fc2ブログ

ホタル撮影

6月20日
ムシムシして風も無いので、これが最後の時期かと思い室生村の龍穴神社に行きました
ホタル見学用に駐車場が整備されてます

時間も19時を過ぎれば、ゾロゾロ車で沢山来られました
殆どがアベックというかカップルというか・・・

今回は一眼レフでの撮影で、しっかり三脚も用意しました
* JIS:6400 EV:+5 で撮影しましたが、PCでも明るく加工しました

800_5266.jpg

大分暗くなってきたので、飛び交うようになりました

800_5269.jpg

点滅して飛び交うので、破線状な光跡になってしまいます

800_5275.jpg

川岸に場所を移動

800_5277.jpg


800_5278.jpg


800_5289.jpg


800_5290.jpg


800_5294.jpg


800_5297.jpg

メスを求めて飛び交うのも、21時を過ぎれば終わりになります
モテるオスは、早々と草むらでメスと・・・

遅くまで飛んでいるのは不様なモテないオスなんでしょうね  ( ^o^)

スポンサーサイト



梅・生姜酒

6月27日
梅酒作りをします
10年以上も前から家で梅酒を作っていますが今回は生姜を入れてみました

DSC_9954.jpg
材料の準備
今回は 梅+生姜 です
以前、健康に良いとされる材料 梅・生姜・ニンニク・カリン を全部入れて焼酎で漬けてみましたが、家族から総スカンを食らったことがあります
今回は生姜だけをプラスします

DSC_9957.jpg
梅を洗う
大まかな汚れを取ります

DSC_9959.jpg
生姜は細かな土などを除きます
土臭いのも嫌だしね

DSC_9960.jpg
梅のヘタを取ります
これは重要な作業で、そのまま漬けてしまうとエグ味が出ます
なにせ、ヘタは実ではなく木の一部ですから

DSC_9962.jpg
ヘタ取り
爪楊枝を使って一個一個丁寧に取り除きます

DSC_9963.jpg
ご覧の通り綺麗に取れました
少し根気のいる作業ですが、時間を掛けてでも手抜きしないようにして下さい

以外と大雑把なB型人間が好きな作業です
B型人間はこうしたチマチマした作業が好きなのです

DSC_9965.jpg
水分をよく拭き取る
梅の表面の綿毛に水分が残っているので、キッチンペーパーで拭き取ります

DSC_9966.jpg
生姜も水分をよく拭き取って下さい
焼酎【ホワイトリカー】で漬けるには、水分は雑菌が入る原因になるので出来るだけ無いようにしましょう

DSC_9967.jpg
生姜を切ります
マルのまま漬けるのではなく、5mm程度の厚みにスライスします
生姜のエキスが出やすいように,表面積を多く取れるように縦に切ります

DSC_9968.jpg
材料が揃ったので漬込みます
家を片付けていたら出てきた スティックシュガー も入れることにしました
*いつ貰ったか判らないシュガーです
みなさまも、貰った砂糖が余っていたら、こういう機会に使用されてはいかがでしょうか?

DSC_9969.jpg
一段目
梅を底面に一通り並べます

DSC_9970.jpg
その上に生姜を並べます

DSC_9971.jpg
スティックシュガー
一袋が4gですので、砂糖の量を覚えておく必要があります

DSC_9972.jpg
4g✕7袋✕3箱  合計 84g
一段目終了

DSC_9973.jpg
2段目
先ほどと同様、梅を並べます

DSC_9974.jpg
2段目の生姜

DSC_9975.jpg
2段目のシュガー

DSC_9976.jpg
最後に残った梅を並べます
生姜が残っていたら、この上に並べて下さい

この上に氷砂糖を入れるのでシュガーは入れません

DSC_9977.jpg
氷砂糖で全体を覆います
今回使用した氷砂糖の量は500gです

DSC_9979.jpg
ホワイトリカーを注ぎ込んで蓋をすれば終わりです

今回使用した材料は
青梅:1kg   ホワイトリカー:1.8リットル
生姜:500g   シュガー:4g✕42袋 【168g】

レシピは必ずメモをしておきましょう
飲んだ時の甘さや濃さで、次に作る時の参考になります


DSC_9980.jpg
横から見たらこんな感じです
ミルフィーユ状 【階層状】 で綺麗でしょ ( ^o^)

各材料の分量は目安ですが、氷砂糖やホワイトリカーを買えばおよその分量が記載されています

DSC_9981.jpg
ホワイトリカーのメーカーのレシピ
氷砂糖の分量に注目して下さい   200g~500g

DSC_9982.jpg
氷砂糖のメーカーのレシピ
氷砂糖の分量が違います
氷砂糖を沢山使って欲しいのでしょうね ( ^o^)

女性やお子様など、甘いのが好みならこちらを・・・
お酒っぽいのがお好みならホワイトリカーのレシピをお薦めします


DSC_9985.jpg
瓶にレシピを貼っておきましょう
今回は特に生姜を追加しましたので、どのような味になるか楽しみです

DSC_9983.jpg
今飲んでいる梅酒です
本のレシピなどは途中で梅を取り出すとか、2~3ヶ月が飲み頃とありますが、私は梅は漬けたままで3年物を飲んでいます

年数を置くとお酒が琥珀色に変わります
最初は透明ですが、梅を出さないで数年置けば、色がつき始めると思います

DSC_9984.jpg
これが、その時のレシピです

これ以外のも、いつ漬けたか? 何の酒で漬けたか? 訳の分からないミステリー酒の瓶がゴロゴロ
液体が黒くて飲む気がしません

今飲んでいるのが無くなったら、ミステリー酒に挑戦です  \(^_^)/


小林麻央さん死去

先日、市川海老蔵さんの妻 小林麻央さんが他界されました
非常に悲しい出来事です

夫の海老蔵さんが会見されているのをテレビで見ていて私も妻をガンで亡くした時のことを思い出してしまいました
妻が他界してから6年になり今年の夏に7回忌の法要を予定しています

我妻は、亡くなる7年前にガンが見つかり手術を受けて完治したと思っていたのですが、その後再発し8ヶ月の闘病生活の末他界してしまいました
その時もステージ4との宣告である程度覚悟はしていたのですが望みは叶わずでした

妻は舌癌から咽頭や肺に転移してしまっていました
喉が腫れて呼吸困難になるのっで喉に穴を開けての呼吸
当然食事も取れないので胃瘻(いろう)と言って、胃に直接栄養剤を点滴のように入れる処置となりました

当然喋ることができなくなり、ほとんどが筆談でした
不思議なもので、相手が筆談で文章を書くと、こちらもそのノートに返事を書いてしまうのですね。聞こえているのに!

家を片づけているとそのノートが出てきました
妻が亡くなって残してあったのですが読む気になれなくて・・・

DSC_9952.jpg
会話ノート
日記ではないので日付が入っていないので、どれが最初でどれが最後か分かりません

ほとんどの内容が看護婦さんとの会話で、ガーゼを変えて欲しいとか氷枕が欲しいとか等など
面会に来ていただいた方との会話もありました
その中で、誰に話をしたのか? 多分年下の独身女性にでしょうか? こんな一文が・・・

DSC_9953.jpg
斜線で消しているのは読んだからいらないという意味です
こっぱずかしい内容で、褒めてくれているのですが、裏を返せば俺がイケメンでなく不細工って言っているようで・・・

なんかいっぱい頑張ったようなことを書いていますが、実際は大した事をした訳ではありません
普通の夫ならするであろう事だけです
自分が弱っているので、すごくやってもらっていると感じたのでしょう


他にもあったのは、自分の死期が近づいてるのを感じて、もうダメかもしれないので伝えておきたかった事などです
この時のことは私も昨日の如く覚えています
妻がベットに横たわり涙しながら書いていました
それを読んでいる私も涙が止まりませんでした
ただただ声を殺して二人で泣いていました
もしかして琴線に触れるってこんな感じかもしれません

私や家族への感謝、子供のこと、先生や看護婦さんや会社関係の方々への感謝が綴られていました
自分に降りかかった不幸とか愚痴になるようなことは全く書かれていなく、改めて気丈夫な妻だったと感心しています

私なら感謝の言葉より、恨み辛みの愚痴でいっぱいかもしれません
いずれは私にも訪れるであろう最後の時、妻のように心おだやかに終わりたいものです

合掌

淡嶋神社

6月4日
淡嶋神社の近くのホテル シーサイドホテル加太海月 にて昼食です

800_5162.jpg

2階の宴会場での昼食です
いつもより豪華です ( ^o^)

800_5164.jpg

贅沢な昼食です

800_5165.jpg

天ぷら等あとから運ばれてきました

800_5166.jpg

茶碗蒸しと釜飯のご飯だよ

800_5167.jpg

ところてん のデザートです



歩いて数分で 淡嶋神社 です

800_5204.jpg

神社の駐車場の壁からの風景
なんか分からんけど絵になりそうなので (^_-)-☆ パチリ

800_5170.jpg

手水舎のカエルです

800_5185.jpg

淡嶋神社は針供養流し雛で有名です

800_5184.jpg

日本以外のお面もありました

境内には人形が沢山並べてあり、少し恐怖感がありましたので写真の掲載は控えました

800_5206-1.jpg

出発までホテルのテラスでお茶をしました
向こうに見えるのが友が島です

お土産を買ってから帰ります
いつもより早く帰れそうです

加太深山砲台跡

6月4日
写真クラブ 写楽 の撮影会に行ってきました
和歌山県加太にある砲台の跡での撮影です

本来は向かいにある友が島に行く予定でしたが、島の中を長時間歩かないと砲台跡に行けないので、歩くのもおぼつかない高齢者のメンバーなので予定を変更しました

800_5085.jpg

バスを駐めて十数分歩くと目的地に到着しました
道中の道はある程度清掃されていますが、終戦当時はうっそうとした道だったそうです

800_5108.jpg

半地下になっている弾薬の倉庫跡かもしれない?
壊れたレンガだけでは絵にならないので、今回は私がモデル役で・・・

800_5117.jpg

雰囲気はあるのですが、これだけではね・・・

800_5109.jpg

と言うことで、少し不自然ではあるが読書をしているダンディー? を演出
このために単行本を小物として持ってきました

800_5106-1.jpg

本と帽子と眼鏡で何となく雰囲気のある物語ができそう・・・

800_5097.jpg

女性バージョン
撮影会の女性メンバーも急遽モデルに変身
フリフリの傘は撮影用で購入 実際に雨傘にも使えます

800_5119.jpg

何ヶ所か同様の倉庫らしき物があります

800_5158.jpg

兵隊の亡霊?
じゃなく、カメラバックを背負ったクラブメンバーです
狙いはまさに 戦火で亡くなった兵隊の亡霊 をイメージしての演出です

ここからすぐ近くに砲台跡があったのでしょうが私は展望台で海を眺めていました

800_5143-1.jpg

先ほどのモデル役の女性です
若い女性が海を眺めているのをイメージしたのですが、少し年齢に無理があったのかも・・・

淡島神社の近くで昼食後、神社で撮影します

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2017年06月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント