fc2ブログ

六甲オルゴールミュージアム 【神戸】

8月1日(水)
友人と神戸の 六甲オルゴールミュージアム に行ってきました

DSC_3843.jpg
友人の撮影
六甲山に行く前に ビーナスブリッジ に寄りました
左下の緑の橋がビーナスブリッジです
ループ状の橋で、下の道路から展望台に上がれる歩道橋です
夜景がとても綺麗で、夜は恋人だらけです

fuji_2501.jpg

六甲オルゴールミュージアム です
庭も手入れが行き届いていて、雰囲気の良い建物です
やっぱり、神戸は洒落ています
駐車代とは別に入館料も要るようです
後で分かったのですが、ここから 六甲高山植物園 にも近く、約2~300mの距離なので料金が分かれているのかも?

DSC_3846.jpg
友人の撮影
玄関には うさぎの木彫り がお出迎えです
入館すればタイミング良く、オルゴールの演奏会が始まるようです
(演奏中は撮影禁止なので、写真は演奏が終わってからの撮影です)

DSC_3852.jpg
友人の撮影
正面にある大きな機械もオルゴールのような自動演奏の機械です
後で ミッキーマウス・マーチ が演奏されます

DSC_3847.jpg
友人の撮影
昔からオルゴールのような、自動演奏機が沢山作られたようです
今でも作られているそうですが、特別な機械なので高そうです

DSC_3849.jpg
友人の撮影
オルゴールと言っても小さな小箱ではなく、自動演奏のピアノも含めてオルゴールに含められ、ミュージックボックスもそのひとつだそうです

DSC_3857.jpg
友人の撮影
オルゴールは元々オランダやドイツ語のオルガンを意味する言葉から来ているそうです
英語ではオルゴールとは呼ばず、ミュージックボックスと言うそうです

DSC_3860.jpg
友人の撮影
このオルゴールは、中世ヨーロッパの街角で初老のおじさんがハンドルを回して演奏している姿を想像してしまいます

fuji_2513.jpg

この館は二階建てで、その階段に掛けられていました
昔の仕掛け時計なのでしょうか?
作りが精巧で遊び心もあり、素敵ですね

fuji_2514.jpg

2階にはオルゴール以外の品も展示されていました

fuji_2518.jpg

皆様お馴染みの ビクター犬 ですが、名前は ニッパー と言うそうです
やたらとお客の脚を噛むので、そのよう名前になったそうです
蓄音機に耳を傾けているのは 亡くなったご主人の声 が蓄音機から流れてくるからだそうです

DSC_3866.jpg
友人の撮影
2階からも演奏を見る事が出来ます
この大きな装置の裏に回って、操作を体験させて頂きました

DSC_3863.jpg
友人の撮影
紙に穴が開いてあって、それを機械が読み取り演奏するタイプです
ちょっと昔の 毛糸編み機 や 初期のコンピューター を思い出します
この館では新たな曲も自作されておられるようで、故障の時も自分で直されるそうです

DSC_3867.jpg
友人の撮影
ここのオルゴール館では、オルゴールを自作できるようです
京都の嵐山にも オルゴール館 があるのですが、関連性はないとの事でした

fuji_2521.jpg

京都嵐山のオルゴール館 には、数千円の手頃なオルゴール以外に十万単位のオルゴールもあり音色が全く違うのを覚えています
庶民には手が出ない値段でした (笑)
この後 信貴生駒スカイライン からPLの花火を見に行きましたが 見ると言うより、見えた! と言った感じでした

スポンサーサイト



ぬか漬け

自作でヨーグルトを作ったりしていると、何かと出て来る 乳酸菌
ネットで調べる内に ぬか漬け にも乳酸菌が関わっているようで・・・
早速 作る事にしました
 
DSC_3736.jpg

100均で購入した 容器 と ぬか漬けの素

DSC_3751.jpg

これを記載の水の量で混ぜれば出来上がり・・・
じゃないらしく 捨て漬け野菜 が要るようです

DSC_3739.jpg

灰汁の強いのでなければ、どのような野菜でも良いらしいです
ちょっと傷みかけた野菜を漬けます 【発酵を促す栄養になる】

DSC_3752.jpg

毎日、ぬか床をかき混ぜます
最初は2回/日程度が良いとの事です

DSC_3753.jpg

せっかちな私は、翌日に捨て漬け野菜を一つ取り出し食べてみる事にしました

DSC_3754.jpg

一口食べたら・・・
塩辛いわ、ぬか臭いわ、で本当に捨て野菜になってしまった

DSC_3824.jpg

それから毎日朝起きたらぬか床をかき混ぜています

DSC_3825.jpg

発酵を促すために買ってきた 水茄子のぬか漬け の糠を混ぜたり、同じ乳酸菌なのでヨーグルトを少し混ぜたりしてみました
後で調べて分かったのですが ヨーグルトの乳酸菌 と ぬか漬けの乳酸菌 は別の種類で性質も違うそうです
 
DSC_3838.jpg

あれやこれやと試行錯誤しながら一週間
きゅうり と ミョウガ を漬けてみました

DSC_3839.jpg

一日漬けたのですが、見た目は良好
先ほどの ヨーグルト と ぬか漬け の乳酸菌ですが、片方は 動物性乳酸菌 で他方が 植物性乳酸菌
人間の腸内に 善玉菌が1割 ・ 悪玉菌が1割 ・ 日和見菌が8割 が居ると言われています
* 日和見菌とは文字の通り 善玉菌にも悪玉菌にも変化し、多い方に変わる傾向がと言われています

動物性乳酸菌 は殆どが胃の中の胃酸で死滅し腸には届かないそうですが、その死菌体は腸の善玉菌の栄養源になるそうです
植物性乳酸菌 は胃酸に負けず腸まで生きたまま届き、悪玉菌を退治してくれるそうです

DSC_3840.jpg

美味しそうです 
とは言っても、塩分が多いので高血圧の方は控えめに・・・
ちなみに、最近 まな板 を買い換えました
以前はプラスチック製でしたが、雑菌が多いのとの事なので抗菌作用のある 桧のまな板 に替えました
木の香りが爽やかです


DSC_3870.jpg

最近は野菜の値段が高騰していますが、安い 瓜【ウリ】 があったので購入し漬けてみました

DSC_3871.jpg

作り方が違うので 奈良漬け にはならないが、それなりに歯ごたえがあり美味しかったです

ところで、毎日かき混ぜる必要がある ぬか床 を旅行中はどうするのか?
と、お思いでしょうが 冷凍保存 すれば良いのです
乳酸菌は45℃以上で殆ど死滅しますが、寒さには強くて凍っても寝ているだけで死滅しません
と言う訳で、色々な野菜を漬けてみましょう  (^_^)V

エアコンのお話し

猛暑、酷暑、獄暑・・・
もうすぐお盆ですが、今年は例年になく暑い夏になっています
熱中症で亡くなられる昨今では、エアコンが欠かせない毎日です
そこで、今回はその エアコン のお話しです
ちなみに私、2冷 (第2種冷凍機器責任者) 【国家試験】 の保有者です

エアコン偏
エアコンがなぜ冷えるのか?
簡単に言えば、室内機で熱を吸収して室外機で放熱する事で冷えるのです
そこで、室内機から室外機へ熱を運ぶのが、エアコンガス(冷媒ガス)なのです

20180805_222810.jpg
我が家のエアコン

俗に エアコンが効かない=ガス漏れ と言われる要因なのです
年数が経てばガスが少なくなり冷えないと思われ勝ちですが間違いです
問題は工事で、正常な工事を行えばガスはほとんど漏れません (絶対に漏れない訳ではありません)

基本的に、エアコンの能力を 8畳~10畳 等と表現されますが、これは部屋の条件が良ければ 10畳 悪ければ 8畳 しか冷えないという意味です
外と中の温度差が大ければ、それだけ中に熱が進入しやすく、入ってくる熱とエアコンが外に放出する熱が同じになれば、それ以上冷えないのです
自分の部屋が範囲にあるから大丈夫という訳ではないのです

もう一つのポイントは エアコンの条件が 室外機の気温 32℃ で 室内機 27℃ が条件です
この条件で、記載の部屋の大きさになるのです

つまり 条件の良い10畳の部屋で外が 32℃ なら 部屋は 27℃ にしかならないのです
条件が悪ければ 8畳 しか冷えないのです

家のエアコンはもっと冷える! とおっしゃるのは、メーカーは余裕を持っての表示と家の断熱性が良い! 等が要因です 

DSC_3733.jpg
我が家のエアコン

昨今の気温 37℃ ならば 室内は 32℃ になってしまいます 暑いわな!

そこで、出来るだけ効率よく冷やすために
① 室内機のフィルターを清掃する
② 出来るだけ室外機を涼しくする  のがポイントです
俗に よしず 等で、室外機に直射日光が当らないようにすると良い と言われますが 大きな間違いです

img065.jpg

ちょっと見にくいのですが、上記の絵のように よしず 等で日陰を作っても、吹き出した熱い空気を機械の下を通って吸い込む事になるので、最悪の条件です
正しいのは 涼しい新鮮な空気で外の機械を冷やすのが一番良いのです
① 室外機の廻りに物を置かない
② 機械裏のフィンに 犬などの毛 等で目詰まりが無いか確認

上記の我が家の室外機の写真には エアコンの前にプランター が置かれています
これは、ベランダが狭く吹き出し口の先にフェンスがあり、吹き出した熱風をエアコンの下の隙間を通って吸い込まないように置いてあります
当然、吹き出し口に掛かって邪魔にならないように設置しています
※ 前方に障壁がなければ置く必要はありません

部屋の改善
我が家の改善点を紹介します
冷えた空気を、いかに逃がさないか・・・ (暖房時も有効です)

DSC_3731.jpg

隣の部屋との仕切りで、アクリル製の引き戸です
裏から、3mm程度の断熱材を貼りました

DSC_3732.jpg

隣の部屋です
断熱材を数枚貼り合わせています
※ 両面テープで貼っているので、いつでも剥がせます

DSC_3734.jpg

廊下とのドアです
最近のスライドドアは吊り下げ式で下に隙間が発生しています
冷気は重くて下に行くのでこの隙間から廊下に逃げてしまいます
ホームセンターで隙間用テープを購入しました
ゴム製なので床にキズを付ける事はありません

DSC_3735.jpg

別のドアです
ここも隙間があるので先ほどの隙間テープで冷気の逃げるのを防ぎます
当然 窓はカーテンで日光の進入を防ぎましょう

エアコンの使用方法
最近のエアコンは全てインバーターエアコンなので、設定温度のに近づけば能力が下がります
回転数が下がれば、電気代に比べて冷える効率が上がるので省エネになるのです
省エネと言っても動いている以上電気代が ゼロ とはなりません
エアコンが冷やすのは空気だけではなく、部屋の中の人間や家具や壁なども冷やさなければなりません
温度が上がった物を冷やすより、一旦冷えた物を維持する方が電気代は少なくて済みます
それでは、どうすれば良いのでしょう

① ON ・ OFF の回数を減らす
先ほども言ったように、冷えた状態を維持した方が電気代は安いのです
・ エアコンの能力に余裕が程度のある場合 (エアコンを入れて30分以内で部屋が冷える)
  1時間程度の外出なら切らない
※ 切っても素早く冷やせるので、留守時の長時間の運転は電気代の無駄です

・ 能力に余裕がない (部屋が冷えるのに1時間程度掛かる)
  2~3時間の不在なら切らない
※ エアコンを切ればすぐに温度が上昇するので、余裕がないともう一度冷やすのに大きな電力が必要

② 朝からエアコンを使用
普通は部屋が暑くなってから エアコン を入れますが
これは、既に外壁が熱くなり熱が部屋の中に進入してきているからなのです
そこで、日曜日などで1日家にいるようならば壁が熱くなる前にエアコンを運転させて、進入する熱を外に出すのです
先ほども説明したように、一旦熱くなったのを冷やすより涼しい朝の状態を維持する方が電気代の節約になるのです

これは、あくまでも私の経験値ですので必ず安くなるとは言い切れません

③ 扇風機の併用
昔は扇風機で涼を取ったものです
直接当るのではなく、部屋の空気を循環するのが良いでしょう

④ 薄着で過ごす
プライベートな空間ですから、出来るだけ薄着になって エアコンの設定温度 を高めにする

⑤ 設定温度を高めで使用
我が家では 28℃~29℃ で使用しています
エアコンは室温を下げてくれるのですが、同時に 湿度も下げてくれます
湿度が下がれば 29℃ でも快適です    ※ 出来るだけ薄着で過ごしています

最初の方で エアコンの基準が 外32℃・内27℃ と言うのは身体に負担のない温度差なのです
5℃以上の温度差があれば体調を崩し易いので、出来るだけ温度差を少なくした方が身体に良いのです
昨今 外が36~37℃ならば 室内は31~32℃ が良いのですが、やはり 30℃を超えるとちょっと暑い!

まだまだ暑い日は続きますが、熱中症にならないようにご注意下さい!

おんぱら祭の花火

7月31日(火)
おんぱら祭は毎年7月31日に行われています
昨年は檜原神社の近辺より花火を撮影しましたが、花火が小さくしか写らなかったので、今回は近くで撮影する事にしました

fuji_2421180731.jpg

何台か車が止っています
花火見学の車でしょう
夕陽が落ちれば、そろそろ花火の時間です

fuji_2430180731.jpg

黄昏の空に花火が打ち上がります

fuji_2431180731.jpg

本当は、三輪山に上がる花火が撮りたかったのですが、方向が全く違うので諦めました

fuji_2437180731.jpg

偶然ってあるのですね
以前は 高見の桜 を見に行った時に見に行った時に働いていた時の事務の女性に会ったし、今回は同じ会社で働いていた同僚に会いました

fuji_2459180731.jpg

闇が深まる度に花火が綺麗に見えます

fuji_2461180731.jpg

花火の撮影は何度も行っていますが、以前と上達しません

fuji_2462180731.jpg

やはりPL等の有名な花火でないので、少し寂しいです

fuji_2478180731.jpg

露出の時間を30秒くらいにしていたのですが、花火の連打が少ないのでほぼ単発に写ってしまいました

fuji_2479180731.jpg

何時も花火が終わると帰りが渋滞するので、しばらく時間を置いて帰ります

明日の8月1日がPLの花火でした
昨年は ワールド牧場 からの見学でしたが、今年は 信貴生駒スカイライン から見てみました
見たと言うより、見えた と表現した方が正しいでしょう
と言う事で、来年は ワールド牧場 で見る事にします


現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2018年08月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント