fc2ブログ

モネの池 【名も無い池】

5月16日(水)
岐阜県にある通称 モネの池 に行ってきました
この池は地元の神社の池で名前は付いていないそうです

fuji_1770180516.jpg

池の周囲の田んぼです
本当に静かな田舎ですが、6月になれば蓮も咲いて観光客が沢山来るそうです

fuji_1769180516.jpg

池の淵に立てらられた看板です

fuji_1526180516.jpg

モネの池 と言われるだけあって、水は澄み鯉が泳いでいます

fuji_1532180516.jpg

午前中は池が影になりますが、昼に近づくと水に光が射込み別の世界が現われます

fuji_1647180516.jpg

なかなか鯉が希望に位置に来ないので何十枚も撮影しました ( ^-^)

fuji_1567180516.jpg

山からの湧き水が池に流れ込んでいます
雨が降ると水が濁る事もあるそうです

fuji_1702180516.jpg

池を一周巡る事も出来ます

fuji_1760180516.jpg

日差しが射込むと水面の揺らぎが湖底に影を描きます

fuji_1768180516.jpg

だいぶ観光客が増えてきました
思ったほど大きな池ではございません

近くに無料の駐車場もあります
歩いて数分でこの池に到着できます

ちなみに、九州にも 白川水源 と言う、とても透明な池があります
阿蘇山の近くですので、九州に行かれたら寄ってみて下さい

スポンサーサイト



和 やまむら

奈良のミシュラン三つ星の店に行ってきました!
和やまむら と言うお店で、奈良市新大宮にあります

20180523_202655.jpg

お店の入口
そんなに派手ではなくて落ち着きのある店構えです

20180525_133514.jpg

お店のカウンターです
個室もありますので、家族ずれでも利用できます

20180508_174032.jpg

前菜です
いろいろ説明して頂いたのですが、すっかり忘れています (笑)

20180508_175457.jpg

椀物
つみれの中身は忘れました
鰹の出汁がとても美味しかったです

20180508_180438.jpg

お刺身
くるくるねじれたのも食べれました
歳を取ると、量より質ですね

1527246015431.jpg

全てが美味しいので、撮影を忘れてスダチを搾ってしまいました (笑)

20180508_182603.jpg

茄子の料理だったと思います
懐石料理にはやはり日本酒ですね

20180508_184000.jpg

ジャコご飯です
おかわり出来るようです

1527222782233.jpg

友人が頼んだご飯で、マコモ竹ご飯です
どちらかを選べます

20180508_185810.jpg

デザートです
イチゴをゼリーで固めています
ほどよい甘さで美味しかったです

一番安いコースを選びましたが、ちょっとリッチな気分を味わえました
もし行かれるとしたら、予約しないとダメだと思います

明治村 Ⅲ

5月9日(水)

明治村は広いので、全部を見るには一日では廻りきれません



1丁目

fuji_1330180509.jpg

二重橋飾電燈
明治初年は ガス灯 でその後 アーク灯 に変わって 白熱電灯 に変わったらしいです
今なら LED照明 でしょうか?

fuji_1333180509.jpg

三重県庁舎
入館していませんが、明治の暮らしや体験が出来るのと宮廷家具や明治の時計などが展示されているらしいです

fuji_1335180509.jpg

大井牛肉店
元来日本ではは農業などの動力として利用してきましたが、明治になり外国の文化が入りの対称となったようです
この店で当時の 牛鍋【すき焼き】 を食べる事が出来ます

fuji_1336180509.jpg

三重県尋常師範学校・蔵持小学校
腰の高さほどしかない机の高さ、膝の高さくらいしかない椅子などが並んでいます

fuji_1341180509.jpg

聖ヨハネ教会堂
ディズニーのシンデレラ城を思わせる凄く綺麗な教会です

fuji_1345180509.jpg

教会内です
何かと懺悔する内容が多い私の人生・・・

fuji_1351180509.jpg

ちょっと写真を趣味にしているところを披露してみました (笑)
教会を逆光で撮影しました

fuji_1352180509.jpg

西郷從道邸
西郷從道は西郷隆盛の弟だそうです
大臣も歴任した人物で海外視察も多かったようです

fuji_1358180509.jpg

新緑のモミジは真っ白な洋館にも合うようです

fuji_1359180509.jpg

書斎のようです

fuji_1360180509.jpg

ティータイムは如何ですか?

fuji_1361180509.jpg

ディナーでしょうか?
この様な優雅な食事をしたいものです

fuji_1366180509.jpg

森鴎外・夏目漱石住宅
医学士中島襄吉の新居として建てられたものであるが、空家のままであったのを、明治23年森鴎外が借家、一年余りを過ごした。又、明治36年(1903)から同39年までは夏目漱石が借りて住んでいた   ※ 明治村HPより

fuji_1363180509.jpg

『吾輩は猫である』 の猫も居ます

fuji_1369180509.jpg

明治村の正門です
第八高等学校正門 を移設したものです
明治の門は監獄も含め重量感があると言うか威厳のようなのも感じられます

fuji_1371180509.jpg

正門を抜けたところにあるモニュメントです
ここで記念撮影をするのでしょうね



乗り物偏

fuji_1368180509.jpg

村営バス
今では懐かしのボンネットバスです
1日乗車券で乗り降り自由です

fuji_1372180509.jpg

バス乗り場
正門から帝国ホテルまでの間を往復します
全部で停留所は9カ所あります

fuji_1391180509.jpg

京都市電
国内初めての市電が京都で走りました
当時のままの車両で走っていて、壊れれば直せないらしいです

fuji_1373180509.jpg

京都市電の飾のポールです
2丁目・3丁目の間にあります

fuji_1376180509.jpg

市電品川燈台駅 から 市電京都七条駅 経由して 市電名古屋駅 を往復します
勿論 村内に設けられた仮の駅です

fuji_1377180509.jpg

市電の内部です
凄く綺麗に整備されていました

DSC_2949.jpg
友人の撮影
市電の中から入鹿池を撮影しました
農水省のため池100選にも選ばれ、世界かんがい施設遺産のも登録されているようです

fuji_1392180509.jpg

市電終点の 市電名古屋駅 です
ここでSLに乗り換えます
駅舎の向こうにSLが見えます

fuji_1393180509.jpg

SL 【スチームロコモーティブ】
SL名古屋駅からSL東京駅に向かいます

fuji_1394180509.jpg

少し先で回転させて方向転換をします

fuji_1395180509.jpg

当時のままでしょうが、客車もきれいな物です

fuji_1396180509.jpg

客車の中も綺麗です

fuji_1403180509.jpg

方向転換を終えたSLが隣の線路に入って客車の前に出ます

fuji_1404180509.jpg

前に回ったSLがバックで連結します

fuji_1406180509.jpg

当時は電気や油圧システムもない時代ですから、単純な連結です

DSC_2967.jpg
友人撮影
出発直前に急に降りて撮影した模様です
全員乗車して出発直前なのに甚だ迷惑な話だ・・・ (笑)

fuji_1419180509.jpg

車窓から撮影もしたのですが、揺れが酷くてブレてしまいました
SL東京駅に到着です

fuji_1416180509.jpg

私たちが乗ったのが最終便なので車庫に収められます

fuji_1421180509.jpg

最初に入村した北門に到着です
そろそろ閉村で、お土産を購入して帰るようにします

明治村 Ⅱ

5月9日(水)
5丁目を全部廻りたいけど、時間を考えれば無理なので4丁目に行きます



4丁目

fuji_1304180509.jpg

右が 呉服座【くれはざ】 左が 小泉八雲避暑の家 です
呉服座は明治初年大阪府池田市の戎神社の近くに建てられ、戎座と呼ばれていたが、明治25年(1892)に同じ池田市の猪名川の川岸に移され、名称も呉服座と改められたそうです

fuji_1303180509.jpg

小泉八雲が住んでいたのは2階だそうで、1階は駄菓子屋です

DSC_2904.jpg
友人の撮影
実際に駄菓子が売られていて購入可能です
懐かしいお菓子がいっぱいありました

fuji_1301180509.jpg

小泉八雲と言えば ラフカディオ・ハーン が本名で外国人で 『耳なし芳一』 など怪談物で有名です
夏の江戸が暑くて、静岡県焼津市のこの家で暮らしていたようです

fuji_1305180509.jpg

デンキブラン 汐留バー
左側が 工部省品川硝子製造所 で、その1階に 品川硝子ショップ があり、ガラス細工が売られています
このバーでは、日本初のカクテル デンキブラン が飲めるそうです
車ですから、お酒を飲む訳には行きません

デンキブランとは
電気がめずらしい明治の頃、目新しいものというと"電気○○○"などと呼ばれ、舶来のハイカラ品と人々の関心を集めていました。
さらにデンキブランはたいそう強いお酒で、当時はアルコール45度。
それがまた電気とイメージがダブって、この名がぴったりだったのです。
デンキブランのブランはカクテルのベースになっているブランデーのブラン。そのほかジン、ワイン、キュラソー、薬草などがブレンドされています。しかしその分量だけは未だもって秘伝になっています。

※ 神谷バーのHPより引用しました

正面左の建物が 宇治山田郵便局舎
中では はーとふるレター のサービスを行われているようで、10年後の銅月に宛先に届けられるようです
どうですか? 10年後の自分への手紙なんてタイムカプセルのようで夢がありますね
俺 10年後・・・  この世に居るのかな? ( ^o^)
※ 明治村のサービスなので、日本郵政株式会社【郵便局】のサービスではございません

fuji_1306180509.jpg

日本赤十字社 中央病院病棟
昨今の医療の進歩のめざましい発展は皆さんが知る事でしょうが、この頃も西洋医学が入り込みものすごく発展をした事が分かります

他にも見るところ満載ですが、3丁目に進みます



3丁目

fuji_1308180509.jpg

宗教大学車寄
車寄せの部分だけ移設されています

車寄せ【くるまよせ】
正面玄関の出入り口に設置されていて、車の乗り降りをするところです
雨などの時に傘をささずに乗り降りが出来ます
ホテルやレストラン、病院施設などに設けてありますよね

fuji_1315180509.jpg

北里研究所本館・医学館
日本の細菌学の先駆者北里柴三郎の研究所です
今では感染のある病気の研究は隔離されて進められますが、この頃はそのような物がなく感染の恐れを度外視して研究されていたのでしょうね

4丁目に20カ所程度、3丁目にも10カ所以上の施設や食事などがあり、全部廻る事も出来ません



2丁目

村内には 蒸気機関車・京都市電・村営バス が運行されていて、いずれも乗車可能です
京都市電の踏切を渡り2丁目に来ました

fuji_1316180509.jpg

自動電話 と書かれています
実際に外部に掛ける事が出来ます

fuji_1317180509.jpg

京都七条巡査派出所 です
実際の警察官か尋ねてみましたが、こちらの職員の方でした

fuji_1318180509.jpg

札幌電話交換局 の中です
当時、電話を設置している家ってほとんど無かったのでしょうね
だから、交換局ではコードの付いたプラグを穴に刺すだけの単純な機械で出来たのでしょうね
そう言えば、電話機を引いた時の債券?証券?のようなのを購入したけど、売却できるの?

fuji_1321180509.jpg

阿川佐和子さんのポスターです
ファンなので撮ってみました(笑)
最近結婚されたので、ちょっとガッカリ!

fuji_1322180509.jpg

安田銀行会津支店 です
ハイカラ衣装館 にもなっています
ここで、当時の衣装を着る事が出来るようです

fuji_1323180509.jpg

京都中井酒蔵 です
右が 杉玉 です
今でも、新酒が出来れば店先に吊られます
信州戸隠では新そばが出来たら 蕎麦玉 が軒先に吊るされます 
左は 鍾馗【しょうき】 さんで魔除厄除だそうです
元は中国の神様のようです

fuji_1324180509.jpg

入口の飾
ちょっと一休みで ソフトクリームを頂きます

fuji_1325180509.jpg

中は物は酒蔵のようで、梁などが大きいです

fuji_1326180509.jpg

天井が高いので夏は涼しそうです
冬は寒そうですがね( ^o^)

fuji_1327180509.jpg

レンガ通り です
道というのは基本人が歩くための物で、歩く以上は気持ちよく歩きたい物で・・・
その点から言えばアスファルトよりレンガが良いですね

fuji_1328180509.jpg

レンガ通りの脇の植え込みです
レトロながらの照明が素敵ですね
ツツジが咲いていたらもっと良いんですけどね

fuji_1329180509.jpg

案内ポール
見るポイントは先端の飾
各所に設置されていますが、先端の飾が全て違っているのが良いですね

※ 次回は正門のある1丁目です

明治村 Ⅰ

5月9日(水)
友人と愛知県の犬山市にある 明治村 に行ってきました
天候が悪かったのですが午後回復見込みです



明治村 5丁目

fuji_1256180509.jpg

明治村北口の入口です
以前に来た時は 正門 からの入場でしたが、今回は北口なので人気は少ないです
入場料は ¥1,700 ですが、JAFの割引で ¥100 割り引いて貰えました

fuji_1257180509.jpg

北口を入るとすぐに SL東京駅 が有ります
売店もすぐ横にあり、帰りにお土産を買って帰ります

DSC_2860.jpg
友人の撮影
レンガ作りでレトロな感覚です
村内は 1丁目~5丁目 まであります
真っ直ぐ進んで地下通路を抜ければ5丁目になります

DSC_2862.jpg
友人の撮影
明治150年記念の旗です
赤色の旗が新緑に映えています

fuji_1260180509.jpg

蒸気機関車12号のボイラーだそうです

fuji_1263180509.jpg

帝国ホテル中央玄関
1階に売店 2階に喫茶店があります

DSC_2880.jpg
友人の撮影
俗に言う インスタ映えを狙っているのでしょうか?

DSC_2867.jpg
友人の撮影
帝国ホテルの前にある芝生の広場です
食道楽のコロッケのお店
小腹が空いたので コロッケ で空腹をしのぎます
女学校の修学旅行なのか広場は ワーワーキャーキャー 華やいでいました

fuji_1270180509-1_01.jpg

金沢監獄中央看守所・監房
犯罪者気分になって牢屋に入る体験が出来ます

DSC_2869.jpg
友人の撮影
中央部に看守がいて、四方八方が見渡せます

fuji_1266180509.jpg

奥まで見渡せますが、実は描いた絵です
トリックアートのような感覚です

DSC_2872.jpg
友人の撮影
中央の看守です
髭を生やして威厳があります
実際は権威を振りかざして威張って居たのでしょうね

fuji_1267180509.jpg

こちらは絵ではなく実際に通れます

fuji_1268180509.jpg

独房です
人相は悪人ずらをしていました

fuji_1271180509.jpg

左が 内閣文庫、右が 川崎銀行本店 当然一部分です

fuji_1273180509.jpg

金沢監獄正門 です
奈良にある 奈良少年刑務所 によく似ています
平成28年度まで現役でしたが、今では観光化されています
奈良少年刑務所には入った事がある 【服役ではなく、仕事です】 のですが、入館は厳しく入っている方もキビキビしていました。

fuji_1276180509.jpg

監獄正門をくぐり、眼鏡橋を渡ります
手前が 小那沙美島燈台 (こなさみじまとうだい) です
広島県の宮島近くの小島に明治6年に設置されたそうです

fuji_1278180509.jpg

隅田川新大橋 です
明治45年に設立した鉄橋です

fuji_1280180509.jpg

内閣文庫 です
中には、世界のミニチュア建築が展示されています
驚くほど細かく正確な物で世界の建築物が展示されています

DSC_2885.jpg
友人の撮影
中は白が基調で明治の息吹を感じます
最近ではなかなか感じる事が出来ない雰囲気です

DSC_2887.jpg
友人の撮影
内閣文庫の庭に置かれているのが 皇居正門石橋飾電燈 です
明治26年に設置されたそうですが、以前の木橋から石橋に掛けられた際に設置されたそうです

DSC_2889.jpg
友人の撮影
川崎銀行本店 の一部です
上まで登れて展望タワーになっています
アクリルの窓なので少し曇っています

fuji_1288180509.jpg

大明寺聖パウロ教会堂
外見は日本の家のような雰囲気ですが、内部が コウモリ天井 と言う構造でとても綺麗です

fuji_1290180509.jpg

天童眼鏡橋 と 先ほどの燈台です
アーチ構造が水に映ると 眼鏡 に見えるようですが、見えます?
アーチ構造は、紀元前4000年のチグリス・ユーフラテス地方にその原形を見る事が出来るらしいです

fuji_1300180509.jpg

聖ザビエル天主堂
聖フランシスコ・ザビエルを記念して、明治23年(1890)に京都にカトリックの教会堂としてフランスの設計原案に基づき、日本人の手で造られたそうです

fuji_1299180509.jpg

内装のステンドグラスが綺麗ですね

fuji_1292180509.jpg

以前、キリスト教の葬儀に参列して賛美歌を歌った事があります
ちょっと恥ずかしかった

DSC_2895.jpg
友人の撮影
正面入口の上に取り付けられて居るのと同じ 直径3.6mのステンドグラスです

※ ステンドグラスの造り方
色ガラスの回りの縁に 銅テープ(銅の枠) を捲いたのを並べて、銅と銅を半田でくっつけます
意外と簡単あのですね
ガラスが割れた時も直せるかな?

ここ5丁目には 宮津裁判所法廷 菊の世酒蔵 高田小熊写真館 名鉄岩倉変電所 洋食亭『浪漫亭』 等があります
次回は 4丁目 です

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2018年05月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント