fc2ブログ

迎春準備

後数時間で平成30年も終わろうとしています
本年もブログをご覧頂きありがとうございました

新春に向け迎春の準備を行いました
ほとんどが30日までに終わらせました
大晦日にお飾りをするのは 一夜飾り と言って縁起が良くないとの事です

20181227_170057_01.jpg

桜井の実家の飾り物です
以前までは 門松 を作っていたのですが、普段留守勝ちなので今回は床の間への 鏡餅 だけになってしまいました
それも サトウの鏡餅 です
※ お墓参りも済ませました



通常は西大寺での暮らしですので、お飾りも前日に済ませました

20181231_125710_08.jpg

玄関前の 下駄箱 での飾です
三方に本物の 重ね餅 や 串柿・橙・祝昆布 を添えました

20181231_125822_10.jpg

玄関のドアにも 迎春のお飾り を設置
さすがに 門松 を設置する訳には行かないものですから・・・

本日は 車の清掃 と食事の準備です

20181231_125249_07.jpg

お雑煮のお椀です

20181231_124439_06.jpg

酒具です
※ 屠蘇器とは別です

屠蘇器もそうですが、いずれも正月の三日間しか使用しない品ですが、毎年必ず使う物ですから少し良い物を選びました
1年で数日しか使わないのに勿体ないと見るか、貴重な数日のための物と見るかで判断が変わるところですね

20181231_120733_01.jpg

お屠蘇の準備で お酒 と 屠蘇散 を購入しました
以前にも説明しましたが、お屠蘇は 正月に飲むお酒 ではございません

20181231_121511_02.jpg

屠蘇散の中身は 漢方薬 で、一年の健康を願うための物で、6~7時間浸して飲む前にみりんを少し加えます
匂いは ニッキ の香りと 太田胃散 の匂いがします

20181231_123518_03.jpg

お屠蘇を浸けて、銚子飾を取り付けました

20181231_123619_04.jpg

松竹梅 の盃です
俗に 年少者から飲む と言われています
若い精気を頂くとか、毒味の意味があるとか言われています

20181231_123637_05.jpg

昨年は 屠蘇散 を浸け過ぎて少しにが方ですが、今回は時間を守って取り出したいと思います

20181231_174012_11.jpg

おせち料理とは別に、大晦日に食べるためにお重に詰めました
このお重もこの時しか使う事はありません

もうすぐ年も越しますが、皆様 よいお年をお迎え下さいませ
いつも遅れ遅れのブログですが、来年も宜しくお願いします

これから 奈良市富雄にある 法融寺 に除夜の鐘を突きに行きます
スポンサーサイト



オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井

12月24日 (クリスマスイブ)

今日は少し特別な日になりました
午前中に以前からお付き合いのあった 友人 と役所に行き入籍致しました
その記念として オーベルジュ・ド・ぷれざんす で食事をしました

DSC_4862_15.jpg

オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井
桜井市の端っこで明日香村に近いところにあります
近くは何度も通っているのですが、来るのは初めてです

DSC_4833_01.jpg

外から見る以上に内装は明るくお洒落でした
予約してあったので、すぐに席に案内されました
このテーブルに置かれた木製のプレートの上に食事が運ばれて来ると思っていましたが、予約の印で席に着くと直ぐさま取り去られてしまいました

DSC_4834_02.jpg

窓際の席から外を見ると 古【いにしえ】の都 を望む事が出来ます
ここは少し高台にあって周りにはほとんど民家がございません

img076_01.jpg

予約時にコース料理を注文してあったので、コースのおしながきが置いてありました

DSC_4835_03.jpg

料理が来る前にお飲み物という事で リンゴのスパークリングワイン 【ノンアルコール】 を注文致しました

DSC_4840_04.jpg

飲み物を注文するとついてくるのでしょうか、メニューにない お団子 のようなのが出てきました

DSC_4842_05.jpg

お団子と言っても、決して甘い訳ではありません
料理全般に言える事ですが、色々と料理の説明して頂きましたが、食べる段階では全て忘れてしまっています
と言う事で、このお団子も外がカリッとして中がしっとりしていて美味しかった事だけを覚えています

DSC_4843_06.jpg
 
コース最初の料理です
野菜畑に見立てた宇陀金牛蒡と人参のコルネ
黄色が人参で茶色が牛蒡【ゴボウ】です
コルネとは 角笛 の事のようで、三角錐に捲いてあるのを指すようです
ついてきた飲み物は牛蒡のホットな飲み物です

DSC_4845_07.jpg

2品目
フォアグラのコンソメロワイヤル 菊芋のスープ トリュフの香り
コンソメロワイヤル って何?
調べたところ 卵とコンソメを合わせて蒸し、卵豆腐のように固めたもののようです

DSC_4847_08.jpg

コースにはないのですが、フランスパンのようなパンが来ました
外はカリカリで中がしっとりタイプのパンです

DSC_4848_09.jpg

3品目
フォアグラのポアレと大根 オランデーズソース
ポアレ ってなんぞや?
フランス料理の調理方法の一つだそうで、蓋をした底の深い銅鍋に、少量の フォン (出汁の一種) を入れ蒸し焼きにすること らしいです
オランデーズソース とは・・・
フランス料理でオランダ風を意味する事で オランダ風のスープ を意味します
時々聞く事があるのですが、実は知らない事が多いですね

DSC_4850_10.jpg

4品目
鱈のポッシュと白子のポアレ 貝のスープ
出て来る品々の名前で料理が想像できないのが残念です ( ^o^)
これまた ポッシュ って何なん?
ポッシュとは 上流階級らしいさま、庶民的でないさま のようです
つまり、庶民的でない上流階級のような鱈の身を白子の出汁で蒸し焼きにして、貝のスープ仕立て のようです

DSC_4853_11.jpg

5品目
メインディッシュです
ヤマトポークの低温長時間調理 季節の野菜と果物
やっと料理の名前でその料理が想像できる料理が出てきました
とても柔らかくて美味しかったです

DSC_4855_12.jpg

6品目
デザートです
金柑のタルトとアーモンドの香りのアイスクリーム
タルトが凄く甘かった
その分アイスクリームが爽やかでした

DSC_4857_13.jpg

最後の7品目です
コーヒー 小菓子
これは、隣の別室でいただきました
椅子ではなく、ソファーでゆっくり頂きました
再三来れる場所でもないので、店の雰囲気を十分堪能して帰りました

DSC_4863_16.jpg

ここの敷地内で作られた野菜がレストランで使われているのでしょうか?

DSC_4865_18.jpg

だだっ広い敷地で、今なお拡張工事が進んでいます
数多くの人々が気軽に来れる施設になれば良いですね

OSAKA光のルネサンス

12月18日(火)

12月14日から25日まで 大阪市中央公会堂 開館100年を祝う プロジェクトマッピング を見に行きました

fuji_3752.jpg

17時になり、大阪市役所に 大阪・光の饗宴 のロゴマークが点灯されます

fuji_3755.jpg

市役所横の中之島を公会堂に向かって歩きます

fuji_3756.jpg

イルミネーションのアーチを進んで行きます

DSC_4789_01.jpg
友人の撮影
黄昏時のビル街です
まだまだお仕事されているのでしょうね

fuji_3771.jpg

公会堂に到着したが、マッピング会場前は大混雑です
反対側の道 フランスアベニュー はほとんど人通りが少ないでした

DSC_4791_02.jpg
友人の撮影
月を画面に入れたようですね
こっちの方が良いかも・・・

fuji_3885.jpg

中央公会堂の壁に プロジェクトマッピング されます
いよいよスタートです
正確には ウォールタペストリー と呼ばれています

fuji_3892.jpg

約7分間のショーの始まりです

fuji_3897.jpg

会場は大変混雑していて、最初見ていたのはかなり後方で写真を撮っても前方の人の頭が邪魔になっていました

fuji_3898.jpg

上映が終わる度に少しずつ前方に進んで行きます

fuji_3904.jpg

結局 最前線に陣取るために同じのを3回見る事になりました ( ^o^)

fuji_3911.jpg

隣で友人が動画で撮影していましたが、動画が上手く再生出来なかったので静止画になってしまいました
枚数がかなり多いので、コメントを省きます

fuji_3914.jpg


fuji_3916.jpg

これは冬をイメージしたのでしょうね

fuji_3918.jpg


fuji_3920.jpg

公会堂の建物の形状を上手く利用してのマッピングです

fuji_3923.jpg


fuji_3926.jpg


fuji_3931.jpg


fuji_3936.jpg


fuji_3939.jpg


fuji_3941.jpg

木が出現しました

fuji_3945.jpg


fuji_3955.jpg


fuji_3956.jpg


fuji_3958.jpg

馬車なのでしょうか?

fuji_3962.jpg


fuji_3968.jpg


fuji_3973.jpg


fuji_3974.jpg


fuji_3979.jpg


fuji_3985.jpg


fuji_3987.jpg

ラストに近づいてきました

fuji_3990.jpg


fuji_3993.jpg

これがラストのシーンです
凄くカラフルで何処か外国の宮殿を見ているようでした

fuji_3997.jpg

OSAKA光のルネサンス は 大阪光の饗宴 の一部で、大阪市内だけでなく大阪府内を含めて20ヶ所以上の会場が共同開催しています
ここ 堂島川 も船上クルージングが楽しめます

fuji_4002.jpg

ビル群の夜景はとても綺麗です

fuji_4005.jpg

御堂筋を通って帰る事にしました

fuji_4006.jpg

昔の LEDのイルミネーション はブルーが多かったのですが、最近は色々な色が出せるように進化しているようでした

20181218_183134_01.jpg

御堂筋です
大阪の中心地を南北に通るメイン通りです

20181218_183235_02.jpg

近くのビル街で一杯飲んで帰る事にしました
まもなくクリスマスですが、それが終われば今年もあと少し
1年の汚れを落とすために 大掃除 を始めます

レジ袋の整理

皆さんはスーパーで買物の時の レジ袋 はどうされていますか?
たぶん ゴミ袋 に再利用されているとは思うのですが、何処に貯めておられますか?

冷蔵庫とレンジ台の隙間に、近鉄などの百貨店で貰った大きめの紙袋に詰め込んで貯めていませんか?
友人が レジ袋 を折りたたんでコンパクトにして保管しているので紹介します

20181214_173748_01_01.jpg

買物が終わった レジ袋 ですが、本来はこのまま くしゃくしゃに丸めて 紙袋に入れるか 細長くして結んで 少し大きさを小さくしていたりしていました

20181214_173910_02.jpg

先ずは、綺麗に広げます

20181214_173932_03.jpg

これを端から折りたたんでいきます

20181214_173945_04.jpg

どんどん折りたたんで行きます

20181214_174012_06.jpg

適当な幅にどんどん折りたたんで、長い状態にします
ここからが本番です

20181214_174050_08.jpg

長く折りたたんだ折りたたんだ レジ袋 を端から三角形を作るように折っていきます

20181214_174124_09.jpg

どんどん三角形を作るように折っていきます

20181214_174215_10.jpg

最後まで折っていきます

20181214_174442_12.jpg

三角形に折っていくので必ず何処かに この様なポケットが出来るのです
このポケットに残った端っこを突っ込みます

20181214_174527_13.jpg

これで完成です
レジ袋 がこんなに小さくなりました

20181214_174602_13.jpg

大小の レジ袋 を折りたたんで集めています 
ゴミ袋 として使用する時は簡単に戻せます

これから レジ袋も有料になる時代ですから マイバッグ を持ち歩くのがベストです
時々 マイバッグ を持ち忘れた時でも、この小さな 三角のレジ袋 なら普段持ち歩く カバン や 車のダッシュボード に入れておいてもお洒落かも・・・

レンズキャップ

写真を撮っていると、ついつい忘れがちになるのが レンズのキャップ です
撮影のさいに外して バック に入れたり、服の ポケット に入れたりしていると、ついついどこかに行ってしまうのです
そこで、 レンズキャップを加工してみました

20181210_141837_01.jpg

使うのは 千枚通し ・ 携帯ストラップ ・ ニッパ です
先ずは、千枚通しをガスコンロなどで先端を真っ赤に熱して レンズキャップ に穴を開けます

20181210_142349_04.jpg

穴の開ける位置は、キャップの裏などを確認して取り付け取り外しなどに影響のない箇所に開けて下さい

20181210_141925_02.jpg

100円均一 で購入した 携帯ストラップ です

20181210_143304_06.jpg

紐の部分はキャップの前から穴に通して、結び目を作るだけで抜けません
大きな穴を開けてしまったら、結び目を大きくするかして抜けない工夫をして下さい

20181210_142326_03.jpg

問題はこちら、外れないようにスプリングの先端が溶かして溶着されています

20181210_142608_05.jpg

溶着部分だけを丁寧に ニッパ で切ります

20181210_143410_07.jpg

これを カメラの ストラップ取り付け部分 に取り付けます
但し、このままだと伸びた時に外れてしまうので、改めて溶着します

20181210_143842_08.jpg

千枚通し の先端を熱くして 溶着したい部分を溶かします
溶け出したら、速やかにくっつけます
失敗しないように、千枚通しを熱しない状態で数回練習をしてから本番を実施して下さい
なにせ、一発勝負ですから・・・

20181210_144126_09.jpg

冷めると多少ひっぱても大丈夫です

20181210_144216_10.jpg

これで完成です!
レンズを交換する時はどうするか?

私はこのカメラに関してはレンズ交換を予定していません
外すと、センサーにホコリが付着するのでレンズ交換の予定はありません

私の場合、基本的に出来るだけ 同じ口径のレンズ を購入するようにしています
そうする事により 口径別のレンズフィルター を用意する事が無いのです

それでも、取り替えたい時は

20181214_180626_02.jpg
 
携帯ストラップ の種類を変えて下さい
このタイプだと、フックを外してもいけるし、先端での取り外しも可能です

この方法を使ってから、レンズキャップを無くす事がなくなりました
ただ、撮影時にブラブラしているので、多少うざい時もありますが重宝しています  (^_^)V

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2018年12月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント