fc2ブログ

イチゴ狩り

2月22日
三寒四温の昨今、比較的天気も良かったので明日香村にイチゴ狩りに出掛けました
※ 予約が必要です
明日香村のイチゴ狩りは 水曜・土曜・日曜・祝日の開催です
※ 明日香村内の14カ所で開園されています 
※ あすかイチゴ狩りパークでHPが検索できます

DSC_8558.jpg
ポスター
大人1人 ¥1,500で30分食べ放題です
平日の水曜日が空いていて狙い目かも・・・

DSC_8557.jpg
温室内で少し寒くても大丈夫です
11時の予約です

DSC_8541.jpg
⑧番 松原イチゴ園
電話で予約時に時間の予約をすれば、番号とイチゴ園の名前と住所を教えて貰えます
番号さえしっかり覚えていれば、近くまで行けば所どころにイチゴ園の番号案内があるので、安心です

DSC_8542.jpg
ハサミ
お金を払って受付を終われば、ハサミと小さなビニール袋がいただけます
食べたヘタをビニール袋に入れるそうです

DSC_8552.jpg
温室内
ハウスに案内され畝の間を指定されて、この間で食べて下さいとのこと!

DSC_8553.jpg
食べるぞ~!
品種は当然 あすかルビー ひと種類
イチゴが輝いています^^

DSC_8544.jpg
制限時間は30分
イチゴの位置は大人の腰の高さくらい

DSC_8548.jpg
白いビニールが敷いてあるので、イチゴの裏まで十分に光が当り、真っ赤です

DSC_8547.jpg
注意書き
入り口の所に注意書きが有り 赤いのを食べて下さい、先だけを食べるのは止めて下さい とのこと
赤い先だけを食べて、残りを捨てる人がいるのですね

余談
子供の頃、魚を雑に食べていたら親父に叱られました
この魚は、おまえに食べられるために生まれてきたのだから、綺麗に食べなさい!
それから、比較的に上手に魚を食べることが出来ます

DSC_8549.jpg
15分過ぎ
制限時間が30分て短い気がするけど、30分間イチゴを食べ続けろと言われても無理
かなりお腹がいっぱいに成ってきました

DSC_8555.jpg
大きなイチゴ
写真では小さく見えますが、大人の手のひらと比べれば、かなり大きいサイズがゴロゴロ

DSC_8550.jpg
20分過ぎ
食べるのも、しんどくなってきた!
11時に予約したのは、昼ご飯の代わり
昼から来て、デザート気分出来たら食べきれません^^

DSC_8554.jpg
食べかす
少し汚いですが、かなりの量を食べました
たぶん、3パック分以上は食べたかもしれません

DSC_8556.jpg
お土産
帰りに、入り口でイチゴのパックを1箱購入しました
小ぶりのイチゴを4パックで¥1,000を購入
スーパーでは安くても1パック ¥400程度なので、かなりのお得感

5月28日まで楽しめますので、春の暖かい日には行らしてみてわ!

午後から、明日香村をウロウロしました
スポンサーサイト



ハンドルカバー

ハンドルカバーを手編みのカバーに交換しました

ノーマルのハンドルは本革巻きで良いのですが、女性も乗るのを想定して細い物でした
一般サイズなので決して細すぎる訳ではないのですが、男性にとっては細く観じます
以前はイエローハットやオートバックスなどのパーツショップで購入していたのですが、あくまでカバーなので内側が空いていて不様でした

ネットで調べて、編み込みタイプのカバーを購入(^_-)-☆

DSC_8528.jpg
ノーマルのハンドル
本革使用でこれでも良いのですが・・・

DSC_8529.jpg
スイッチ類
一般市販のカバーですと、この辺りに隙間が出来てカッチョ悪い

DSC_8531.jpg
編み込みタイプのカバー
カバーの裏側に両面テープを貼って借り固定します
付属の糸と針で縫い込んでいくのですが、説明書がないのでネットでの類似の動画で学習しました

DSC_8532.jpg
取り付け編み込み完了
難しいのは編み始めと終わりの糸の始末です

DSC_8533.jpg
ステアリングバー
ハンドルには三カ所バーがあるが、この箇所が難関でいかに綺麗に仕上げるかが全体の仕上がりを左右します

DSC_8535.jpg
出来上がり
市販のカバーよりは細いけど、そこそこの太さとなり、仕上がりも満足です

だだおし

2月14日
世間ではバレンタインデイですが、奈良の長谷寺ではだだおしが開催されました
2月8日から14日まで行われる法要で無病息災、厄除開運を祈願する行事の最終日に行われます
三匹の鬼が松明に追われて本堂の回廊を逃げ廻ります

800_4831.jpg
五重塔
小雪混じりの雨が上がって目映い日射しが射しています
塔の屋根から湯気が出ています

800_4833.jpg
消防団
火を使う行事なので、最悪の事態に備えての準備です
その他、警察・報道陣なども来ていました

800_4836.jpg
消防団
時間は午後4時30分
3時頃かなの法要なのですが、鬼が走るのは5時前とのことで、ちょっと一息
肩から掛けているのは消火液で松明の後を追って火の粉の消火に当ります
手に持っているのが消火液に出るノズルです

DFS_1262.jpg
点火
本堂の裏で松明に点火します

DFS_1302.jpg
出陣
重さが60㎏ぐらいあるそうで数人で抱えての出陣です
ホラ貝が鳴り、鐘や太鼓が鳴り響き行事が始まります

DFS_1271.jpg
青鬼①
大きな身振り手振りで 『わぁ~』 『うぉ~』 などと叫びながら逃げ惑い、観客に迫ります
左の方は外国の報道の方のようです

DFS_1266.jpg
青鬼②
間近に来てちょっと迫力

800_4880.jpg
青鬼③
観客をにらみ付けます

800_4920.jpg
緑鬼①
緑の鬼が登場

DFS_1277.jpg
緑鬼②
狭い回廊を青鬼緑鬼が互いに逆廻りで回ります

800_4872.jpg
松明
鬼の後を松明が追いかけます

800_4883.jpg
鬼が鉢合せ
互いに牽制しながら鉢合せ

800_4858.jpg
にらめっこ
お互いにらみ合い

800_4860.jpg
すれ違い
牽制しあいながらのすれ違い

800_4893.jpg
松明のぶつけ合い
鬼は争わないが、松明が交差する時はお互い壊れない程度の接触が有り、火の粉が舞い散ります
この時に、落ちた欠片を家に持ち帰ると無病息災の御利益があるとか・・・

800_4895.jpg
松明の接触
3回程度 青鬼と緑鬼 お互いの松明の交差があり、その後に赤鬼が登場します

800_4947.jpg
記念撮影
お寺さんも撮影
音と歓声が気になるんでしょう
ちょっとパチリ (^_-)-☆

DFS_1305.jpg
赤鬼①
他の鬼とは違い、面の大きさが数倍大きいです

800_4941.jpg
赤鬼②
赤鬼も2~3回 回廊を回って行事は終了しました

鬼の仕草も迫力ありますが、松明が目の前や頭上を行き交うのは圧巻です
燃え盛る松明が頭上をかすめた時は撮影どころではなかった!!
夕方5時からの行事を1時過ぎから待った甲斐がありました

おもしろかったので、また来年来ようかと思います

なら瑠璃絵

なら瑠璃絵の初日に行ってきました
実施期間 2月8日~14日 (18:00~21:00) 

DFS_1140.jpg
桜の開花
メイン会場の入り口に咲いていました?
よーく見ると咲いているのではなく、咲いた枝を桜の樹に穴を開けて刺しているだけでした
開催まで時間があるので公園内をウロウロ

DFS_1176.jpg
興福寺南円堂
黄昏時 【トワイライトゾーン】
会場は5カ所程度有り、ここ興福寺もそのひとつです

DFS_1175.jpg
興福寺五重塔
ライトアップされています
月が出ています (月齢11.1) 十五夜のチョイ手前

DFS_1177.jpg
五重塔ライトアップ
*今回の撮影はニコンDfで、旧のマニュアルレンズ 50mm f2 AIニーコールレンズ を使用しました
ピントは勿論、露出も手動です

DFS_1178.jpg
夜参り提灯
無料で借りられ、ナビゲーターが会場を案内していただけます

DFS_1180.jpg
しあわせ回廊
会場の各所に設置されています

DFS_1182.jpg
奈良国立博物館
ここも会場の一部で、夜間拝観も実施されています

DFS_1188.jpg
お店
一般のお店で今回のなら瑠璃絵に関係ないですが、お店も一役買っているようです

DFS_1189.jpg
奈良春日野国際フォーラム会場
最初のメイン会場に戻ってきました
明るい時の桜の樹がライトアップされています

DFS_1196.jpg
冬七夕ロード
広大な広場がLEDで埋め尽くされています

DFS_1197.jpg
春日野国際フォーラム会館
会館のガラス窓に会場のLEDランプが反射しています

DFS_1199.jpg
冬七夕ロード
奈良らしく鹿もいます

DFS_1200.jpg
冬七夕ロード
会場内に願いの花たんざくを書いて取り付けることが出来ます
そのオブジェの頂点です

DFS_1202.jpg
少女
可愛いのでパチリ (^_-)-☆

DFS_1204.jpg
ドライアイス
水の流れの代わりをドライアイスで表現

DFS_1213.jpg
幻想の光
春日大社会場に向かう途中で霧に光を投影させていました

DFS_1214.jpg
幻想の光
刻々と色が変わっていきます

DFS_1217.jpg
幻想の光
ETが現れそうな雰囲気です
若い子はETを知っているのかな?
*スピルバーグが監督した映画です

DFS_1224.jpg
光の夜神楽
春日大社の参道で開催されていました

他にも会場があるのですが、寒いので途中で帰ってきました
14日まで開催されているので、お時間がある方は行ってみればいかがでしょうか?
14日には花火も打ち上げられるようです

豆まき 【西大寺】

2月3日 (節分)
西大寺で節分星祭祈願祭【豆まき】が行われたので、行ってきました

DSC_8508.jpg
節分
節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分で年に4回あります

DSC_8510.jpg
ポスター
pm14:00? 間違ってないか?
2回豆まきがあるそうです

DSC_8519.jpg
手水舎
笑門来福  (笑う門には福来たる)
手ぬぐいが吊下げられていました^^

DSC_8517.jpg
梅が開花
天気も良く、暖かい日和です

DSC_8513.jpg
豆まき会場
会場の愛染堂の前に観客が集合

DSC_8520.jpg
お説教
豆まきの前に、僧侶からの説教がありました
貰うだけでなく、施し(ほどこし)を行うのも、功徳だそうです

DSC_8521.jpg
豆まき
福娘? (女性10人・男性1人)
* 写真は2回目の豆まきで、1回目は男性7人でした

DSC_8523.jpg
当たりの豆
1回目
みんなが前に群がったので、同じように出来るだけ前に行ったが、投げるのが男性のため、取れたのが1個
2回目
今度は後方に構えたが、投げるのが女性陣でアララ・・・
それでも投げる量が多かったので4個をGET
合計5個の内、1個が当たりでした

DSC_8524.jpg
福袋
当たりの豆で、福袋をいただきました
1人で、3個も4個も貰っている方がありました

DSC_8526.jpg
福袋の中身
正直中身はたいしたことはないのですが、福豆を拾うことが出来たのと、その中に当たりがあったことが嬉しいですね

DSC_8527.jpg
福豆
恵方巻きを食べた後で、美味しくいただきました

※ 感想
豆まきに行ったのは初めてでしたが、冷静に状況を分析
傍から豆まきを見てみると、蒔かれる豆に群衆が右往左往している光景は、滑稽な物で・・・
まるで、池の鯉にエサをばらまいて鯉がエサを求めて奪い合っている状況に似ています
出来れば、蒔く方になりですね

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2017年02月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント