fc2ブログ

ヨットクルーズ

先日友人から連絡があって 『ヨットを購入したので、乗りにおいで』 との連絡がありました
とても高価な買い物だと思うのですが、友人の話を聞くとそうでも無いとの事でした

DSC_7674_1007_00001.jpg

貝塚市にある二色浜のヨットハーバーです
ここは倉庫の屋上で、とても景色が良いところです

20200224_154957.jpg

ヨットがずらり並んでいます
友人の話によれば、高齢になって維持管理が出来ないので、ヨットを手放す方が多く居られるようで、友人が購入したのもちょっと高額の日本の新車程度の額だそうで、維持管理も月に数万程度とのことです

20200224_091037.jpg

桟橋です
空の青さが海に反射しています

20200224_154757.jpg

快晴でとても良い天気ですが、無風なのでヨットには少し不向きとの事
いざ、出港~

20200224_094301.jpg

左側に見えるのは スターゲートホテル だそうです
右側に 関空連絡橋 があります

20200224_094206.jpg

関空連絡橋をくぐって、その先に行くようです
タンカー がぶつかったところはどの辺りでしょうかね?

20200224_100504.jpg

連絡橋をくぐります
帆先が当たるように見えますが、以外と距離があるようで数メートル空いているらしいのです

20200224_105224.jpg

他にもヨットが数艇のんびりとクルージングを楽しんでいました
ヨットを泊めて釣りをしたりして過ごしました
聞くところによれば、船を走行しながらのトローリングは禁止されているようです
結局、魚は釣れませんでした (^_^)

天候が良ければ毎週の休日にはクルージングを楽しんでいるらしいです
機会があれば、また乗せて貰いたいです

スポンサーサイト



カメラの分解修理 ②

前回からの続きです
カメラの正面部分の革が取れているので、補修するのにネットで購入しました

DSC_7793_1122_00001.jpg

いろいろなもようがあるが、一番シンプルな柄にしました

DSC_7794_1123_00002.jpg

厚さは1mmあります
本当はもう少し薄いのが欲しかったのですが、これ以上薄いのがなかったのです

DSC_7798_1127_00003.jpg

寸法を測ってボンドで接着します

DSC_7800_1129_00004.jpg

正面部分だけ完成です

DSC_7804_1133_00005.jpg

レンズの距離の部分の補修のために、メルカリで同じようなカメラを部品取り用に購入しました

DSC_7807_1136_00006.jpg

L字型に曲がった部品がいるので、分解して外してみました

DSC_7810_1139_00007.jpg

補修中のカメラに合わせてみたところ、ネジの間隔が違っていて、せっかく部品取り用に購入したのに外れになってしまいました

DSC_7811_1140_00008.jpg

仕方なく、壊れた部品を接着することにしました

DSC_7814_1143_00009.jpg

以前に購入したエポキシ樹脂系の接着剤です
年数が経過しているので、使えるかどうかは不明です

DSC_7815_1144_00010.jpg

アルミ箔の上で混ぜ合わせてます

DSC_7816_1145_00011.jpg

部品を接着させて一晩放置しました

DSC_7819_1148_00012.jpg

やはり接着剤が古いせいか、硬化がが悪く少し柔らかいです
取りあえず使用に大きな問題はなさそうなので、優しく使っていきたいと思います

DSC_7820_1149_00013.jpg

四角の部分だけでなく、斜めの部分の剥げた箇所も新しい皮を張ってみました
これで、補修は完了です
後は実際に撮影してみて正しく動作するか確認するだけです

なお、右側のリング上の物は、黄色のフィルターとフードです
この頃の写真は白黒だったので、コントラストを付けるために黄色のフィルターを使用するのです
最初からカラーの写真しか知らない方には理解できないでしょうね

カメラの分解修理 ①

先日、所属クラブのある会員さんから蛇腹式のカメラを貰いました
当初は蓋の開閉もおぼつかず、動く気配もありませんでした

DSC_7711_1040_00001.jpg

革のケースでしっかりとした造りです

DSC_7712_1041_00002.jpg

蓋の表の部分は剥がれています
使用には全く左右されないので、この部分の補修は最後にします
俗に言われる スプリングカメラ です

DSC_7713_1042_00003.jpg

外観を丁寧に吹いて、動く各部分を シリコンスプレー でグリスアップしました
* シリコンスプレーは防錆剤に近いのですが、匂いもなくサラサラとした滑りが得られます

DSC_7716_1045_00004.jpg

各部を吹いていたら、距離の目盛り部分の金具が折れてしまいました
よく見ると、折れたのを接着剤で固定されていただけなので少しの刺激で取れてしまいました
絞りは正常に動作しますが シャッタースピードの動作がおかしい

DSC_7717_1046_00005.jpg

レンズにも曇りがあるようですし、埃やカビがあります

DSC_7718_1047_00006.jpg

意外と製品の程度が良く、再生すれば使用可能かと思われます
6✕6 と 4.5✕6 の窓がありますが、ここから枚数を読むことが出来ます

DSC_7719_1048_00007.jpg

ちょっと汚れていますが、清掃すれば十分使用可能です

DSC_7720_1049_00008.jpg

内部も非常に綺麗で、使用には可能のようです
レンズは汚れているので綺麗にすれば十分使えます

DSC_7739_1068_00001.jpg

気になることは、折れた距離計の針とシャッターです
特にシャッタースピードが改善しないと写真機としては使用不可ですね

DSC_7741_1070_00003.jpg

先ずは、本体からレンズ部分を外します
右端が外したレンズです

DSC_7742_1071_00004.jpg

これを精密ドライバーで分解し、無水エタノールとティッシュ、レンズ用クリーニングペーパーなどで清掃していきます

DSC_7743_1072_00005.jpg

外した本体をエタノールで清掃とシリコンスプレーで再度清掃しました

DSC_7745_1074_00006.jpg

レンズの裏側です
分解する手順や場所などを確認

DSC_7746_1075_00007.jpg

レンズシャッターの故障は通常決まった時間より遅く切れる状態がほとんどです
これは、内部の油などが堅くなって動きが悪いからなのですが、今回はその逆で時間より早く切れてしまいます
正常    設定時間 = 切れる時間
故障①  設定時間 < 切れる時間  (油ぎれなど、数回のシャッターで改善もある)
故障②  設定時間 > 切れる時間  (完全に壊れている)

内側にあるカバーを外します
* 分解の方法が解らず、無理矢理開けましたが、後で方法が解り組み立て時に採用

DSC_7747_1076_00008.jpg

カバーを開けたところです
しっかり撮影して、何がどこにあったかを記録しないと組み立てられない
じっくり見ると 一部に部品が曲がっているようなのを発見 

DSC_7748_1077_00009.jpg

ネジを外してギヤを数個を外して、曲がっている部品を取り出します
左端のピンが微妙に曲がっています
多分これが原因で 設定時間より早い時間でシャッターが切れるのでしょう

DSC_7749_1078_00010.jpg

曲がった金具がこすれてしまっています
右下が取り外したギヤです
文字盤にも書かれているように1/200秒がこの頃の最高スピードなのでしょうね
その後レンズシャッターは1/500秒まで性能は上がったが、この辺がレンズシャッターの限界で1/1000秒以上はフォーカルプレーンシャッター方式になりました
* フォーカルプレーンシャッター方式とは
フィルム面の前面で幕が横もしくは縦に動いてフィルムに露光させる方式です


DSC_7750_1079_00011.jpg

ギヤーとピンのパーツを外した所です
やはり時計と同じように細かなパーツがぎっしりです
多分、アマチュアカメラマンは沢山いる現在ですが、ここまで分解修理する人間は少ないでしょうね

DSC_7752_1081_00013.jpg

レンズの内部清掃します

DSC_7753_1082_00014.jpg

組み立て完了です
当然ですが、カバーをする前に簡易動作確認をしてから本格的に組み上げます
前のレンズは綺麗になりましたが、後ろのレンズは思う以上に綺麗にならなかったです
撮影には後ろのレンズの汚れの方が影響されるのです

DSC_7754_1083_00015.jpg

綺麗に清掃したので、ここにレンズを取り付けるのですが、これがなかなか難しい!
蛇腹とスプリング金具とを挟んで裏でネジを締める事になります

DSC_7755_1084_00016.jpg

レンズの位置などを確認して、ネジで強く固定したら完成です
後は写るかのテストと表の革や壊れた距離計指示金具の補修です
Amazonで カメラ張り革 も購入と メルカリ で 部品取りの同様カメラ を安く手に入れる予定です


双眼鏡の分解清掃

先日、妻の持ち家で古い双眼鏡を発見しました
対物レンズ (大きいレンズ) はカビや汚れがあるので、分解清掃をやってみました

DSC_7724_1053_00002.jpg

表面だけなら簡単に清掃が出来るのですが、本体の中にある汚れは分解しないと出来ません

DSC_7725_1054_00003.jpg

外枠はネジ式なので簡単に外れるのですが、ここから先は カニ目レンチ と言う特殊な工具が必要です

DSC_7726_1055_00004.jpg

わかりにくいですが奥にコンパスのような形がカニ目レンチです
レンズを固定していたリングを外せたので、本体を逆さにすればレンズが外れます

DSC_7728_1057_00005.jpg

左端が対物レンズで、固定枠とリング類です

DSC_7735_1064_00001.jpg

双眼鏡は両眼で4個のプリズムが内蔵され、そこにも埃やカビがあれば像がボケるので分解して綺麗にします

DSC_7738_1067_00004.jpg

こちらは接眼レンズ側ですが、金属板でプリズムが固定されています
意外と原始的は固定方法です

DSC_7737_1066_00003.jpg

直角三角形のガラスがプリズムで、底辺部分から入った光は直角の片側で屈折して反対側でもう一度屈折して、底辺から出て行く構造です
光がちょうど180°反射して戻ってくる格好です
これが2個あるので、対物レンズと接眼レンズの距離を長くすることが出来るのです
※ これが物を大きく見る原理の一つです
だから、カメラの望遠レンズはあんなに長いのです

DSC_7736_1065_00002.jpg

カメラ同様にネジが小さいので紛失に注意が必要です
分解して解ったのですが、以前にも分解した形跡があって、プリズムの固定金具の取り付け方とネジが一つ無くなっていました

DSC_7734_1063_00008.jpg

一応組み立て完了です
よく見えるようになったかと言えば極端に良くなったわけではないが、覗いて気になっていたゴミや汚れは無くなりました

なら瑠璃絵

2月11日(火)
なら瑠璃絵 が開催されていたので見に行きました
新型コロナウィルスの影響でしょうが、中国に方はすっかり見なくなりました

DSC_7704_1033_00001_01.jpg
妻の撮影
有料観覧はイルミネーションの中に入ることが出来ますが、以前にも来ているので無料観覧で十分でした
* とりわけ、昨年と余り変わり栄えしていないとの印象です
今回は、変わり栄えのしないこの風景を撮影方法を変えて撮ってみました

X=Pro_2020-02-11 (99)

スローシャッターとズームを併用した撮影です
題名は 遙かなる旅人
鹿が馬に乗った人物に見えてきませんか?

DSC_7707_1036_00002.jpg
妻の撮影
この写真と同じ所は撮っていないのですが、もしかしたらとても面白く写っていたかも知れません

X=Pro_2020-02-11 (59)

最初の写真と同じ場所での撮影です
大河 とタイトルを付けました
大きな川が流れている感じで、所々に白い光が見えます
これはイルミネーションに設置された ストロボ みたいな閃光を放つ物だと思われます
ストロボなどは、1/1万秒くらいの発光なので止まって写るのですね

X=Pro_2020-02-11 (75)

同じ場所でも撮影の仕方を変えれば 急カーブ にも見えますよね

X=Pro_2020-02-11 (155)

別の場所で撮影しました
跳ねる とタイトルを付けました
ウサギなのかイノシシなのか?
何かが跳ねている感じに見えますよね

X=Pro_2020-02-11 (158)

疾走 とタイトルを付けました
何かが光の中を疾走しているように写りました

X=Pro_2020-02-11 (114)

稲穂
まるで田んぼの稲穂のようです
光が点々に写っています
これはLEDが点滅している証拠なのです
瞬間的な点滅なので人間の目には連続に光っているように見えるのですね

X=Pro_2020-02-11 (146)

黒い影がムンクの叫びの様な状態で映っています
だからタイトルも ムンク

X=Pro_2020-02-11 (120)
 
物影 から何かが飛び出した感じです
様々な場所で様々な方法で撮影することで、予想外の写真が撮れます
この会場は一脚・三脚が禁止なので、それを逆手に取った撮影でした

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2020年02月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

最新コメント