fc2ブログ

秘境の滝

本日 26日朝から滝の道の整備に村の人たちと出かけました
秘境と言っても我が家から歩いて1時間もかからない距離ですけどね

DSC_6149_001.jpg
我が家
8時に集合なのですが、途中の道すがら撮影
中央に見えるのが我が家です

DSC_6209_024.jpg
米の花
田んぼの苗もスススクと育ち花が咲き始めています
お米って花が咲くの? って方もおられるでしょうが 当然、実がなる以上花も咲きます
ちなみに、この時期の米の消毒は花が閉じた夕方に行います

DSC_6150_002.jpg
青空
さわやかな夏の青空です
今日も暑くなりそうです

DSC_6151_003.jpg
栗の実
集合場所にあった栗の実
イガイガもまだ柔らかく痛くないです

DSC_6207_022.jpg
山道
所どころ、草などを刈りながら滝の入り口を目指します
谷を渡る風は涼しく、聞こえるのは鳥のさえずりと川のせせらぎの音
時折 ウグイスも鳴いています
今時ウグイスが鳴くの? っと思われるでしょうが、当然鳥ですから鳴いています
春を過ぎたら、ウグイスは死んじゃうと思っておられる方はいないでしょうが、夏は山の中に住んでいます

以前にもお話しましたが 梅にウグイス はあり得ません
明るいところに咲く梅に 暗いところを好むウグイス この組み合わせはないのです
梅の花の蜜を吸っているのはメジロです

DSC_6156_004.jpg
道しるべ
滝の入り口を示すものですが、サッパリ読めません
これからが、本格的な作業となります

DSC_6202_020.jpg
シダ類
滝から流れる川沿いの急な細い道を登っていくのです

DSC_6159_005.jpg
山道
まさに秘境と言うに等しい難所です
はっきり言って、道と言えるのかどうか・・・
人が歩けば道になる と誰かが言ったように、歩いて道を作るようなもんです

DSC_6164_007.jpg
流れた石の橋
チョコバーのような石が川の中に2本見えると思うのですが、台風の大雨でこの石の橋が流されてしまいました
水の力というか、自然の力はすごいものがあります

DSC_6163_006.jpg
難工事?
流れた石の橋の代わりに、倒木(間伐材)などで、新たな木の橋を作ります
山の男はすごいね

DSC_6166_008.jpg
ほぼ完成
上から区長が指示を出します
あ! 私?
私は広報担当で撮影・・・
と言うわけにも行かずチョコッとお手伝いをしました

DSC_6167_009.jpg
橋が完成
手前の流れた石の橋は人力ではどうすることも出来ず、このままでしょうね

DSC_6168_010.jpg
渡ってみました
倒木なので木その物が半分腐りかけているので十分とは行かないでしょうが、滅多に人が来ない場所なのでこれで十分です
秋の台風にはまた流されるでしょうけどね^^

DSC_6169_011.jpg
もう一つの橋
ここには2本に橋が架かっていて、この木の橋は流されていませんでした

DSC_6171_012.jpg
名も無い花
実際には名前があるのでしょうが分かりません
石の間に咲いていました

DSC_6172_013.jpg
同じ花?
先ほどのはまだ蕾でしたが、この花は咲いています
可憐ですねぇ~

DSC_6173_014.jpg
滝に到着
お堂が奉られています
私が子供のころは、この滝で修行されている方がおられました
私も修行した方が良いかもね

DSC_6195_016.jpg
不動の滝
多分 こう呼ばれていたと思います
台風の大雨で水かさが増えています
ここにはもう一つ、右側に滝があります 今回撮影していません
源は同じなのですが、上で2つに分かれているそうです
実際に登ったことがないのですが・・・

DSC_6199_019.jpg
記念撮影
みんなでお堂にお参りして記念撮影です
さて、私はどこにいるのでしょうか?

DSC_6196_017.jpg
奉納?
昔々にどなたかが奉納されたのでしょうね

DSC_6197_018.jpg
不動明王
滝の中腹に彫られています

流れた橋の修復も終え、お参りも済ませたので今回の作業はこれで終わりました
現地解散です^^

DSC_6204_021.jpg
ウラジロ
来た道をトボトボと帰ります
森林浴を楽しみながらの帰りです
ま! 家その物が田舎なものですから、毎日森林浴をしているようなものですけどね

DSC_6208_023.jpg
大和平野
左隅に 二上山 が見えます
我が家は、この右側でフレームアウトしています

高齢化と過疎化が進むこの村ですが、やはり生まれ育ったところは良いですね

スポンサーサイト



舞鶴 (アジサイ園)

舞鶴港から少し山手に入ったアジサイ園に来ました

800_1481_002.jpg
アジサイ園の入口です
園内はかなり広いのですが時間も限られているので地図を見ながら目的の場所へ・・・

800_1453_009.jpg
オブジェ
途中で見つけたオブジェですが、何を意味しているのかサッパリ解りません?
チョコレートを誰かがかじったイメージしかわかないのは感性が低いからなのでしょうかね

800_1455_008.jpg
アジサイの咲いている場所に行く途中です
何となく雰囲気が良かったので撮影しちゃいました

800_1456-1_007.jpg
少女
同じ場所で園内で遊ぶ少女を発見
ピンクの服が緑に映えていて良い感じなのですが、少し欲を言えば もう少し少女の位置が左の方が良かったです
瞬間的に発見した風景なので思うようには行かないです

800_1476_004.jpg
園内には沢山のアジサイが咲いていましたが、ほとんどがブルーのアジサイでした
何の編綴もないアジサイなので持って行った和傘を入れてみました
フリル付きの傘と同時に、この和傘も持って行きました

800_1473_005.jpg
下地窓
最初は降るか降らないかの微妙な雲いきだったのですが突然の大雨で近くの小屋に避難
この窓、ネットで調べてみました
茶室で使われる 下地窓(したじまど) と呼ぶようです
確かに普通の家では使わないですよね
冷暖房が効かないし無用心だしね・・・


800_1479_003.jpg
傘とアジサイを合わしてみました
傘を左手に右手のカメラで、ちょっと辛い姿勢での撮影です

800_1483_001.jpg
アジサイ
全体的にブルー系が多かったのです
時間の関係と雨が降ったために園内全部を回ることが出来ませんでした

帰りに とれとれ市場に寄ってお土産を買って帰ります

安保法案について

先日、国会で『安保法案』が与党単独で衆議院で可決いたしました

与党、国民からも反対の意見が多数出されていますが、皆様はどう考えられますか?
最初に申し上げると、私は賛成派です

この法案が通れば戦争をする国になるとよく言われますが、何年前の話をされているのでしょうか、はなはだ疑問に思います
戦前の日本ならその可能性は大いにありますが、あれから70年ですよ

徴兵制が復活するとか、ばかげたことを言っている議員さんもおられますが、今の戦争でど素人が参加すると足手まといになるだけで邪魔なだけです
知っておられるのかしれませんが、今の地雷は踏んでも死なないんですよ
なぜなら、怪我をさせた方が仲間の兵士がその人を助けるので戦力を落とすことが出来るのです
それと同じで、民間人がにわか戦闘員になれば邪魔なだけです

この70年、平和な日本を保たれたのは憲法7条があったからだと本当に思っているのなら、お人好しも良いところです
日米同盟で強いアメリカが後ろにいたからこそ、この平和が保たれていたのです

そのアメリカも世界の警察を辞めると言いだし、鳩山政権が2009年に 『最低でも県外』 の発言で日米同盟に揺らぎが生じてしまいました
翌年、2010年には中国が尖閣列島に進出し衝突事件が発生しました
前年のあの発言がなかったら、衝突事件は起こらなかったかもしれません

習近平 中国国家主席が北京でケリー国務長官との会談で 「広大な太平洋には中米二つの大国を受け入れる十分な空間がある」 と語った事から、中国が何を考えているのか想像が出来ますよね
そんな情勢の中で、現状維持でこの国は守れるのでしょうか

変化を恐れる日本国民性を今変えなければならないと思います
会社に入った時に聞かされませんでしたか? 茹でカエルの話・・・
ぬるま湯に浸かっていて、知らないうちに茹でられてしまうカエルの話です
今の日本人はそのカエルそのものです

今 世界中に日本人が活躍していますが、その国で動乱や戦争が始まったら誰がその人たちを救うのでしょうか?
今の法案でも自衛隊が出動できる可能性は少ないでしょう
日本人は、日本にだけに住んでいるのではないですよ
自国民を救えない国って本当の国家と言えるのでしょうか

野党は、この法案が通れば自衛隊のリスクが増えるのではないかとの意見がありましたが、当然増えるでしょう
場合によれば自衛隊員に被害者が出るかもしれません
じゃあ、日本を守るために、アメリカ兵は死んでも良いが自衛隊員は死なないで欲しいというのですか?
本当に身勝手な話ですよね

本当にそう願うのなら、もっとアメリカの基地を日本増やし税金も上げて、アメリカの軍事費を援助しないといけないのではないでしょうか?
誰のための日本で、誰がこの国を守るのですか?
自ずと答えは見えてくるでしょう

全世界が日本と同じ考えなら戦争なんか起きないでしょうが、悲しきかな日本と同じ考えの国なんて無いです!
日本国内でも犯罪があるように世界にはそのような国がまだまだ存在するのです
特に日本近辺にはそのような国が存在しているのです

小野寺元防衛大臣が国会で 「現行法律の中では、PKO活動の人たちを守るには、自衛隊員が自らその人たちの盾となって身を危険にさらし相手が撃ってきてからでないと反撃できない」 と語っていました
相手に攻撃の意思があっても撃つことが出来ないのです
最初の一発で自分が死ぬかもしれないのに撃つことが出来ないのです

私、この話を聞いて込み上げるものがありました
知っておられる方もおられるでしょうが、五年前に最愛の妻を病気で亡くしております
だから、残された家族の思いというのが、すごく解るのです
このような状況で亡くなられた方の家族に憲法があるから仕方ないと誰か言えますか?

以前、中国海軍が日本の護衛艦に向かって攻撃照準レーダー照射事件がありましたよね
普通の国なら即攻撃して戦争になったでしょうね
憲法9条が歯止めとなって撃つことが出来なかったから戦争にならなかったという方がおられるでしょうが、大きな間違いです
普通の国なら、中国もレーダー照射そのものも行わなかったでしょう
これが抑止力なのです

中国・韓国・北朝鮮が日本をなぜ嫌うか解りますか?
地図を見れば一目瞭然
太平洋に出るのに、日本がその通路をふさぐような位置にあり、目ざわりなのです
自分の家を出たら目の前に他人の塀があるようなもので邪魔で仕方が無いのでしょうね

地図の話が出たところで・・・
先日ブログにも書いたことですが、Facebookに記載されたお話しです
『ホルムズ海峡を封鎖されれば、陸路があるやろ』 との掲載がありました
バカ丸出しの意見で笑ってしまいました

タンカーの大きさを全く解っていないのか?
どんな大きな車で運ぶんやろ?
どの国を通るのやろ?
まず、通らせてくれないやろし・・・
途中でガソリンがなくなったら、積んでいる油を使うの?
日本に到着したころにはなくなっているんじゃないの?
ツッコミどころ満載でした

こんなバカがマスコミに踊らされてデモをしているのかと思うと、デモをしている人たちが馬鹿の集まりにしか見えなくなってしまいました
国民の意思を無視するなと国会前でのデモを行っているようですが、国民の意思を無視してでも通さなくてはならない法案あるのです
ギリシャがその良い例で、あのまま国民投票で国が動いていたらギリシャは滅んでいたかもしれません

何もしないで現状維持が一番楽なことは誰でも解りますが、世界も時代も変わっているのです
事なかれ主義は、そろそろ止めませんか?
自分だけ、日本だけが幸せだったらそれで良い・・・
その考え方って本当に正しいのですか?

この法案に賛成な人は戦争が好きだと思っていたら大間違いです
私は、この日本で戦争が好きな人間なんて一人もいないと信じています
人を助け、守るためには力が必要なのです
それは軍事力だけではなく、政治力、経済力、指導力・・・
力が無ければ誰も救うことも守ることも出来ません

この日本を国民を、そして自衛隊員を危険から遠ざける抑止力として、この法案が成立することを願っています

舞鶴 (赤レンガ倉庫) Ⅱ

昼食も終わって撮影再開

800_1406.jpg
ポール状の街灯です
ベンチとの位置関係で、しゃがんでの撮影です
普通に見ていると見れない構図ですが目線を替えることで見つけることが出来ます

年齢を重ねると、物事素直に見ることが出来ないのでしょうね

800_1414-1_015.jpg
今回 同行をお願いしたモデル?・・・
と、言いたいのですが 写真仲間の奥さんです
モデルとはほど遠い、ただのオバサ・・・ (失礼いたしました)

パラソルは特別ネットで購入しました
会社では変態だのなんだのと揶揄されましたが撮影用にこれからも時々使用したいと思います

800_1369_023.jpg
どことなく異国を感じさせるドアです

800_1434-1_009.jpg
大きな扉に取り付けられた小さなドア
”不思議の国のアリス”を思わされて撮影
と言いたいのですが、実はトリミングをして他の部分をカットしました

800_1439_005.jpg
懐かしい木の電柱と電球ですが、よくみるとLED電球なんですね
省エネは解るのですが・・・

800_1442-1_004.jpg
さび付いた大きな鉄のドア
時代を感じさせますが、私が注目したのは”立入禁止”の紙
鉄のドアだけではおもしろみがないので、アクセントとして画面に入れました

この後、アジサイ園に行きます

舞鶴 (赤レンガ倉庫)Ⅰ

舞鶴港の隣に赤レンガ倉庫があります
明治・大正時代に旧日本海軍によって建てられたレンガ倉庫だそうです

800_1419.jpg
石畳のレンガ倉庫
普通は横位置で撮影するのが筋でしょうが左右にベンチがあったので、石畳を強調する意味で縦位置で撮影しました
今にも雨が降りそうな天気でした

800_1431.jpg

アーチ状でどこか外国の扉のようです

800_1436.jpg
ポスト
緑のツタに真っ赤なポストが栄えています

800_1428.jpg
レンガ倉庫
1枚目と同じ場所での撮影
人が写っているから失敗と思われるかもしれませんが、わざと人が来るのを待って撮影しました
風景写真に人物は入れないとの考えの方もおられでしょうが、私は人物も風景の一部と考えいるので、人がいてもそれが邪魔にならず風景になじんでいればOKと思っています

800_1435.jpg
ツタ
歴史を感じさせますね

800_1425.jpg
窓際
雨が少し降ってきたので、雨宿りに土産店に入りました
土産店も赤レンガ倉庫の中です

私の写真の中にイスベンチを撮影したのが多いのです
それは・・・
そこに人がいなくても、存在感や生活感を感じられるからだと思うのです
ついつい撮っちゃうんですね

800_1401.jpg
海軍カレー
お昼で~す
旧海軍のカレーだそうです
辛口で美味しいですよ

毎週金曜日のお昼は今でも海上自衛隊ではカレーが出るそうです
曜日感覚を取り戻す目的があるとのことでした

800_1364.jpg
街灯
レンガ造りの建物に良く合ってますね

800_1367.jpg

花の名前は分かりませ~ん
風で花が揺れて、ピントが合っていません^^

800_1408.jpg
ツタ
赤レンガに緑のツタが栄えてますね
真っ赤に紅葉したツタも良いかもしれません

※次回に続く

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2015年07月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント