fc2ブログ

笠置山散策

最近は何かと忙しくブログの更新が出来なくて申し訳ございません。

3月7日(日)

笠置山 は京都側から登れば細い坂道をくねくね登っていきます
上の駐車場は結構広いので良かったです

2021-03-10_0558.jpg

駐車場に車を駐めて(¥500) 松本亭 というレストランに向かい坂を登ります
レストランには行かずにその手前を右側に石段を登ります
かなり急な石段です

2021-03-10_0559.jpg

笠置寺 の山門になります
ここを潜って左に向かい入山料を払います
¥300/人 だった気がします

2021-03-10_0561.jpg

毘沙門堂 です
毘沙門天が奉られているようです
勝利の神としても有名で、七福神の一人でもあります
四天王の一人でもあるのですが、その時は 多聞天 と呼び名が変わるのが不思議ですね
一人なら⇒毘沙門天 四人なら⇒多聞天 どこかの有名タレントのようです

2021-03-10_0564.jpg

笠置山山頂付近を散策できるので、巡ってみました
ここに案内猫の 笠やん が葬られているそうです

2021-03-10_0614.jpg

これが 笠やん を描いた石像のようですが、どの猫もこんなんだよね
どうやら元は野良猫だったようですね
本当に案内してくれたのかは定かでは無いが、訪れた人に愛され親しまれたのは間違いないようですね

2021-03-10_0566.jpg

笠置石
ここ笠置山は、巨石が沢山あるところです
元々山って平地が隆起したもので、紀伊半島も大陸の移動時に日本列島にぶつかって紀伊山脈が出来たと言われています
近畿地方には火山は無いが温泉があるのはぶつかった摩擦熱によると言われています

2021-03-10_0571.jpg

弥勒磨崖仏
どうやら 右から 「弥勒」 「文殊」 「薬師」 が描かれていると言われますが、眼を細めても見えませんでした
弥勒菩薩は、お釈迦さまの滅後、56億7千万年の未来にこの世に現れとされていますが、まだまだ先の話ですね

2021-03-10_0570.jpg

3回も火災に遭っているようですね
戦火や雷などの天災かも知れないけど、火や炎を司る神か仏も同時に奉った方が良くない?

2021-03-10_0574.jpg

正月堂
礼拝堂として建てられていますが、何度も火災に遭っています

2021-03-10_0576.jpg

正月堂の横を通っていきます
また巨石群があります

2021-03-10_0578.jpg

伝虚空蔵磨崖仏
こちらの仏様はまだハッキリとお顔を拝む事が出来ます
それにしても、でかいね

2021-03-10_0579.jpg

胎内くぐり
笠置山は修行の山なので滝に打たれてから身を清めるものですが、笠置山には滝が無いのでこの 胎内くぐり を通る事でみをきよめたと言われています

2021-03-10_0582.jpg

妻がくぐり抜けます?
大丈夫だったようです
何が大丈夫か問われると、返答次第では大変な事になります

2021-03-10_0586.jpg

太鼓石
大きさとか形状で 太鼓 に似ているのでは無く、叩くと音が響くので 太鼓石 とよばれているのでしょうかね?

2021-03-10_0587.jpg

太鼓石を通り抜けて振り返って見ました
先程の説明は撤回です
やはり見た目かな?

2021-03-10_0590.jpg

ゆるぎ石
石の端を押すとグラグラするらしいのですが、そう簡単には動きませんでした
途中までは下り坂でしたが石の手前から上り道になります

2021-03-10_0591.jpg

ゆるぎ石から東側の 木津川 を望みました
二の丸跡からでも見る事が出来ましが、こちらの方が見やすいかも知れません

2021-03-10_0594.jpg

平等石
この石の上で食事をしようと思いましたが、先客があり断念
石の上からの景色は良いのですが、滑りやすいので注意が必要ですね

2021-03-10_0596.jpg

二つの石の間が狭く・・・
妻も難なく通った、事にしましょう

2021-03-10_0598.jpg

岩陰で食事を済ませました
この日は余り天気も良くなく曇りだったので、少し寒かったです

2021-03-10_0599.jpg

巨岩の間を登って行くので、気温は低いですが汗が出てきます

2021-03-10_0600.jpg

二の丸跡からの眺めです
やはり下からの方が展望があったですね

2021-03-10_0601.jpg

二の丸跡の看板によれば、笠置山には築城はされなかったようで、頂上の後醍醐天皇在所跡を本丸と見立てて一段下がったこの広場を 二の丸跡 と呼ばれているようです

2021-03-10_0603.jpg

貝吹き岩
案内によればこの岩の上に登ってホラ貝を吹いたそうです
私も登りましたがスベルスベル
上まで登るのを諦めました

2021-03-10_0605.jpg

この場所から西側を見ると木津川が見下ろせます

2021-03-10_0606.jpg

もみじ公園
今は新緑がとても綺麗でしょうが、行ったこの頃はまだまだ寒くて枯木同然でした

2021-03-10_0607.jpg

後醍醐天皇在所跡
政治改革に失敗して京都御所を追われてこの地に来たそうです

2021-03-10_0610.jpg

やはり天皇とあってか跡地なのにちゃんと管理されています

2021-03-10_0609.jpg

後醍醐天皇が都を追われてこの笠置山で詠んだのでしょう
うかりける 身を秋風に誘われて 思わぬ山の紅葉をぞ見る
思いもしなかったこんな山で、なんで俺は紅葉を見てるんだ
って、つれない思いを詠ったのでしょうね  知らんけど!

このまま進んでいくと、最初の入口に戻ります
笠やん の猫がいたところです
笠置山を一周しました
行くなら新緑の今が良いかと思われます

スポンサーサイト



能勢妙見山

2月24日(水)
能勢町にある妙見山に行ってきました
寒さが残る気候でしたが、快晴で天気も上々でした

2021-02-24_0499.jpg

つづら折りの山道をくねくね登って頂上にある駐車場に到着しました
この駐車場は有料で 16:30 に閉まってしまいます

2021-02-24_0498.jpg

駐車場のすぐ横にこんもりとした小山があります
妙見小山 と言われています
頂上は木々が切られて広場がありました
男性の方が アマチュア無線 をしているようでしたね
2m(ツーメーター) 144MHZ で相手が 59+(ファイブナインプラス)  と言っていたので 鮮明に聞こえて信号は凄く強い といったところでしょうね
私も高校生の頃に アマチュア無線 をしていたので凄く懐かしい思いでしたね

今は局免許が切れて無いので コールサイン(呼出符号) を使っての電波は出せません (クラブ局など他の局を使って電波は出せます)
つまり 車の免許はあるがナンバープレートが無いのでその車を運転できない ような物です
テレビやラジオにも必ず コールサイン と言うのがあって、電波を出した直後にそのコールサインを伝えなくてはならないのです
朝早くにテレビを付ければ JOBK-TV とか表示が出ますが、それが コールサイン です
ちなみに JOBK はNHK大阪のコールサインなのですが、今は デジタル化 になって変わっているかも知れません

2021-02-24_0500.jpg

妙見山の案内図です
多くはケーブルカーで上がったところの中腹に、色々な観光施設があるようです

2021-02-24_0501.jpg

鳥居があってそこのは 妙見大菩薩 と書かれているようです
今は 神社 と お寺 とは別になっていますが、昔は一体の物だったようですね

2021-02-24_0503.jpg

能勢頼次公 の銅像です
能勢氏23代当主で滅びかけた能勢氏を復興させた人物だそうです

2021-02-24_0505.jpg

馬の像が沢山あります
ここのは 8体 あるそうです
何で馬かというと、昔は願いを叶えてもらうのに馬を献上したそうです
妙見山は 北極星信仰 の聖地だそうで、それを守る 北斗七星 を含めた八頭だそうです

2021-02-24_0507.jpg

山を登っていくと、山頂に登る道があります
ここの登ると 妙見山三角点 があります
周りには宗教施設のようなのが建っているので、山頂というイメージとは少し違っていました

2021-02-24_0509.jpg

妙見山で一番派手な施設です
『星嶺』 という建物で信徒の会館だそうです

2021-02-24_0510.jpg

山門です
建築年代は不明だそうですが、総檜造りだそうです

2021-02-24_0511.jpg

面白いのは、この山門を境に 兵庫県 と 大阪府(寺側) に分かれるそうです
そう言えば イオンモール高の原 でも、途中で 京都府 と 奈良県 に分かれているので、事件があればその場所によって対応する警察が違うようですね

2021-02-24_0512.jpg

日蓮大聖人の銅像 です
妙見山 は日蓮宗のお寺ですから,当然でしょう

2021-02-24_0515.jpg

絵馬堂
寺務所で 朱印 をもらってから絵馬堂に来ました

2021-02-24_0517.jpg

絵馬
皆さん色々と願い事を書かれるのでしょうね
信心深くない私は ”絵馬代よりも宝くじを買った方が良い” との思いなので、そのうちに 『宝くじよりバチが当たる』 でしょうね
ま! そう言えるだけ 幸せ なのでしょうね

2021-02-24_0518.jpg

大阪の能勢町が見渡せます
ここから かわらけ を投げて見たいですが、どうやらここから先は 特別保護区域 らしいので、無理かも知れませんね

2021-02-24_0519.jpg
 
郵便局がありました
周辺に民家があるのでしょうか?
高野山 なら、民家も沢山あり必要でしょうが、ここの郵便局入るの? ポストだけで良いのでは?
郵便事業が赤字なのは、こうした事を見直さないからではないのでしょうか
以前に 葛城山山頂 にポストが設置されましたが、どれだけの人が利用するのでしょうか?
そこまで局員が集めに行く労力が無駄な気がします

2021-02-24_0520.jpg

参道の入り口にあった 馬の銅像 の一つと思われるのですが、実は  の馬だそうです
戻り馬 と名付けられています

2021-02-24_0522.jpg

説明書きによると、太平洋戦争時代に金属が不足で金属類は共出と言って、戦争に勝つために協力して出し合ったそうです
我が家も当時は結構出したと亡くなった祖母が愚痴っていました

この馬が石だったので徴用されずに戻って来たので、当時は 徴兵された兵士が無事に戻るように と、お参りされる方が後を絶たなかったそうです
今でも、出張や旅行で無事に戻るよう、入院して無事に家に戻れるようにと、お参りされる方もおられるとか

私も、これから家まで無事に帰れるようにお参りしましょう
妙見山山頂をぐるりと一周して、駐車場に戻ります
のんびりと家路に着きます

現在の位置

気まぐれフォトブログ
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2021年03月

来訪者人数

素材写真販売

写真素材 PIXTA

最新記事

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請

プロフィール

ミミズのしっぽ

Author:ミミズのしっぽ
ブログをご覧いただきありがとうございます

趣味の写真で日々の出来事など、気まぐれに書いています。

現在ブログで使用中のカメラ
・Nikon D800
・Nikon Df
・FujiFilm X-Pro2
・Nikon J2
・auのスマホ

お知らせとお願い

*テンプレートを変更しました
*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)
*『写真あれこれ』のブログを新しく立ち上げました

メッセージボード

- Information -


*掲載している写真はブログ用に加工しているので、クリックして頂いても大きくありません
*おじゃるのお気に入りをリンクしました
(小生が撮影した、お気に入りの画像を登録しています)


-- E N D --
.
.

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント