji_0307-1.jpg

神社の正面です
天気も良く、青い空と真っ赤な鳥居が映えています

fuji_0308-1.jpg

本殿
社務所からの風景です

fuji_0309-1.jpg

本殿前の石段下からの撮影です

fuji_0314-1.jpg

本殿
平日なので、ほとんど観光客がいません

fuji_0310-1.jpg

石段の途中から撮影

fuji_0311-1.jpg

本殿前から鳥居を撮影
海 響灘 がとても綺麗です

DSC_2357.jpg

ここにも千本鳥居があります
伏見稲荷大社 を思わせられます
※ 同行した友人の撮影です

fuji_0317-1.jpg

どうやら長いようです
海沿いの近くまで続いているようです

fuji_0320-1.jpg

何処までも続いていそうです

fuji_0318-1.jpg

夢を壊すようですが・・・
木の鳥居と思ったが 実は塩ビパイプに朱のペンキ を塗っています

fuji_0321-1.jpg

千本鳥居の最後まで来ました
国道と海が望めます

fuji_0328-1.jpg

境内に戻ってきました

fuji_0315-1.jpg

これから行く 角島 や 元乃隅稲荷神社 と同様に、この神社も観光地になるでしょうね ( ^o^)

新門司港~下関

3月5日(月)から3月8日(木)に掛けて、山口県に旅行に出掛けました
友達から 南港⇔新門司港 (名門大洋フェリー) の割引チケットを頂いたので、それを利用いたしました



3月5日(月)
フェリーの出航時間が 17時 と遅く、新門司港に到着は 5時30分 と早朝です
乗船準備もあるので 16時 に南港に到着です

fuji_0201-1.jpg

乗船予定の きょうとⅡ号 です
雨も降り風も強く寒いです
私の車は車高が低いのでトラックと同様のフラットな甲板に誘導されました

fuji_0202-1.jpg

船室は5階の 2等和室 雑魚寝 です
女性専用の 2段ベット の部屋もあるようで、申し込めば利用できるようです
上の写真は、6階の後部展望デッキからの景色です

fuji_0204-1.jpg

航跡
17時の定時出港でした
左側に少し高いビルが見えるのが あべのハルカス でしょうね

fuji_0215-1.jpg

船はもとより、ホテルなどに行った時に必ず行うのが 避難口の確認 です
ホテルなどで 非常ベル が鳴っても周りの様子を見て何も動かない人達が居られます 正常性バイアス と呼ばれる状態です
何処で火事か?は消防の仕事で、客は確認する必要はなくすぐに避難するのが個人に与えられた役目なのです
何故なら、災害に巻き込まれたら、その人を救う為に余分な負担を掛けてしまい事になるのです
自分の命は自分で守らないとね

fuji_0217-1.jpg

18:10 明石海峡大橋です
橋をくぐる前
車で渡るのは良くある事ですが、こうして橋桁の下を見るのは船でないと出来ない事ですね

fuji_0220-1.jpg

橋をくぐり終えた風景
むっちゃ寒いわ、風は強いわで最悪の状態でした

fuji_0230-1.jpg

船尾からの明石海峡大橋です
橋の観光クルージングじゃないので、スピードは巡航速度で航行
橋だからと言って低速にはして貰えません

fuji_0235-1.jpg

21:35 瀬戸大橋
橋をくぐる前です
真っ暗で高感度で撮影

fuji_0237-1.jpg

瀬戸大橋をくぐり抜けました
早春の海を楽しむ気分は全くなく、春の嵐で風が強い

瀬戸内海には 明石海峡大橋  瀬戸大橋 もう一つ尾道と今治を繋ぐ 来島海峡大橋 しまなみ海道があります
三番目の 来島海峡大橋 を通過するのは 23:50 頃になるので、撮影はパス
新門司港に 5:30着 なので、寝過ごさないように早めに寝ます



3月6日(火)
新門司港に到着です

fuji_0239-1.jpg

朝 5:30 やっぱり暗い
何処もまだ開いていないようだし・・・

fuji_0243-1.jpg

めかりPA (九州) から見た関門海峡に架かる 関門橋 です
ここを渡って、本州の下関に行きます

fuji_0262-1.jpg

下関の 唐戸市場 に来ました
市場なので 5時 から開いています

fuji_0252-1.jpg

市場内
流石に下関
ふぐのオブジェが市場内のあります

fuji_0249-1.jpg

市場の入口付近にはセリの風景を表わした彫刻があります

fuji_0254-1.jpg

2階から市場内が見る事が出来ます

fuji_0259-1.jpg

この時間はすでにセリは終わっているので、その風景は見る事は出来ませんでした

fuji_0257-1.jpg

ここで朝食をします
海鮮丼です
市場内なので新鮮で美味しかったです
市場だからと言っても特別安い訳でもなかった ( ^o^)

fuji_0260-1.jpg

市場内のいけすです
中は、全てふぐです

fuji_0263-1.jpg

フランシスコザビエルが下関に上陸した碑だそうです

fuji_0264-1.jpg

唐戸桟橋から 巌流島 に渡る連絡船です
巌流島に渡ります
10分程度で渡る事が出来ます

fuji_0266-1.jpg

連絡船からの景色です
下関水族館横の大観覧車が見えます
連絡船の窓からの撮影です

fuji_0269-1.jpg

巌流島に到着です
ここでも風が強いです

fuji_0270-1.jpg

立て札には おふれがき が書かれています
島に於ける諸注意義務が書かれています

fuji_0271-1.jpg

巌流島にある神社です
舟島神社です

fuji_0274-1.jpg

ここがビューポイントだそうです
奥に 関門橋が見えます

fuji_0276-1.jpg

佐々木小次郎 と 宮本武蔵 の像です

fuji_0283-1.jpg

伝馬船です
当然 当時の船が残って居る訳ではないので、イメージして造られたそうです

fuji_0285-1.jpg

どうやら、砂浜も人工の浜だそうです

fuji_0289-1.jpg

佐々木巌流の碑
戦いで敗れた佐々木小次郎を弔うために建てられた碑だそうです

fuji_0291-1.jpg

そんなに大きな島でもないので30分程度で見学が出来ます

fuji_0292-1.jpg

島の中の休憩所に書かれた決闘の風景です
よーく見ると 関門橋 も描かれています ( ^o^)

fuji_0293-1.jpg

何故か、坂本龍馬とお龍さんが描かれています
読んでみると、下関に住んでいた事があり、ある夜この巌流島に渡って花火を打つ上げたとの事
有名人になれば、何をやっても伝説になるもんですね

fuji_0296-1.jpg

唐戸桟橋に戻ってきました
しばらく辺りを散策します

fuji_0298-1.jpg

港には、誰かが海落ちても救助できるように浮き輪が設置されていました

fuji_0300-1.jpg

ここからでも、関門橋が見れます

fuji_0301-1.jpg

天気も晴れて穏やかな海に見えますが、風は強いです
手前の建物は 水族館 のようです

fuji_0303-1.jpg

この唐戸桟橋からは、門司港に向かう航路もあります
これから、車を走られ 角島 方面に向かいます
今回の旅行のメインポイントです

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 山口県下関・長門

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント