fc2ブログ

信州戸隠 (食事偏)

友人が名古屋からレンタカーを借りて長野の善光寺で合流
ここから、戸隠まで約一時間
ナビは付いているが、なぜか40年前の不確かな記憶を頼りに山道をひたすら進む
新しく戸隠バードラインが出来ていて、そちらが正解

DSC_6436.jpg
当てにならない記憶でも、何とか目的地の旅館に到着
私は初めてでしたが、友人は40数年前に訪れています

DSC_6421.jpg
客室
数年前に改装されたようで、きれいな部屋でした

DSC_6422.jpg
友人に寄れば、女将さんも30代の美人だったようですが・・・
40年という月日は残酷な物で・・・
そう言っている我々も、頭髪の賑わいも薄れ寂しい限りです

しばしの休憩の後お風呂へ
旅の疲れも癒やされたところで、お食事で~す

DSC_6423.jpg
まずは、乾杯~
右のグラスは食前湯の梅酒ですが、私の作ったのより美味かった
板前さんと思われる方が料理の内容を説明して下さるのですが
記憶にあるのは10数秒程度で、「これなんやったけ?」の世界

DSC_6426.jpg
地酒
生酒『渓流』 冷酒です
すでに半分ないやん!

DSC_6427.jpg
ぞばの実?
だったかな?
揚げています
すべて『蕎麦』づくし
半分酔っているので、順位不動です^^

DSC_6425.jpg
『そばがき』 です
酔ってても、これくらいは分かる

DSC_6428.jpg
茶碗蒸し
上に乗ってるのは、ベビースターでは有りません
蕎麦の味がしました

DSC_6429.jpg
天ぷら
蕎麦の味を利かした塩が付いてきましたが、高血圧の年代の我々は、天つゆで・・・

DSC_6430.jpg
戸隠蕎麦
塩をひとつまみパラパラと掛けて食べます
ご飯代わりのお蕎麦で、食べ放題です
とは言っても、すでに満腹感のある私は友人と追加で半分こ^^

DSC_6431.jpg
デザートです
これも蕎麦の風味ですが、すごくおいしい

この時期の観光客はシーズンオフもあって、我々を含めて4組でした

十分満足して部屋でバカ話と思いきや、もう寝取るやんけ!!
この夜、最悪の事態が・・・
イビキが・・・  途中イビキが止まっているが大丈夫か? 生きてる?
睡眠時無呼吸症候群ってやつかな?
私もその傾向があるようで、子供にそう言われました
本人は気が付かないのですね


 
朝で~す
って、結局寝れたのが4時間程度 
睡眠は時間じゃなく深さだから、ま!いいか・・

DSC_6434.jpg
1階の裏庭のススキ
ひとっ風呂浴びて、朝飯で~す

DSC_6433.jpg
朝ご飯
お蕎麦も良いけど、やはり朝はご飯だよね
いつも朝は食べない私ですが、ご飯を3杯おかわりしてしまいました

部屋に戻って、服を着替えて朝の散歩がてら、隣にある『宝光社』
もちろん、カメラ片手にブラブラ出掛けました

スポンサーサイト



信州戸隠 (善光寺)

11月の連休に高校時代の友人と長野県戸隠に1泊2日で旅行に行ってきました
6名の友人ですが、1名は30代で他界、1名は仕事上不参加との事で4名での旅行です
3名は高校卒業旅行で戸隠を訪れ、私一人がハミゴです  仕事で行けなかったのです

と言うわけで、長野の駅で待ち合わせでしたが、早く行った私はテクテク善光寺へお参り (撮影です)

DSC_6379.jpg
灯籠
長野駅前にあります
夜になると明かりが灯るのか定かではないのですが、さすが善光寺の門前町です

DSC_6380.jpg
町名?
道の端に、善光寺さんからの距離が示されているのでしょうか、所どころ点在しています

DSC_6384.jpg
お香の店?
門前の商店街ですが、歴史有るお店があります

DSC_6386.jpg
到着
20分くらい歩いて到着です
入り口の門はまだですが、ここまでは車で来れます

DSC_6387.jpg
山門です
ムチャ人が多いやん
阿吽の像が睨みを利かしていますが、どっちがどっち?
口を開いている方が阿形、閉じている方が吽形と言われています
とは言っても、ちとホコリが多いので、たまには掃除したら?

DSC_6388.jpg
わらじ
金剛力士像の柵に掛けられています
道中の安全と健脚を願っての奉納との事です
では、私も履いてきた靴を・・・
これから裸足かえ!

DSC_6392.jpg
お地蔵さん
ムチャかわいい地蔵さんです

DSC_6393.jpg
だれ?
地蔵さんのボス? この下に地蔵さんがおられました
帰ってネットで調べたら、延命地蔵でした
もっと拝んでおいた方が良かったような・・・ (前文撤回)

DSC_6397.jpg
証拠写真
お寺というのは何処も似ているので、善光寺さんに来たという証拠で撮影

DSC_6400.jpg
香炉
大きな香炉で、ムチャけむたい^^
狛犬さんが燻製に・・・

DSC_6401.jpg
お百度参り
お百度参りの数を数えるのに使用されるようです
どう数えても、80しかないやん? 残りの20は指?
足らないんですけど・・・

DSC_6403.jpg
鐘楼
本堂横につり下げてあります

DSC_6404.jpg
本堂内は撮影禁止なので横の通路を・・・

DSC_6407.jpg
香炉?
香炉だよね?
さっきもあったが、これは使われていないようです
本堂の前に置かれていました

DSC_6414.jpg
六地蔵
そもそも六地蔵って何だ?
で、調べてみました

人間が繰り返す六つの世界のことで、その六つの世界とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道のことです。
前者三つを悪道、後者三つを善道といい、この六つの道でそれぞれに迷い苦しんでいる人々を救うのが六地蔵だと言われています。

※ 『有限会社トミタのウェブサイトへようこそ』 を引用させていただきました

とりわけ、信心の乏しい私は前者に属するでしょうなぁ~
手前の方ちゃんと座りなさい、足が出てるよ・・・


DSC_6415.jpg
やさしいお地蔵さん
笑顔が素敵ですね・・・  小首をかしげているし・・・
癒やされますねぇ~

友達から電話が入り、最初の車が来られるところで待ち合わせ

DSC_6418.jpg
風格のあるホテル?
友達の車を待つ間に周りを撮影
格式が高そうな所です

DSC_6419.jpg
サンクチュアリーの店
ここなら入っても誰も文句言わないだろうけど、買っても飾るとこないし・・・

友人と合流
いざ、戸隠へ・・・

富士見高原 (長野恵那山)Ⅰ

後半です
実際にここがどこか分からない方がおられると思いますので、紹介しましと
中央自動車道、恵那山トンネルを抜けて園原インターを降りた近所です
恵那山トンネルってムチャ長いトンネルで、いつになったら出られるねん!
と思うようなトンネルです 実際は約8.5kmくらい有るようです

800_2189_015.jpg
ムッチャ空がきれいだったので (^_-)-☆

800_2205_014.jpg
映り込み
池に立木が映っていますが、若干の風に池の映り込みが揺らいでいます

800_2208_012.jpg
立木
しばらく待つと風が収まり、きれいに立木は池に反射して鏡のようです

800_2210_011.jpg
ベンチ
カラ松林をバックに、ベンチが2つ
出来ればこのベンチに人(うら若き女性)が欲しいところですが、いかんせん同行の女性はカメラを持ってウロウロ
まして、うら若きと言うには世間が許さないお年頃の方々でして・・・ ナイショ (^x^)

800_2213_010.jpg
森林浴
と言うには、すでに落ち葉状態です
こずえを小鳥がさえずりながら飛び交っていました

800_2223_008.jpg
昼下がり
晩秋のやわらかな日射しの中ベンチにたたずむ女性
って、ムッチャちっちゃい!

どこ?
左端のベンチに、バックを肩に掛けた女性? 
男かぁ?

800_2221_009.jpg
カラ松
よくあるパターンの写真ですが・・・
首が痛い!

800_2226_007.jpg
映り込み
先ほどの縦バージョンですが、結構ゴミが浮いています
足下は、ぬかるんでいて靴は泥だらけ・・・

800_2227_006.jpg
フクロウ
水辺の撮影を終わってやっと平地に戻ってきました

800_2229-1_017.jpg

ロッジみたいな所の薪です
白いのが1本気になったので (^_-)-☆

800_2232_005.jpg
フクロウ
こちらの方がリアルかもね

何気なく撮ってると思うでしょうが、後ろの右に木があるでしょ
しっかり構図に入れて撮影しているのですよ^^

意外と考えてるのです ヘ(∧∧;ゞ

800_2235_004.jpg
ランタン
先ほどとは違うランタンです
撮影にために移動しました
後で戻しますね^^

800_2245_003.jpg
ススキ
だいぶ日が傾いてきたので、そろそろ帰りの準備です

もうじき雪に包まれて、スキー場に変わってしましますが夏場は夜空の満天の星が見る事が出来るそうです
結構ロマンチックなようですよ・・・

次回は戸隠の旅行をアップします

富士見台高原 (長野県恵那山)

写真クラブで、岐阜県と長野県の県境にある恵那山の裾野にある富士見台高原に行ってきました
今年は11月というのに暖かくて、天気も良かったです

800_2259_001.jpg
ロープウエイ
紅葉は今年は何処もイマイチのようでした
普段もっと真っ赤に染まったと思います
ムチャ長いロープウエイでした

800_2143_007.jpg
山頂について早速、お昼ご飯でした
休む事無く撮影開始
空が撮っても綺麗です

800_2139_008.jpg
ロープウエイを降りて、まず飛び込んで来たのがこの景色!
カラ松の紅葉がムチャ綺麗です

800_2149_006.jpg
飛行機雲
思わず口ずさんでしまうユーミンの歌♫・・・
音痴なので止めときます

800_2153_005.jpg

ここは、スキー場のゲレンデでただただ、だだっ広いです
句読点が分からへん?

800_2113_002.jpg
枯れ木
空の青が印象的です

800_2111_001.jpg
今年は、赤い紅葉が見られないのか茶色ばかりです

800_2160_004.jpg
白い木
光が白い木に反射してカラ松も適度に紅葉
ムッチャ頑張った作品です^^

800_2164_003.jpg
ランタン
ゲレンデの数カ所に置かれていました
夜間の星を見るイベントもあるようです

800_2171_001.jpg
小路
風景ですが、撮影している私はムッチャ苦労しています
実は立っている位置が、小路から少し外れていて、道の斜面で落ちそうになりながらの撮影です

上の白い木も簡単そうに見えるのですが、足下は斜めの傾斜でムッチャ不安定です

と言うわけで、後半に続く・・・

21日から22日にかけて戸隠に行ってきましたが、それはまた今度アップします

奈良の秋 (みたらい渓谷)

先日、みたらい渓谷に行ってきました
山の方は秋本番でした

800_2270-1_005.jpg
みたらい渓谷
多くの木々が、木上でまっ茶になって紅葉が楽しめない昨今ですが、ここみたらい渓谷では綺麗な紅葉が楽しめました
残念ながら、木々の奥に車が止まっていますが分からない程度にごまかしています^^

800_2280_004.jpg
みたらい渓谷
手前のシダや、苔の石に落ちた落ち葉は少し演出をしています^^
ほんの少し早かったのでしょうか、紅葉は一部のみでこの場所以外はあまり綺麗なのが望めませんでした

800_2284_003.jpg
みたらい渓谷
この日は、もう一つのカメラ ハッセルブラッドを持っての撮影で、ムッチャ重かったです
流石 ハッセル!
と言うべきか、出来栄えはデジタルでは出せない色合いです

800_2290-1_002.jpg
みたらい渓谷
小さな小屋があり、その横のモミジが真っ赤でした
ここから吊り橋を渡って山に入ったのですが、撮影する場所が無くてすぐに引き返してきました

800_2297-1_001.jpg
みたらい渓谷
道を挟んで本来の渓谷に入っていったのですが、ほんの少し早かったようで、あまり紅葉はありませんでした
この写真は渓谷に入ったすぐ近くにある倒木ですが、ほとんどの人は気が付かないかもしれません
歩いている頭上にあるのです

残念な事に、本来は奥の山が暗くて、手前の木々に光が当る時間帯(16時以降)が良かったのですが
人は多いし、狭い急な上り坂の途中で長い時間止まっているのも迷惑なので諦めました

これから、ますます紅葉が進んでくるので、楽しみです

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2015年11月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント