fc2ブログ

2020年のカレンダー作成

今年もあと2ヶ月あまりとなってきました
おせち料理を注文したり、クリスマスケーキの注文等など慌ただしくなる前に、少しずつ物事を片付けて行かなければならない季節になってきました

今回は、自作カレンダーの原案の写真を選びました
これがまた、難儀なのよ!

・まず カレンダーに似合う写真が少ない
・春や秋の写真が多く、冬や夏の写真が少ない
・以前に使用した写真は避ける
・表紙には季節感のない写真を選択
・出来るだけ年内に撮影したのを優先させる


以上の条件をクリアーしなくてはなりません
と言う事で、以下の写真に決定しました



表紙
カレンダーの顔になるので、季節感を少なく来年に希望を与えるような写真を選びました

2020-0表紙

この写真は、今年に鳥取県に旅行に行った 由志園 の写真です
ゴールデンウィークの時に行けば園内の川や池がボタンの花で敷き詰められます
それは、驚くような景色です
ただし、大混雑は覚悟の上で行ってください



1月
お正月ですから、どうしてもおめでたい写真が必要です

2020-1月

三重県鈴鹿市にある 椿大神社 での撮影です
しめ縄や恵比寿神社の鯛の飾り・破魔矢などがあるチョット変わった写真です
実言うと 使い終わった神社の祝い を破棄してくれる箱の中を撮影した物です
神様が宿るとされるこれらの品々をむやみに捨てられないので、こうして神社に持ってきて 御炊き上げ で処分していただけます
昔なら小正月に当たる とんど で各地で燃やしていたのですが、火災等の危険性があるので とんど そのものの行事が少なくなってきています



2月
1年で一番寒い季節です
やはり 雪の風景 が必要なのですが、なかなか積もらないので苦労します

2020-2月

誰が作ったのか知らないが、かわいい雪兎です
滋賀県マキノ町にある メタセコイヤの並木 でのワンカットです
奈良にも前日に雪が降り、滋賀なら大雪でメタセコイヤの枝々が樹氷状態を思い描いてきたのですが、ご覧の通り木々には全く雪がなくがっかりでした



3月
三寒四温のこの季節、3月と言えば 桃の節句 なので桃の花を選びました

2020-3月

白とピンクの花が混在する 曽爾村の不退寺 の桃の花です
源平しだれ桃 の異名を持つ 白・赤・ピンク の三色桃です
元々 屏風岩 の桜を撮影に行ったのですが、ここを偶然発見
後で調べたら、結構有名なのですが撮影当時は人気も少なくてゆっくり撮影できました



4月
カレンダーで唯一、妻が撮影した写真を掲載しました
桜の写真は数多くあるのですが、ありすぎて迷ってしまいます

2020-4月

滋賀県の 鮎河の千本桜 での撮影です
桜の下の 白いパラソルと白い水しぶき がポイントの写真です
カレンダー全体で言えば、これだけが少し雰囲気が違う事が分かると思います



5月
時折初夏を思わせる時もある清々しい季節です
新緑もますます色濃くなり始めます

2020-5月

少し以前の写真ですが 滋賀県西明寺 での撮影です
西明寺は紅葉で有名なのですが、数少ない椿が緑の苔に散っているので撮ってみました



6月
6月と言えば 梅雨 の季節です
梅雨と言えばやはり 紫陽花 ですね

2020-6月

京都府 柳谷観音 の紫陽花です
ここのお寺は手水舎を紫陽花の花で埋め尽くされて インスタ映え するとの事で評判になったお寺です

これで、前半を終わります
次回は 7月 からとなります

スポンサーサイト



メルカリでの購入品

最近 メルカリ を始めまして、何度か不要品を販売しました
現金化はまだですが、貯まったポイントで別の欲しいものをメルカリで購入できます

20191029_094103_01.jpg

今回購入したのは 水準器 です

20191029_094223_01.jpg

中身は これ!
正しくは レーザー式墨出器 と言う物です

20191029_094311_01.jpg

昔の大工さんが ひょうたん型の墨壺から糸を出して、その糸をはじくと材木に一直線にまっすぐな線を引く事が出来ます
今ではこのような機械が出来たので特殊な場合を除いて、昔の墨出しを使う工務店はないでしょう
工務店をはじめ建設業界では必需品です

20191029_094539_01.jpg

電源を入れると 十字 の赤いレーザーが投影されます
このマンションに狂いはなさそうです
精度は±4°までなら自動補正してくれます
付属の金具や三脚にも取付可能です

20191029_094633_01.jpg

もう一度スイッチを押すと 水平線 が投影されます

20191029_094718_01.jpg

さらにもう一度押すと 垂直線 が投影されます

こんな工務店しか使わない道具をなぜ購入したかと言いますと 写真の展示会場 でパネルを展示するのに、すごく役に立つのです
冒頭にも記載しましたが、出費はほぼゼロ
送料の千円以下で購入した格好です

20191029_094841_01.jpg

同時に梱包されていた部品です
右は付属の金具です
強力な磁石で鉄骨などに固定できます
左はターデットだそうですが実際にはどう使えば良いのか不明です

購入当日に我が家のパソコンモニターが傾いている気がしたので、これを使って修正しました
やっぱり傾いていました (*^^*ゞ

先日、大和信用金庫本店での展示会の設営があり、この器具が活躍しました
今までは目線で上や下やと苦労していましたが、一気に解決です
現在、大和信用金庫本店 (桜井市) で 写真クラブ 「写楽」 の写真が展示されていますので、見に行っていただければと思います
※ 1ヶ月程度展示されています

腕時計のバンドの交換

10月19日
しばらく眠っていた腕時計ですが、ネジを巻けばしっかり正常に作動しました
最近やりだした メルカリ にでも売ろうかと思いましたが 時計バンド が劣化していました
売るからには、少しでも価値を上げるためにバンドの交換を行いました

20191017_074655_01.jpg

バンドの皮が剥がれています

20191017_074729_01.jpg

皮もかたくなっているし、皮に汗がしみこんで黒く変色、形状も少し変

20191017_074912_01.jpg

バンドの色が汗で黒ずんでいます
ネットで調べたら、道具があれば簡単にできそうで、わざわざ時計屋さんに持って行く必要はなさそうです

20191018_174802_01.jpg

と、言うわけで、ネットで購入しました
※ バンドの幅に種類があるので必ず測定が必要です

20191018_175118_01.jpg

これが付属されていた工具です
上の V字 の部分でバンドを外し、下の ピン のようなので取付するようです

20191018_175251_01.jpg

やってみれば、意外と簡単に取り外せました

20191018_175538_01.jpg

片方を引っかけてバネになったピンを押し込んで金具に入れるだけ

20191018_175907_01.jpg

もう片方も外して・・・・

20191018_180613_01.jpg

新しいピンでさきほどのようにはめたら終了です
この間 5分~10分 程度

20191018_180642_01.jpg

しばらく眠っていた時計もこれで復活です
撮影の光の加減でバンドの色が悪いですが、以前より明るい色になりました
元々この色だったのでしょうね

20191018_181217_01.jpg

バンドのスタイルも一新
いちいち穴に通さなくてもワンタッチで開放できるタイプです

20191018_181301_01.jpg

バンドを閉じるとこんな感じになります

20191018_181341_01.jpg

復活してみると安く売るのもどうかと思われるので、売るのを止めて普段に使用したいと思います

20191018_181637_01.jpg

スケルトンで話題もあり性能も確かなのですが 時間が見にくい! 
そして 手巻きタイプ です
今時は自動巻きが主流なのですが、手間が掛かってしまいます
買った頃は、そのレトロさに惹かれたのかも知れません

※ むさ苦しい腕ですみません  m(_ _)m

ムカゴご飯

10月18日(金)
先日、桜井の実家に帰ったときに庭先に自生していた ムカゴ を採ってきました

20191014_145357_00001.jpg

毎年実るので、あまり気にもしていなかったのですが昨年から採取して食しています
昨年は砂糖を入れてフライパンで甘辛く焼くと、おいしいおやつになりました
今年はご飯と一緒に炊いて ムカゴ飯 にしたいと思います

20191018_011232_00002.jpg

まずは、洗う!
スーパーで買ったのではないので、何かとゴミなどが付着しています
分量は 100グラム
たくさん採取できたので、残りは冷凍しています

20191018_012020_00003.jpg

普通にお米を洗います
分量は 2合
夫婦二人の生活ですので、この分量で十分です
水加減も普通通りで大丈夫です
※ 人数が多い方はそれなりに分量を増やしてください

20191018_012158_00004.jpg

洗ったお米に先ほどの ムカゴ を均等になるように入れます
後はタイマーをセットして炊き上がりを待ちます
(我が家は夜にセットして、翌日の朝に炊き上がります)

20191018_061233_00005.jpg

翌日の朝に炊き上がりました
なんか小石のように見えますが、聞くところによると意外と美味しいらしいのです

20191018_061343_00006.jpg

ご飯をほぐすと 豆大福 の様にも見えます

20191018_065240_00008.jpg

食べてみました!
正直、生まれて初めて食べたのですが むっちゃ美味しい! 
私は塩分控えているので何も入れなかったのですが、少し塩加減があったら、もっと美味しいでしょう
これはお勧めです
ホクホクしていて、芋ご飯ですね

*ムカゴ
山芋の蔓が伸びて葉っぱの根元に出来る 山芋の子供 です
これが落ちて新たな山芋が出来るのです
栄養価は山芋以上と言われています

20191018_065225_00007.jpg

本日の我が家の朝食です
朝はそんなに食べられないので、この程度で十分です 腹八分目
ナスのお漬物は、スーパーの激安ラック 期限切れ近い商品 を買って、自宅でヌカ漬けした物です
ヨーグルトは、少し残ったヨーグルトを種にして ヨーグルトメーカー で作ったものです

特段貧乏でもなく、ひもじい思いをしているわけではないのですが、意外とこのような質素な食事の方が健康的なのかも知れませんね

次回に実家に戻ったときには近所の荒れ地などに群生しているので採ってきて冷凍保存しようと思います

苔玉を作ってみました

10月5日(土)
水苔などが余っているので 苔玉 を作ってみました

20191005_132031_00002.jpg

水苔 と 麻の紐 です
水苔は 取り木 をするために購入して余ってあった物です
麻の紐は荷造り用に購入した物で、これも余り物です

※ 取り木 とは
挿し木 や 接ぎ木 等と同様に、木々を増やす目的で行われる方法です
親木の枝の皮を剥いで、周りに 含んだ十分に水苔 を巻き付けて黒いビニールで1年くらい保護しておくと、剥ぎ取った部分から新しい根が生えてくるので、適度のところで切断して土に植える方法です
特徴は、挿し木などのように小さな小枝ではなく、少し太めの枝が対象なのと、一度の作業で終わるので後の手入れ管理がほぼいらないことです
デメリットは1年くらいしないと根が出ないので時間がかかる点です

20191005_132015_00001.jpg

対象植物は ホウライシダ だと思われます
家の北側の日陰に自然自生したものです

20191005_132735_00003.jpg

バケツに水を入れて 水苔 を入れて十分に水を含ませます

20191005_133216_00005.jpg

同じ場所で自然に生えた  も採取しました

20191005_132856_00004.jpg

後は ホウライシダ の根っこに十分水を含ませた水苔をくっつけて丸い団子を作ります
水苔 がバラバラにならないように 麻の紐 巻いていけば完成です

20191005_142415_00006.jpg

完成です
左側は 水苔 だけを 麻の紐 で巻いたもの
右側は 水苔 を少しと  を 黒いシュロの紐 で巻いたものです

20191005_171546_00008.jpg

合計 3個 作成しました
1個は木の枝から吊り下げ置きました

20191005_171226_00007.jpg

残りの2個は自宅に持ち帰り、受け皿に入れて飾っています
黒いシュロの紐は、正月飾りの 門松 の作成に使った余り物なので少し太めです
苔玉の 苔 が成長すれば少しは目立たなくなるでしょう


現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2019年10月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント